FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

耐えられない宙ぶらりん


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





まあ、どうですかね。
先日飲んでまして、といっても、まあウチのパソコンやら動画をお願いしてるアオテツとアキと、というまあ、本気の内輪ですけど。
ま、アオテツが本業が休みの時に、パソコンの仕事とかで来てもらってるんで、その時はたいがいそのまま飲んで帰る?みたいなことになります。
といっても、「飲むにしても近所、駅までは出ない」と井上たちと約束もしているので、俺たちもまあ、事務所のあたりの店か事務所で飲むか、って感じで。

話してたんだけど、どうもまあ、やっぱ鬱々とするわな、って話になって。

そもそもよく考えたら、飲むって言うと外の人と飲むことが多いんだな、俺。
ウチの専従とか、ましてや井上たちとはあまり飲みに行ったりしない。
ま、井上たちはまあみんな誘い誘われ行ってますしね。
俺が行くというと、なんかまあ、「先生と行く」みたいになっちゃうじゃないですか。
そんな気はもちろんないんだけど、でもまあ、そうなっちゃうというか。
そういう雰囲気というのもあるというか。

まあ、ちょこちょこは飲んではいるんです。
こっちまで来てもらって、という形で。
写真家マツザワと、写真集の打ち合わせという名目で飲んだりはしてて。
娘たちから声がかかれば、まあこっちに来てくれるんだったら飲むよ、みたいな感じで。

でもまあ、そのくらいか。
これがね、もうやっぱ窮屈!

誘いたい人はたくさんいるのに、なんかこう、互いに気を遣っちゃうというか。
特にまあこっちは、呼吸器系の疾患の人とかもいるから、罹患しちゃいけない、ってしばりもあるから、みなさんの方が気を遣ってしまうでしょやっぱり。
まあ、大丈夫なんだとは思うけれど、でも「一応、やっぱ…」と互いに歯切れが悪くなってしまう…。

なんだかんだ、普段人と付き合う仕事をしている方とか、でも、仕事だからそれは仕方ない、って覚悟してやってるんだと思う。
けど、まあ「自分がうつしちゃうかも」というのは、やっぱり躊躇するところもあるかと思います。
そういう気持ちもくみ取って、やっぱこっちも気にしちゃう。

なんかこう、窮屈ですよね。
前だったら、もう「飲みに行きませんか?」で、「あ、その日は都合が悪いんで、またの機会によろしく!」で済んだモノが、なんかそればっかりじゃなくなってしまった。


「コロナは、人と人との関係のあり方を提示してくれました。新しい生活様式で云々」とか、なんか宗教じみたことを言う人も多くなってきた。
そんなね、人と人との関係を変えられるほど、余裕なんかないって。

みんな戦々恐々として仕事して、大丈夫かな、とか思いながら、それが日常になってるだけで。
変わりなんかしてないし、みんな「なんとなく日常になっちゃってる」だけでしょ。

そこに、まあ具体的に恐怖を感じちゃったり、コロナのことを真剣に追求しちゃったら、もう仕事さえ成り立たない。
だから仕方なく、「大丈夫だろう」「仕事だから」って、その日常に慣れてるだけで。

つまりね、
イヤイヤやってんだよ!
何が新しい生活様式だ!
ふざけんな!

ということで。

ま、だからといって、アタマまでおかしくなっちゃって、「コロナなんか大したことない」とかマスク外して大絶叫パーティーやろうとは思いませんよ。
でもまあ、彼らの気持ちもわからなくはない。
尊大な自意識を、無教養なところに落とし込んだら、そりゃそうもなるわな。
コロナ前も大したことはできてないんだろうが、ま、結局はコロナの問題と言うよりは肥大化した空虚な自意識の問題なのだろう。
そんなもので命を落としたくはない。

かといって、新しい生活様式とやらを受け入れて、距離を保ったライブ鑑賞、なんてのもどうかとも思ってしまう。
受け入れるのも、拒否するのもどっちも極端すぎて付き合ってられない、という感じか。

結局、とにかく今は、特効薬ができるのを待つしかないんだけど。
受け入れもせず、拒絶もせず、とにかくそれを待ってる、って感じで。
ま、だから宙ぶらりん。
そして、宙ぶらりんというのは、なかなかにこれはまた時間が長くなればなるほど受け入れがたく、これもまた拒否したくなる。

この「耐えられない」中途半端な状況よ。
まったく参ってしまう。

ウイルスの前に、こういうのに我々は神経をやられているのだな。

そして、学術会議云々、科学を軽視する政権の元で、果たしてコロナの特効薬なんかできるんだろうか、って思いもある。

今、さんざん俺たちは「耐えられない壁」に囲われているのである。









(BGM:水森かおり「輪島朝市 (半音下げカラオケ)」from「輪島朝市」)
→いや、もうこの曲がどうか、とかはいいんですけど、この「半音下げカラオケ」って部分ですよね。
他にも「半音下げカラオケ・ガイドメロ入り」とかも収録!
カラオケファンをターゲットにしてるんだなあ、いや、すごい。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP