FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

勢いを付けさせちゃいけない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





大阪の住民投票はなんとか否決で終わりました。
よかったな、と思っています。
というのも、このまま維新に好き放題されたくない、と思うからです。


今回の結果を受けての維新の代表とやらの記者会見も見ました。
松井さんですか。
彼が、「皆さんが悩みに悩むこと、これだけ大きな問題提起ができたことは政治家冥利に尽きる」みたいなことを言っていました。

いやいやいや、と。

そもそも、大阪を二分するような結果を出してしまったことに、どうしてもっと反省できないんだろうか?という気がするんだ。
政治家って、市民を二分することが仕事じゃないだろう。

これ、まあ「説明がちゃんと成されてない」ってことなんじゃないかと思うんだよね。

本当に維新が思う大阪市解体が、大阪市の未来につながるというのなら、ちゃんと説明して、住民に信を問えばいいのに、どっか「誤魔化そうとしている」としか見えない。
というか、そもそも「都構想」という言葉自体がちょっとごまかしじゃないですか。
大阪が都になるわけじゃないのに、都構想。
行われたのは、大阪市を廃止するかどうかの住民投票。
それなのに、都構想と言い張る。
それ自体もおかしい。

毎日新聞が報道した試算がどうしたこうした、本当に全部説明していたら、そもそもこんなことにならない。
「どれだけのお金が必要になるか」ということについて、きちんと維新は説明してないから、新聞社が取材する。
取材して出てきた数字を、今度は「デマだ」と大声で否定する。
これ、どう考えても、維新が役所に圧力をかけてその数字を握りつぶしたようにしか見えない。

最初から数字を発表していればこんなことにはならない。
いや、「ちゃんとした数字」を。
取材で後追いしなくて済むような、突っ込まれないような数字を。

そういうことをしてないんだよね。
してないから、知らない人もいる。
知らない人は、まあ維新の「数字によらない」いいことがある、ということを信じたかもしれないし、「もっと調べてみよう」と思ったかもしれない。
で、調べた結果、どうも「都構想」じゃなくて、「大阪市廃止らしい」ということになる。
政令市なのに、その権限を捨てちゃうことジャン、と。
特別区は、普通の市よりも権限がないじゃないか、と。
で、反対、ということになる。

ま、つまりは、「きちんと提案してない」んだよね。
だから、住民が二分した。
これを政治家冥利に尽きるとか、ちょっとおかしい。

こんな人たちに勢いを付けさせちゃ、国政も混乱することになるだけだ。


それと、維新二番手の吉村さんは、敗北を受けて「大阪都構想は間違っていたのだろう」とか言っていた。
これもなんか違和感である。

いや、俺も都構想は間違っていたと思う。
大阪市民ではないが、反対していた。
だけれど、それは「多数決で負けたから」ではない。
それでは、「多数決で勝ったモノが正しい」となってしまう。
それは民主主義を吐き違っているのではないか?

かのヒトラーも、なんなら民主的手続きで誕生した。
つまり多数決で勝ったわけだ。
だからといって、それが正しかったわけではないと俺は思う。

民主主義とは、みんなで納得することだ。
少なくとも、今回のような、住民サービスに直接関わるようなことの場合、多数決とかは別として、みんなが納得してないのはいいわけがない。
だから、まず説明をし尽くさなきゃいけない。
にもかかわらず、彼らはその説明を放棄しているように見える。
同時に、それで多数を取れなかったから間違っていた、などと、それのどこが「説明して、みんなを納得させようとした」態度だというのであろうか。


きちんと説明を尽くして、それで賛否を問う、というのが政治家としてやるべきことだろう。
それをしないで、市民を悩ませたことを政治家冥利に尽きるとかいい、負けたら「間違っていた」と言い出す。
信念があったのなら、「間違っていた」などと言うべきではないんじゃなかろうか。


維新の人たちは、まず不祥事が多いということもあるが、どっか「傍若無人が過ぎる」という印象があった。
「選挙で受かったら何をしてもいい」ということはないと思うのだが、そういう印象を受ける。

今回の住民投票の敗戦の弁を聞き、「ああ、この人達は、市民のために政治をしているんじゃなくて、自分のためにやってるんだな」ということがよくわかった。
こんなことを政治家冥利に尽きるなんて、やっぱおかしいよ。

これ以上、この人達に勢いを付けさせちゃダメだな、とオレは思う。
なんで、否決されてとりあえずよかったな、と思っています。





(BGM:Patti LaBelle「This Christmas (Hang All The Mistletoe)」from「The Soul Train Christmas Starfest」)
→いわゆるR&Bというのか、そういう感じのクリスマスコンピ。
安定して聞けます。
まあ、う~ん、残らないけどね。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP