FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

UFOも遠くになりにけり ★ 映画 「UFO真相検証ファイル Part2」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「UFO真相検証ファイル Part2 衝撃!カメラに映った宇宙人たち」を見に行ってきましたけど。
いや、もう義務感です。
当然、パート1も見ました(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5328.html)。
UFOファンとしての義務感。

金曜から始まって、まあ「さっさと行った方がいいだろう」とは思っていました。
なぜなら、すぐに終わっちゃうと思っておりました。
が、いくらなんでも翌木曜に終わるとは思ってなかった…。
一週間…。
しかも毎日一回しかやってない感じだから、7回しか上映してない…。
鬼滅の一日の上映回数以下で終わってしまうとは…。

水曜にアオテツからメールがあり、「明日で終わっちゃうよ」と。
「こりゃもう行くしかない」ということで、最終日に行って参りました。

ま、これ、おかしいとは思っていたんです。
パート1が、アブダクション問題。
つまり、UFOにさらわれた問題なんですよ。
で、パート2は、「カメラに映った宇宙人」。
どう考えても順序が逆でしょ。
宇宙人がカメラに映った後に、さらわれたことをやるべきなんじゃないのか、と誰しもが思うわけじゃないですか。
というか、逆に「さらわれる問題」を先にやるって、今回、どんだけすごいUFO映像が見れるんだよ…、と。

しかしまあ、これがどこかで見たような、いや、矢追さんが日本のテレビでも紹介してたじゃん!と。
そんな感じで…。

つまりなんでしょう、もう過去のUFO映像をまとめました、と。
そう、過去なんです。

映画の中でも言ってたんですが、「UFOが始めて映像に収められた後、カメラは一般の人の身近なモノになってきていて、これからどんどんUFO映像が撮られていくはずだ」みたいな。
そりゃそうですよね。
今や携帯ですから。
カメラを携帯している状態ですから。
一昔前なら、もうカメラを「担ぐ」みたいなことだったのに、今や携帯。
ポケットに入る。

にもかかわらず、どうしてUFO映像は昭和で止まっているのだ、と。
おかしいじゃないか、と。

つまり、「撮りにくい状況であったからこそUFOはいた」ということなんだろうか。
薄ぼやけた映像だからこそ、UFOは存在したとでもいうのであろうか。
この5Gとかいう時代に。

いや、今もネットを見れば新たな時代のUFO映像は出てくる。
それはここでは触れられておりません。
というわけで、どうもなんでしょう。
版権が安くなったものを集めたってことなのか…。

UFOも遠くになりにけり。
5GにはUFOは映らないのかもしれない…。

というわけで、基本、この映画、メキシコのハイメ・マウサンというジャーナリストが出ずっぱり。
彼の映画と言っていい。
が、まあ、この人がちょっとうさんくさい。
というか、とにかく自慢ばっかり喋ってる。
最初の方のシーンで、ビリーマイヤーと一緒に映っていて、まあ、もうダメだこりゃ、という。
パート1では、ビリーマイヤーのUFO写真をきちんと「ねつ造」と言っていたにもかかわらず、どうしたパート2。

というか、編集もめちゃくちゃで、一回言ったことが何度も出てくる感じで、見てて飽きる。
そして、宇宙人の映像自体が薄ぼんやりしてるから(何せ古いカメラですから)、しかもUFOファンとしては昔見た映像ばかりで、全体的にもう見てられない…。

というわけで、眠くなっちゃいましたけど、なんとか踏ん張って眠らないように必死になっておりましたよ。

なにと闘っているのか、と。
UFOなのか、国家機密なのか、眠気なのか、もうわけがわからなくなってしまったという有様。
ま、こっちをパート1にして先に見せたら、もうパート2となるアブダクションの方は誰も見てくれないから、順序逆にしたんだなあ、ということがありありとわかりましたわ。

というわけで、ああ、「UFO文化」はもうお終いなのかな…、と思わずにはおれない作品でありました。
なんか、UFOを無邪気に信じられる世の中の方がずっとステキな気がするな。
5Gより、肩掛けカメラ、みたいな。








(BGM:郷ひろみ「哀愁のカサブランカ」from「秋の夜長と上手につきあう17の知恵」)
→まあ、大ヒット曲ですか。
洋楽のカバーと言うことになりますが、なんでしょうね、日本語歌詞がバッチリハマってるところが大ヒットの要因か。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP