FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

情けは人のためならず


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





先日のビラ配り(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5352.html)で、ちょっと変わった出来事があったようで。

ミツとコウヘイ、というペアがとある団地を配っていたら、道に倒れているおじいさんがいた、と。
どうしたのかと思って近づいたら、「○○棟の○○号室まで連れて行って欲しい」と言われた。
で、ミツが肩を貸してその部屋まで連れて行った、というようなことで。

絵に描いたような「遅刻の理由」、といった感じですが、これが実際にあったというから世の中は捨てたもんじゃない。

そしたら、その部屋にはおばあさんがいて、「なんとお礼を言ったらいいか」とか言われたらしいけど、ミツは「助けたかったから助けたんです」と言って去った、と。

いい話ですね。
名も告げずかっこよく去ったのはいいけど、着ていたのが「にじ屋」と大々的にロゴが入ったハッピだったというのも含めていい話です。


なかなかどうして、こういうことがあった時、さっと助けたりするのってなかなか難しいですよね。
俺はあまりこういう場面に出会ったことはないですが、そういえばすごく昔に、これは車に乗っていたときですが、当時の専従と一緒に。
そしたら、なんか道の真ん中で人事不省になってる女の子がいて、なんだろうなあ、もう宇宙と交信してる感じの。
で、もうしょうがないので、というか、あぶない。

なんで、近くに空き地があったのでそこまで連れて行って、その時は警察に電話しました。
あれはどういうことだったのか今だに改めて考えてもよくわかりませんが、まあ、そんなことがあったっけ。

Tさん、としておきますが、彼女はとにかく「人が死んでるところに出会う」というのが何回か続いて。
いや、その時は「倒れてるだけ」と思って、大丈夫ですか?ということになって、答えがないから救急車を呼びますね。
そしたら亡くなっていた、みたいなことがあったという。

いや、まあ見つけてあげられてよかったけれど、なんとなくうん、どうなんだろう、こういうことをいうと不謹慎だけれど、ちょっとそういう場面にはあまり出会いたくないものです。

昔、工藤さんの夜の介助ボランティアをしていた人がすごく遅刻してきたことがあって、これは書いたかもしれないけど、まあものすごい貧乏だった頃ですね、一年目くらい。
俺の給料?いや、もう給料というか、毎月5万くらいしかもらってない頃。
まあ、来ないから昼の介助だった俺がそのまま介助に入っていたら、5時間くらい遅れて彼がやって来て。
まあ、ボランティアでやってた時代だったから、こういうことはけっこうあったんですよ。
それに携帯もなかったし。

で、そしたら、その彼は小さなトラックが路肩に倒れているのを助けていたと。
横転て言うんですかね。
すごい雨の日だったんですよ。
黙って見過ごせなかったそうで、そしたら、それが刺身を運ぶトラックで、ものすごい量の刺身を持って遅刻してきたということがありましたね。

すごくおいしかったので、いいお魚屋さんだったんだろうと思うわけですが。

あと、落とし物、みたいなこともありますね。
たいがいは警察に届けたりするんだろうけど、まあ警察が近くにない、とか言う場面。
しかも、そんなに「どうかなあ」「警察に届けるか?」みたいなモノってあるじゃないですか。
これが財布とか携帯だったら届けよう、となるわけですけど、じゃなかったら、う~ん、これどうしよう…というか。
このままじゃ車に轢かれちゃうしねえ…、というか。

例えば、タオル、とか。
子どもの名前が入ったハンカチとかね。
まあ、なくしちゃった~ということなんでしょうが、もしかして亡くなったお母さんの形見かもしれないから、う~ん、どうしよう、となりますから。
そういう時はまあすぐそのソバの歩道のガードレールとかに引っかけたりしますね。

そういえば、まあこういう話じゃないけど、先日、車で走っていたら、なんかこう、渋滞するような道じゃないのに、なんかちょっと混み合ってたんですよ。
どうもなんかを踏まないように迂回してる感じ。

そしたら、それが帽子だったんですよ。
対向車線の軌道上にあったんで、まあ、すれ違いが難しくなっていて渋滞状態になっていたらしく。
いや、まあ踏んでもどうと言うことはないというか、麦わら帽しみたいのじゃなくて、ぺったんこになっても復活しそうな帽子ではあるんだけど、いや、道に帽子が落ちていた場合、これ、踏めないモンですね。

なんかこう、「アタマ轢いちゃった!」って感じがするからでしょうね。

いや、ま、そういうわけで、ミツはいいことしたね、って話でした。







chugei.jpg

(BGM:松任谷由実「ナビゲイター」from「sweet, bitter sweet YUMING BALLAD BEST [Disc 1]」)
→この曲好きだったな。
この頃のユーミンはとにかく天才だったと思う。
なんの曲だったか、レディースとかに寄っていったあたりからちょっとなんか辛くなった。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP