FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

書類が多い


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





俺の仲間には学校の先生というのが多くいて。
というか、まあそういう学校を卒業してますので、そうなりますね。
新たに学校の先生と仲良くなる、みたいなことはないんですけど、その時からの付き合いというのはまだ続いていて、虹の会とかでも一緒にやったりするわけですけど。

今年の元旦、このブログは、そういえば盟友の文章で明けたんでしたね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-date-20200101.html)。
彼も学校の先生と言うことになります。

最近はそうですね、出会って仲良くなると言えば、もう学校の先生じゃなく、俺と同じような障害者云々の仕事じゃない他業種の方としか仲良くなってませんねよく考えると。
どっかこう、似たような仕事の人は俺に近づいてきてくれませんね。
なんででしょう?。
俺はまあ仲良くなりたいなあ、飲みに行きたいなあ、と思っているのですが、この気持ちはあまり伝わっていないようです。

ま、それはどうでもいいんですけど。


で、この学校の先生がよく言うのは、「とにかく書類が多くなってどうしようもない!」ということなのね。

例えば、まあ事件とかあるじゃないですか。
学校で言うと、いじめだったり、先生が起こしたわいせつ事件とか。
まあ、いわゆる不祥事、みたいなことですね。

いや、たいがいの先生は一生懸命やってるし、そういう先生はごく一握りですよ。
でも、そういう事件が起こるたびに「書類を書かされる」みたいな。
報告を出さなきゃいけない、みたいな。
そうなると、当然、「集計しなきゃいけない」みたいな。

いわゆる校務分掌というのがあって、まあこれがいわゆる「事務的な」モノと言うことになるんだけど、これがまあ大変だ、と。
その分、子どもに向ける時間が少なくなる、というのが、俺の仲間達の主張。

しかもそれが「わいせつ教師の云々」とか言われたら、もうやってらんないじゃないですか。
そんなクソ野郎は、そもそももうクソなんだし、そうそういないですよ、そういうの。
しかし、そういう人がいる限り、どうしてもそういう作業を「させられる」と。

ま、先生というのは数が多いから、いろいろな人がいる、というのはわかるし、でもなんだかなあ、子どもに手を出すとかはもう「いろんな人がいていい」とかそういう次元の話じゃないからな…。

と、まあそれはそれとして。


同じように、ウチでも同じように市役所とかから言われることがあるんですよね。
いわゆる監査、とか(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4900.htmlhttp://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4830.html)。

ま、監査はしっかりやってほしいし、それに必要なら準備はします。
けれども、なんか「これ、方向性がまったく理解できない」みたいなこともあるわけです。

確かに、公金横領とか、そういうのもあります。
だから、わかるんですよ。
そういうことをやっちゃってる施設とかもあるんだと思います。
だからわかるんだけど、なんかなあ…、この聞き方はないだろう…、というのもありまして。
とはいえ、市の方からしたら一斉にやります、ってことにしかならないからね。
まあ、ご苦労さん、という感じではあるんですが。

でもまあ、監査は必要だし、むしろしっかりやってほしいと俺らは思ってるから、準備しますよ。
ま、監査じゃなくても、例えば避難計画を作って下さい、とかね。

しかし、これを作るには、なんだかんだ人を割かれる。
時間を割かれるわけです。
つまり、市丸達と一緒に遊んだりする時間を割かなきゃいけない。
時間は有限ですから。

この辺の矛盾なんですよね。
だから逆にもう、一週間とか来てもらって、市丸達がいい顔して仕事してるところを見てくれたらいいと思うんだけどね。
つまりは、市丸達に有用に税金が使われているか?って話なんだから。
そうしたら、こっちも時間を割く必要がない。

とはいえ、まあ市役所も一個一個のところにそうもやってられない。
だから、書類出して下さい、となるんだろうけど。


で、今、こうした書類をカズミがやってくれていて。
カズミは数年前に鬱になっちゃったとかで、市丸達と遊んだりすると吸い取られてしまう、と。
確かに、市丸達と遊ぶのは吸い取られます。
テンションも上げていかなきゃ行けないところもあったり無かったり。、
で、その辺がちょっと厳しいと言うことで、でも、まあ彼女はずっとそういうことをやってきていましたから。

書類ったって、やっぱ現場の意見を書かなきゃいけないわけで、なんだろう、ただ向こうの言ってることにただ従って「はい、いいえ」とか記入してもしょうがないわけで。
だから、カズミはそういうのをやるにまあ、もう今、最適な人材という。
しかも、市丸達と離れて、吸い取られずに静かにやれる、という。

ま、だからね、こういう人がいないと成り立たないくらい、書類っての、多いんですよ。
たまたまカズミがこういう状況になったけれど、でも、それでもこうやってそれを引き受けてくれてありがたいと思っていて。
しかも彼女は文章が上手なのよね。
ま、頭がいいんじゃないかと思います。

とはいってもまあ、みんなと旅行、とか、飲もうか、と言えば彼女も一緒に楽しむわけですが、なんだろう、そういうことからまた客観的に自分たちの毎日をそうやって書類にしてくれるというか。


そんなわけで、ま、なんかね、人ってどういう状況においても役に立つことってあるし、そうやってみんなでできることをやって、最大限の力が結集できればいいよな、という話。

まあ、それを改めてカズミが鬱になってわかったな、と。
ありがたいことです。






chugei.jpg

(BGM:かりゆし58「ウージの唄」from「かりゆし58ベスト」)
→歌詞が秀逸だよね、これは。
沖縄の人だからこそ、この歌を歌わねばならない、という、突き動かされるモノをビンビンと感じる。
そうなんだよね、沖縄に行ったときにガマを案内して下さった方の話を聞いても、「憎むより愛せ」なんだよね。
ガマを荒らした子どもがいても、それを罰して外にほおり出すんじゃなくて、「教える」ことに力を尽くすというか。
この辺も沖縄に住みたい、と思う理由の一つである。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP