FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

めんどうはかけるけれど


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ハヤテと昼を一緒に買いに行ったミズエからこんなメールが出ていて。
こんな感じの。

「にじ屋近くのスーパーのレジがセルフレジ(商品をレジに通すのは店員さんがやる)になるそうです。今日、買い物したときにレジのお姉さんが「セルフレジになりますが、大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。有人のレジも1台あるそうですが、空いていない場合もあるそうです。」

ま、この後、具体的に、誰々とは一緒に行かないとダメそうですね、とかの話になっていくわけですが。

これ、まあ二つありまして。


一つ目は、セルフレジの問題ですよね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5343.html)。
これまで一人で買い物に行けてたモトミも、これで一人では行けなくなった、ということですから。
まあ、慣れれば大丈夫なのかもしれないけど、それまではまた時間がかかります。

たぶん、モトミはウチに来るまで一人で買い物なんかに行ったことないんだと思うんですよ。
でも、ウチに来て、よく行くスーパーとかでは一人で買い物できるようになった、という矢先に、まあよくも新しい壁をこさえてくれるな、と。

やっぱね、一人で行きたいんですよ。
そもそも。
「誰かの手を借りてできるんならそれでもいいだろう」って風に思う人もいるかと思うけど、いやいやいやいや。
自分でできた方がいいに決まってる。
人を使うのは面倒だし、人がついていられる、というのはうざったいものです。

ハヤテやカイなんかは、一緒に歩くにしても間合いを間違えるといきなり噛んできたりするからね。
やっぱ、「君は君」みたいな感じをきっちりやってやらないと、「監視してるぞ」みたいな感じは誰だって気分がよくない。
悪いことするわけじゃないけど、そうやって「監視してるぞ」って言われると、なんか悪いことしてやろうか、みたいな気分になるじゃないですか。
それはまあ、彼らでも同じことで。

だから、まあいろいろ問題はありつつ、でも一人でやらせてみよう、みたいな決断をして行くんですけど。
時には尾行とかもします気づかれないように。
それはまあすごい労力なんだけど、ま、仕方ない、というか。

それに、まあこういうのはなんか「阻害されてる」みたいな感じも受けるじゃないですか。
劣等感も植え付けられるというか。
できないことが、なんか「買い物する資格がない」みたいな。
ま、もちろんそういうことじゃないってのはわかるけど、彼らにしてみたら、「誰でもできるのに俺はできない」ってなるから。

まずこれ「優しくないよな」、って思う。

同時に、レジの人のクビも切るんでしょ。
機械化によってまあ、全国的に見てどれだけの人が職からあぶれるか、と考えると、恐ろしいよ。
言っとくけど、こんなの自己責任じゃないからね。

というわけで、まあ、いいことが一つもないと思うんだけど、なんでセルフセルフまあ、馬鹿の一つ覚えみたいに日本は突き進むんだろうかな。


そしてもう一つですが、これ、スーパーの方が「教えてくれた」っての、嬉しいな、と思って。
たぶんね、この人もそんなにセルフレジに賛成か?と言われれば、そうじゃないかもしれない。
だって、自分のクビもかかってる。
そして、にじ屋の人がよく買いに来てくれるけど、あの人達大丈夫だろうか、って心配までしてくれてるわけでしょ。

スーパーの上層部が決めたことなんでしょう。
きっと全国会議とかで。
この店舗だけ導入するとかそういうことじゃないんだと思う。
でも、この店舗で働いている人たちにとって、そこからこぼれてしまうモトミ達を心配してくれる感じが、嬉しい。

そしてなんか、なんだろう、もちろんそこまでのアレでは決してないと思うけど、大きく考えると、この新自由主義的なモノに対して、モトミ達がどういう姿勢で対していかなきゃならなくなっているのか、ということをその人は「わかってくれる気がする」。

地域で、そして同じ労働者として。
いやま、そこまでのアレではないわけだけれど、でも、どこかこの話、「連帯」という言葉も浮かぶ。
もちろんそれは確固たるモノじゃなくて、ふんわりとした、やんわりとしたモノだけれど、それがとても重要な気もして。

そしてもしかして、にじ屋が近所になかったら。
モトミが買い物に来てなかったら、この人は「セルフレジになっても大丈夫でしょ」となにも心配しなかったかもしれない。

そういう意味で、にじ屋がみなさんに、もちろんめんどうはかけるけれど、考えるきっかけになっていけたら、と思う。

そしてもう一つ、ミズエのメールにはこうもありました。

「(言ってくれた)お姉さんは「失礼だったらごめんなさい」って言ってくれましたが、私は全然そう思わず気にかけてくれたのが嬉しかったです」






chugei.jpg

(BGM:Sonny Clark「Two Bass Hit (Alternate Take)」from「Sonny Clark Trio」)
→これはマイルスデイビスのカバーと言うことでよろしいだろうか。
なかなかのスピード感でありまして。
これね、なんかドラムがすげえかっこいい。
ジャズドラマーになりたかったなあ…。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP