FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

みなさんはどう過ごしてるんでしょうか?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ここのところ、なぜか引っ越しが多くて。
コロナとかにあまり関係なく、引っ越しづいている。
まあ子どもたちのことですけど。

どうなんですかね、引っ越し。
まあ一人暮らしとかだったら、ちょいちょい、とやっちゃうモノなのかどうなのか。
業者に頼むモノなのかどうか、というか。
俺は一人暮らしをしたことがないのでちょっとよくわからないのですが。

子ども三人いますけど、その三人ともこの春までの間に引っ越しが云々、と。
それぞれにまあ理由はあって、同棲解消とか。
方や結婚、とか。
方や家を建てる、とか。
ま、理由はどうでもいいんだけど。

しかし、どうですかね。
引っ越しの手伝いを頼まれて、ちょっとやっぱ心配になりますよね。
というのは、「誰か手伝ってくれる人はいないのか?」と。
というか、かなり心配ですね。

ま、今時の若い人はそもそも免許を持ってない、とか。
車がない、と。
その辺もあるんでしょう。
特に東京で車を持ってる若者がどれだけいるか?って話もあって。

まあそうかもしれない。
中には電車で引っ越しをしたという猛者の話をネットで読んだけど、そういうワケにも現実的にはいかない。
なもんで、トラックも持っていて(というか、まあウチの事務所のを借りるわけだけど)でかい車を運転できる俺に頼みたい、というのはわからなくもない。
しかも、引っ越しに特化した市丸という秘密兵器までいる。

わからなくもないが、どうだろう。
俺はちょっとどうかと思いますよ。

まあ、やりますけど、う~ん、どうだろう。
なんとなく納得はいかない、というか。

だいたい、親に何かを頼むってのは金でしょ。
金ならわかるよ。
けどどうだ、若者が年寄りに作業を手伝えという。
これはちょっと納得がいかなくてもバチは当たるまい。


俺は一人っ子だから、どっか「家族のイベント」というのが薄いんですよ。
下に兄弟がいる、とかだと、クリスマスとかも兄としては長い期間やることになるじゃないですか。
でも、そういうのがないから。
しかも、家族で出かけるということがまずなかったからね。
親父もお袋も仕事で忙しかったし。
ま、とても尊い仕事をしていたと思うし、それでどうこうはないんですけど。

だからなのか、その「家族で集まってなんかしましょう」みたいなのってのが、どうもなじめない。
ま、その延長線上に引っ越しもあるのかもしれない。

最近、まあ再婚してからになりますけど、むしろ逆じゃん、と言われるかもしれないけど、再婚してから、子どもとは近くなった気がして、それはそれでありがたいな、とは思いますけど、やっぱどっかなじめない感じはありますね。
「お前らは勝手に生きろ」という感じがどっかにあって。
子どもたち、そしてそのパートナーとかが一緒に飲みに来てくれたり、そういうこともまあ最近ですね。
もちろん、子どもたちが飲める歳になったからというのもあるでしょうが、どっかね、何を話したらいいかよくわかんないし、昔話も「またそれを言う~」とか言われちゃうからどうなんだろうな、というか。

でも、アキが仲良くしてくれるので、一緒にタイに行ったりね、なんかまあ「再婚した人と元の奥さんとの子どもとそんなに楽しく行けるモンなのか?」と言われましても、楽しく行けるんだからアキってすごい。
いや、子どもたちもわかってるんだと思うんですけど。
俺が再婚してずいぶん落ち着いて、いい風に変わってよかった、って思ってるんでしょう。
子どもたちが大人なんだな、きっと。


ま、そういういい話は置いておいて。

いや、どうなんですかね?
世の中の子どもを持つ方は?
何話してるんですか?

よく考えると、両親と話をするってのもけっこう苦手かもしれない。
苦手ってワケでもないか、どっか、う~んこそばゆい。
特に話すこともない。
だから、再婚してアキと一緒には実家に行くことが増えたけど、そもそもは実家には足が向いてなかったかな。
まあ、お袋とかがアキと話すのはわかるんですよ。
昔の俺の話とかをするのは、アキは知らないわけだから、親としてもしたい。
アキとしても聞くのはやぶさかではない。
ま、一致してますから。
でも、俺はもう話すことないでしょ。

みなさんは、どう過ごしてるんでしょう実家で。
ウチは特に両親とも酒を飲まないので、俺だけだったら、まー間も持たないですよ。


ま、とにかく仲間をたくさん作って下さい、って年賀状でも何でも子どもたちには書くんだけど。
それしかないし、結局は遠くの親より近くの仲間だからな、って思いがあって。

俺は俺で、俺の仲間と楽しくやるから、ほっといてくれていいですよ、と。
ま、そんなことをいつも思っています。








(BGM:SUPER BEAVER「なんとなく」from「シアワセ」)
→いわゆる青春パンクっていうか、青春ロック?というか。
ただねえ、この「なんとなく通じ合う家族や大切な人」とかってのが、どっかね、う~ん、俺の世代にはまったく響かない、というか、むしろ引いちゃう。
なんでしょう、「親孝行のいい子」って感じでさ。
ロックと相容れないと思ってたから。
ロック=親不孝なはずだとずっと思ってました。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP