FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

やってみたい


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





今や多チャンネル時代。
スカパーとか、ケーブルテレビとかね。
放送とはちょっと違うのかもだけれど、オンデマンドとかもずいぶん普及しています。

ま、ウチは今地上波しか見れないので全然多チャンネルじゃないんですが、以前スカパーに入っていまして。
いろいろチャンネルによって趣味に特化してるというか。
例えば、格闘技チャンネルとか。
映画のチャンネルだとか。
ニュースばっかりやってる、とか。
ドキュメンタリーばっかりやってる、とか。
野球をずっとやってる、とか。
海外の子ども向けアニメやってる、とか。
ディズニーだ、とか。
ま、そういう趣味の人がそのチャンネルをお金を払って見る、というシステムですね。
まあ、パックとかもあって、いくつかまとめてみられたりもするわけですが。

で、どうだろうか、という話になりまして。
何チャンネルをやるか?という。
いや、まあチャンネルの権利某を持ってるワケでも何でもないんですが、これイケるのではないか?というのが、「シニアチャンネル」!。
じゃじゃ~ん。

いや、まあじゃじゃ~んでもないんだけど。

まず、やっぱ高齢化社会ということがあります。
もうなんか、テレビも若者向けに作られてるから、お笑いもさっぱりわからん、みたいな。
ま、俺もそんな感じになっちゃってますけど、勢い、ニュースと時代劇しか見ない、みたいな。
時に2時間ドラマを見るけれど、途中で寝てしまう、みたいな。

で、シニアチャンネルをやったらけっこう売れるのではないか?と。
ま、資金があればぜひやりたい、と思うんですが。


まず、昔の漫才とかね。
そういうコンテンツは買う。
春日三球照代さんとか。
あ、新しすぎるか。
その前の世代のアレとか。
ケーシー高峯さんとか。

あとはやっぱ歌番組ですかね。
昔大ヒットを飛ばした人をじゃんじゃん呼んじゃう。
「あの人は今?」という枠じゃなく、そのまま歌っていただきます。
ある意味、これは「逆お宝映像」にもなっていくのではないか、そういうのを狙った若い層にも響くのではないかと考えます。

で、あとはドラマですよね、軸としては。
やっぱ、昔のアレは買う。
そして、新作も作る。

なんだかんだ、老人ホームを舞台にしたイジメの物語とか。
新しく入ったおばあさんが、古参にいじめられるんだけど、そこで救ってくれるおじいさんがいたりして。
で、またそれが気に入らない古参。
おじいさんに隠れていじめてるんだけど、ある時、そのイジメの首謀者に嫌気がさしたおばあさんたちが、首謀者を追い詰めちゃったりして。
でも、そのいじめられてたおばあさんが逆に救う、みたいな。

あとはどうでしょう、やっぱ恋愛ですよね。
カッコイイおじいさん二人の間で揺れるおばあさん、という三角関係、みたいな。
「おまえさん、もうあの娘をお茶に誘ったのか」「わしゃ、そんな勇気はないよ」みたいなことがあったりして。
ちょっとよろめいたところを抱き留めたりして。
顔が近づいて、ポッと赤くなる二人、それを物陰から見てるライバルおじいさん、みたいな。

あとはどうでしょう。
老人なんだけど、バンドやろう!みたいな。
もうちょっとボケちゃってるんだけど、伝説のドラマーがいたりしてね。
ドラムの前に座らせると、なんか急に往年のリズムを刻み始めて。
やっぱ、身体が覚えてますから。
そして、そこにリーダー格のギターのおじいちゃんが入っていき、ベース、そしてピアノ、と重なり、壮大なジャズセッションが始まったりしてね。
もうみんな汗だくで、けっこう激しいリズムでね。
ハラハラ見ていた看護婦さんもだんだんノってきちゃう。
それを見ていた息子が、「オヤジ、まぶしいぜ」とかなんとか言うのがラストの台詞、みたいな感じでしょうか。
ま、最後はドラムのおじいちゃんが最後のビートを刻んだところで死んじゃうんですけどね。
でも、「最高の最後だったぜ」みたいなことになって。
みんな泣いたりして。
ま、そのドラムのおじいちゃんは若い頃はみんなから「デビー」って呼ばれてましてね。
もちろん最後の曲は「ワルツ・フォー・デビー」なんですけど。

あとはなんでしょうかね。
借金のアレとか。
取り立てに来るヤクザを、老人が集まって撃退する、みたいな。
倍返しだ!とかなんとか。
よく知らないんですけどあのドラマは。
そういうね。


あとはやっぱ、通販番組ですかね。
赤マムシとか、そういうの。
夜を取り戻そう!みたいなモノも売っていきたい。

当然、怪談とかも充実。
やっぱ、怖い話はどの世代にもテッパンです。


当然、自ずからアダルトチャンネルですから。
アダルトコンテンツもあります。
あ、だからこのチャンネルは18禁になります。

おじいちゃんとヘルパーさんがちょっとアレしちゃってナニしちゃったり。
もちろんおばあちゃんと男性のヘルパーさんが…、というのもあるし、時代に乗り遅れることのないよう、当然、おじいちゃんと男性ヘルパーさんが…、というのも用意しましょう。
もちろん、同世代、おじいちゃんおばあちゃんの「よろめきの昼下がり」みたいなアダルトコンテンツも充実。
老人会が夢のくんずほぐれつ、ということもあったりなかったり。


どうですかね。
なかなかいいのではないか、これからのチャンネルにはなっていくのではないかと思うんですけど、誰か億単位で資金を出してくれませんか。

というか、だから、問題は、課金方法なんですよね。
ちょっとやっぱうちの親父基準に考えると、ネットバンキングとか無理ですからね。
どうお金を徴収するか、ま、この辺が課題かと思いますが、これから先のおじいちゃんは、まあクレジットカードとかも駆使するだろうし、その辺は将来的にクリアできるかな、と。






(BGM:Hubert Laws「Bizet: Farandole-Hubert Laws」from「Jass Aranjues & Zarathutra」)
→ボブジェームスさんがやってましたけど、まあそのカバーに近い。
けっこう踏襲してる感がありますね。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP