FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

メニューという発見


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





今、まあ飲みに行くのとか、食べに行く、とかを控える約束を井上たちとしています。
約束というか、まあそうしてください、ってことなんだけど。
例えば店が空いているとか、状況を見ての判断で食べに行ったりするのは問題ないようにも思うけど、その辺の「ファジーな判断」というのは井上たちにとってはちょっと難しいところがある。
ので、まあ「やめとこう」ということで。

事務所で内々でとか、誰かの家でだったら飲んでもいいよ、ということにして。
まあ、もう事務所だったらしょうがないというか、外からの流入がないから、それなら、という感じで。
なんで、俺も飲むにしても事務所一辺倒になってしまいました。
まあ、ウチで飲むってのもあるけれど。

で、昨年の秋くらいは近所の店ならOKということにしていて(駅前はいかない)、いろいろ近所の店に顔も覚えてもらったりしたんです。
「あ、虹の会の人ね」なんて感じで。

逆にこの期間があったから、近所の個人でやってるお店なんかと仲良くなれたというか、まあにじ屋もやってるわけですから。
それに、どっか個人の飲食店はお客さんが減って厳しい、みたいなこともあったわけで、お互い様というか。
この辺のお店で助け合うじゃないけど、こういう時だから近所のお店を盛り上げていこう、みたいな流れもあって。

ちょうどアキが機関紙に「ニシュランガイド」ってのを書いたりして、「俺、ここ行ってない」とかってなって、みんなまたいろいろ行くようになったりして。
なかなかいい流れというか、やっぱ「障害者様」じゃなくて、普通に仲良くなりたいですからね。
いい感じで。

でも、また昨年末に感染状況がひどくなって、この辺でもずいぶん感染者が出たわけです。
で、まあ冒頭の約束になったわけなんだけど。
で、近所の店にも行けなくなった。

この流れが一つ。
もう一つの流れは、やっぱ彼らはどうしても「チェーン店」がいいんですよ。
下北沢に行ってもマクドナルド。
どこかに行っても吉野屋。
それがわかりやすいわけです。
でも、近所の店なら、そういうチェーン店じゃないところにも行ける、という感じになった。
これも大きな世界の広がりなんですけど。
その流れで、どうしてもやっぱ昼ご飯とかも、スーパーの惣菜とか。
コンビニの弁当とか。
そういう感じになってしまっていた。

でも、やっぱコンビニ弁当なんか正直、うまくないじゃないですか。
ま、うまいうまくない、はいろいろ意見はあろうかと思いますが、ちょっと俺はあまり「好きじゃない」。
好き嫌いですけど。
食事に愛情が持てないというか、そういう感じになっていく感じがして。
だから、この「昼の問題」、だけじゃなくて、休みの日の食事の問題、普段の夕食を買うとしたら?という問題もなんとかしたいと思っていた。
そこで安易にコンビニ弁当に着地しない方法はないものか?と。

この二つの流れがあって、そしたら、やっぱ世の中今は「テイクアウト」なんですね。
テイクアウト言うと「おしゃれかよ!」アキに怒られるけれど、まあ「持ち帰り」ですね。
この持ち帰りを近所の各店でも積極的にやってるわけ。

じゃあ、昼とかもそこで頼もうよ、事務所で飲むなら、スーパーの惣菜やお菓子じゃなくてなんか持ち帰りしてやろうよ、となるのはまあ当然の流れで。
二つの流れがここで合流したというか。
でも、まあ「どうやって頼むか」「何が頼めるか」ってのがよくわかんないわけですよ。
俺なんかが、馴染みにしてもらってる店に「6千円くらいでテキトウに」とかは彼らは言えないし、どうしたもんか、と思ってはいたんです。

そしたら、アキがあちこちの店に連絡してメニューを持ってきてもらったり、ファックスしてもらったり、自分で行ってメニューの写真を撮ってきたりして、一冊の「メニュー表」ってのを作ったんです。
アキの方で「税込みだといくらになる」みたいなのとか、電話番号とかも書いてある。
だから、簡単に注文したいモノを決めて、電話して、昼に取りに行きます~とかやれるようになった。

アキに言わせれば「だって、メニューさえあればみんなできるんだから」ってことになるんだけど。
これね、すごい発見というか、まあメニュー一覧がある今となっては「そりゃそうだよな」となるんだけど、なかなか思いつかないというか、しかもめんどくさいしね。
でも、コレをやってくれたおかげで、みんなが積極的に「食べるもの」を考える感じになったというか。

コウヘイなんかは、「今日は●●で頼む」とかすごく積極的に言うようになったし、なんならスーパーで同じ弁当を毎日買っていたヤツが、「今日は●●がいいな」とか。
そして、やっぱ作ってる人の顔を知ってるじゃないですか。
だって、緊急事態宣言前にはよく飲みに行っていた店ばかりなんだから。

そうなると、持ち帰りを取りに行くと「いつもありがとう!」とか言ってくれるし、こっちのことも覚えてくれているわけですよ。
そしてなにより、コンビニ弁当にありがちな「無機質な感じ」がない。
食事ってのは、やっぱ作ってくれている人のことも思い浮かべながらいただくものだよな、とつくづく思うわけです。

というわけで、この状況が収まったら、また「近所の店はOK」から、我々の方も解除していく予定ですが、早くね、各お店のマスターの顔を見ながら飲みたいな、と思っている昨今です。








(BGM:Oscar Peterson Trio「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」from「ジャズピアノにつつまれて Romantic Night」)
→まあ、ここまで大量にカバーされているこの曲をどう料理するのか、ってのは演者の腕、ってことなんだろう。
これ、スイングに入る前のベースとピアノの掛け合いみたいなのがすごい。
こういうジャズってどこまで打ち合わせ?してるんだろう…。
スポンサーサイト



チンアナゴが出てくるのはいかがか?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





録りためてあった映画を見たシリーズ。
ネタバレします。


「ザ・サンド」

ま、たいがい、アメリカンなノリでパーティーをやってる若い大学生が、ジェイソンにやられてしまったり。
ゾンビに襲われてみたりだとか。
そんなことがホラーの始まりと言うことになるわけです。

これは、浜辺で大騒ぎしていた大学生達がそのまま寝ちゃって、砂浜の砂に食われる、と。

いや、書き間違いじゃないんですね。
砂に食われる。
埋まっていっちゃう、と。

で、朝目覚めてそれに気づくおバカな、いや、まあ若気の至りのみなさん。
砂浜の車の中や監視所みたいなところで寝ていたみなさんが助かっていて、しかし、まあ砂に降りられないし、逃げ出すこともできない、という話。
ま、もうそんだけなんですけどね。
そこに恋愛だの、ちょっとした浮気だとか、そういうのが混ざってきますけど、大して物語に噛むこともなく、どんどん砂に噛まれていく、と。

最後、砂からチンアナゴみたいのが出てきて大暴れするのはいただけませんが、発想としては面白い。


「ファイティン!」

マ・ドンソクさん主演ということで。
間違いない。
魅力爆発、そして泣けます。
アオテツとパソコンのなんやらで見ましたけど、こういうのがすぐに見れちゃうって、やっぱなにかに登録した方がいいんだろうかなあ。


「ゲット スマート」

コメディチックなスパイモノ。
まあ、ちょっとやり過ぎ感はあるけれど、こういうのがやりたかったのだな、というのはわかる。
アンハサウェイさん、いや、もう美人。
こんな人がスパイだった日には、もう無敵だよな。
なにせ強くもある。
で、ロック様も出てますが、ちょっと悪いやつで最後やられちゃう。

で、映画ですが、ちょっとね会話のテンポがどうでしょう。
一言多い、という感じでいきたいんだろうけど、あまり多すぎるとテンポが悪くなりますよ。
スパイモノだから、やっぱそこはスマートにいかないと…。


「ムーンライト」

話題になりましたね。
なかなかいい映画的なことで。
アカデミー賞的なモノも取ったのかな?
そういう。

話としては単純で、黒人の友人同士の恋愛を描いたモノなんだけど。
男性同士、ということになります。
そもそもが育児放棄というか、ドラッグやってるお母さんに育てられた主人公。
いつもいじめられてるんだけど、一人だけ友達がいて。
その友達とハイスクール時代に一夜だけちょっと関係を持つ。
ちょっと、というあたりがまたリアルなんだけど。

その後、クラスメイトのいじめに端を発し、彼らが殴り合うというか、そういうことになっちゃって。
殴り合え、みたいなね。
で、そのまま主人公はいじめの首謀者を椅子で強打。
その罪で刑務所へ。

で、別れ別れになってしまった二人なんだけど、友達の方から電話があって。
そして二人は再び出会い、互いを必要としていることを知る、みたいな。

これね、う~ん、リアルだと思うけど、映画として面白いかな…。
俺はなんか、う~ん、どうかな。
淡々としすぎてて、ちょっと、うん、退屈だった。
なんとなくスジは読めちゃうし。


「破線のマリス」

黒木瞳さん演じるテレビマン。
取材テープのエグい演出で、ある男を犯人であると断じてしまう。
いや、断じてはいないが、断ずる内容になってしまった。
その犯人に仕立て上げられたのが陣内孝則さん。
で、陣内さんが復讐を始める。

最終的には黒木さんが陣内さんを殺してしまう。
といっても、まあ突き飛ばしたら死んじゃったんだけど、それでも彼女は名乗り出ず…。

黒木さんの「仕事に打ち込むあまり、離婚までした感じ」とか、まあ言いたいことはわかるんだけど、あまりの黒木さんの美形にちょっとその辺がなかなか想像しにくいというか、もうちょっとヘアメイクとか衣装とか考えてもよかったのでは…。
これでは、やっぱ良妻賢母的なイメージで見てしまう。

まあ、基本的にテレビ2時間サスペンス的サイズの感じなんですけど、どっかこう、ミニマムにまとまっちゃった印象。






(BGM:大森靖子「エンドレスダンス」from「絶対少女」)
→脱力系っていうんですかね。
耳元でつぶやかれてるような。
それが自然なんで、まあ聞いててハマっちゃう人がいるのはそうだろうな、と思ったり。

眠りカブキ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





機関紙2月号に書いた原稿。
編集してたらスペースが空いたので急にその日にあったことを書いた。


カブキは調子の上がり下がりが激しいところがあって。
調子というのは、「受け答えすらままならない」という感じ。
「おはよう」が言えなくなるというか。
そういうバッドな時になると、そもそも会話が成り立たない。

けれども、そうじゃなければ「昨日のドラマ見た?」「2時間スペシャルよ」「科捜研の女。沢口靖子さん出てるじゃない?」とか、「なんかラーメンでも食べに行きたいわね」とかなんとか、まあ調子がいい。
というか、むしろ基本、お調子がいい人なのではなかろうか。
そして正直な話、井上とかよりもいろいろわかっている感じがする。

ちょっとノブに意地悪されて、車椅子を向こうに向かされたりしても、調子がいいと「あらあら違うわよお」「タカノブくん、お願いよお」とか穏やかで笑顔なんだけど、バッドな時はそれでもう泣き叫んだりする。
まあ、一日の中で入れ替わるとかじゃなくて、一二ヶ月とかのスパンで入れ替わったりするんで、「あ、バッドな感じに入ったかな?」みたいな感じで思っていたんだけど。

まあ、そうなると、バッドになる原因があるんじゃないか?ということを考えるわけですが、某ルートからちょっと情報がありまして。
で、そのことについて、昨年末の12月号にカブキが記事を書いたんですよ。
カブキが喋って、スズが聞き書きする、という方式で、その辺を掘ってみた。
それがどうして功を奏したのか、いや、まあそれとの因果関係はわかりませんが、その辺からずっと基本上向きなんだよねカブキ。

もうバッドになると、会議とかも聞いてない。
まあ、にじ屋やネットの会議はみんなでやっていて、会議はそこしかない。
一般で言う「(健体者の)職員だけの会議」というのはない。
逆に、このみんなの会議で決まったこと以外は、にじ屋ではやれないしやらない。
まあ、それだけに重要な会議となるわけです。
カブキは下がり調子だと、聞いてるのかもしれないけど、「我関せず」「自分には全く関係ない」というような態度。
まあ、そういう場合ほっとくわけですけど、最近は話に入ってくる。

先日は、3月に行う予定の「本の大放出」について話し合っていたら、「私、読み聞かせやりたいな」とか意見を出してくる。
実はずいぶん前、まだミズエとかいなかった頃のイベントで「カブキばあさんの紙芝居」みたいなのをやったことがあったんですよ。
その時も上向きだったわけです。
で、それがけっこう評判がよかったんです。
うまいんですよ、というか、味があるんだな。
読み方というか、そういうのに。

だから、「やりたいよねえ」「あれよかったよね」「私もまた聞きたいよ」とかって意見が出て。
でもまあ、コロナですから。
イベントやって人を集めることはちょっとできないよねえ、なんてことになって。
残念ながら却下ということになったんだけど。
コロナさえなければ、カブキのやる気を実現させてやりたいな、というのはもうノブたちも含めてみんなの思いだったんですけど、こればっかりはしょうがない。

なぜなら、今、にじ屋では「いらっしゃいませー」という声も出さないようにしてるわけです。
必要なことはマイクを使ってやる、みたいな感じで。
お客さんとの話も必要最小限、みたいな。
ちょっとそこは今さみしいところなんです。

やっぱ元気が取り柄、みたいな人もいるわけです。
「にじ屋に行くと、まずあの金髪の兄ちゃんが寄ってきてくれてさあ、声かけてくれるのが嬉しいんだよね」なんて市丸のことを言ってくれる人もいる。
だから、そういう「取り柄」を発揮できない人もいるわけね。
そこはもう、コロナ憎し、って感じなんだけど。
でもまあ、感染しちゃうことは絶対避けなきゃいけない。

なにせ、我々の中には、心臓や肺に疾患がある人もいるわけです。
普段はにじ屋に来ない人でも、誰かが感染すれば広がってしまう可能性がある。
だから、どうしても感染は避けたい。

当然、この紙芝居だけじゃなく、にじ屋の全てのイベントは昨年からずっとやっていません。
人を集めることが仕事のようなところがあるにじ屋で、実はコレは痛い。
でもまあ、そうやってみんなで「今は耐えよう」ということでやってきたわけです。

で、ですね、コロナ前は、元気にやろう、ということとか、明るくいこう、みたいなことで、朝開店前にみんなで「声出し」、と言うのをしてました。
「いらっしゃいませ!ウエルカムにじ屋へ!」というのをみんなで大きな声で言い合っていた。
ま、それもずっと「やらない」ってことで、静かににじ屋が始まる、という形になっていたんですね。
「コロナだからね」と、井上やノブ、市丸もそう自分たちを、互いを納得させて、ここまでやってきたわけです。

そしたら、会議の議題で毎回「やだな」ってのがあるんですが。
これは、にじ屋だけに限らずなんでもいいんだけど、「イヤなことを出して変えよう」という趣旨なんですけど。
例えば、回収の時の地図がボロボロでやだ、とか。
給湯器の蛇口がなんか向こう向いちゃってやだ、とか。
時には、「あの日、●●って言われてやだった。どういうつもりで言ったのか?」とか。
まあそんな話が出てきます。

で、その議題の時に、カブキが言ったんですね。

「最近、朝の声出しをやってないけど、ちょっとまずいんじゃない。やった方がいいよね」と。

…ぎゃははははははっはあははは。
今気づいたのか?と。
寝てたのか、一年寝てたのか、と。

調子が上向いて、やっと気づいたのか…。
そして、今はコロナなんじゃ…。

ま、そんなわけで、去年の今くらいからをもう一度説明しなきゃならなくなったわけですが、でもま、なんかすごいイイ意見だったと思います。
もちろん、却下されましたけど。








(BGM:エドムンド・ロス・アンド・ヒズ・キューバン・バンド「ティコーティコ」from「LATIN GOLDEN SELECT」)
→これは名曲だよね。
いろんなアレンジもできるよな、これ。
ずいぶん古い録音っぽいけど、けっこうこれがカッコイイ。

| ホーム |


 BLOG TOP