fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「#ちこくなう」


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





すずがやってる「#ちこくなう」ってのですけどね。

すずが動画でアップした(https://youtu.be/YWfvoKYkvh8)中で言ったのが最初なんだけど。
この日、本来は加納さんとすずで撮影する予定が、直前になって加納さんが具合が悪いと。
すわコロナ?となったんだけど、そういう症状ではなく、まあお大事にしてください、ということですず一人で撮影することになりました。

撮る予定だったモノは撮れなくなったので、なんかネタはないかとその場で考えたのが「#ちこくなう」でした。

というか、実は撮影の数日前に、すずは毎日遅刻してきて、まあ明るく入ってくるし、その後取り返すべく頑張るし、ま、そりゃ遅刻は起きれなかったんだからしょうがねえところもあるよなあ…、みたいな話で、だったらこのすずの毎日の遅刻を世の中にお伝えした方がいいのではないか、とアキと話していたんです。
遅刻って、もう遅れちゃってるからどうしようもなくて、あとはもう「どう取り返すか」でしかない、ってところがありますよね。
もちろん、遅刻していい、ってコトじゃないとは思うけど、それを越える活躍、ってのもあるわけで、遅刻しちゃったらもうしょうがない、というか。
だからまあ、この「#ちこくなう」でツイートする、ってのは、いつかすずと話す機会があったら言ってみるか、とは思っていました。

で、まあ急遽この撮影はそれをやる感じで撮ろう、ということになりました。

この一本を撮ったところで、急遽アキに来てもらって。
「#ちこくなう」の先輩として2本目の撮影に出てもらって話をする、ということにしました(https://youtu.be/WRedxymEUbY)。

まあ、遅刻はしてはいけない、というのは社会人のルールだと思います。
遅刻したら契約がおじゃん、ということもあるでしょう。
だから、遅刻がいいとはオレも思いません。
が、そうじゃない時、普段だったらまあしょうがないかな、と思ったりもしていて。

遅刻って、まあ本人は相当焦ると思うんだよね。
だから、そこで遅刻自体を怒ってもしょうがねえな、というのもあって、怒るよりは「こっから取り返そうぜ」ということを言うようにはしてきました。
それに、そもそもウチには「ズルして遅刻してやろう」なんて輩はいない。
その信頼感はある。

なんかね、遅刻する人に対する厳しさの半分は、「オレは遅刻してないんだけど」という、「お前遅刻しててずるいじゃん」というのがあるように思ってて。
で、これ、お互いの首を絞めてると思うんだよね。

だって、寝坊なんか誰でもするじゃん。
自分がすることを考えたら、「遅刻しないように頑張る」というお互いの信頼の上に、互いに「オーケーオーケー、その分、こっから取り返してくれ!」って言ってる方がよくない?って思う。

「#ちこくなう」の3本目にミズエに出てもらって(未配信編集中)、前の職場だと歯が痛くても歯医者に行けない、みたいなこともあるらしく。
いやいやいや、歯なんかいつ痛くなるかわからないじゃん。
だったら、もう痛くなったらすぐ歯医者に電話して予約取った方がいいじゃん。
明日!って言われて明日なら、もう仕事の日だって行けばいいじゃん、とオレは思う。
まあそのための年休、という考え方もありますよ。
というか、もうこれは、むしろ歯が痛くない状態で仕事やってもらった方が絶対に効率がいいはず。
二時間くらいすぐ取り返せるでしょうに…、と思う。
そしてそれはお互い様だと思うんだよね。
自分が歯が痛くなったら、って考えたら、お互い様じゃん。
それに歯が痛いってガマンできないじゃん…。

もちろん、いろいろな職場があるから、時間的に抜け出せない、とかそういうのもあると思う。
だから、全てがうまく自由に行くわけじゃないんだとは思う。
けど、できるだけ互いに慈しみあった方がいいし、医者や遅刻に寛大であった方がいいとオレは思う。
その寛大は自分に返ってくるのだから。

最初虹の会は加納さんだとか松沢とか、故人だけど工藤さんだとかの介助をやるってのが任務としてあったわけです。
その場合ね、健体者側がきちんと集団にならなくても、ビジネスライクでも成り立つし、そういうもんだとも思うんです。
でも、井上達、知的障害といわれる人たちがここにきて、やっぱ変わらなきゃならならなかったと思うんですね、健体者側も。

やっぱね、井上達に楽しく毎日をおくろう、といっても、健体者がギスギスしてたら成り立たないじゃないですか。
ってか、それは無理なんですよね。

だから、オレは健体者側の信頼関係ってのが大事だと思っていて。
そして、自分たちが「自分たちの身体を互いに慈しみあう」ってことをしてなければ、彼らにもそれを言えないじゃん、と思うし、彼らはそういうの見破るし。

よくいろいろな作業所とか行ったり、なんかの大会とかに行った時に、健体者の人が一歩引いてなんかしてる、みたいな時があって、それはそれでよくわかるんだけど、それはやっぱ井上達を主役にしたいからね。
でも、それが「楽しそうに見えない」ってコトが多くて。
「仕事ってそういうもんでしょ」とか言われそうだけど、でもやっぱこっちが楽しくないと、彼らに楽しい毎日なんかおくってもらえるわけがないと思うんだよね。

オレは楽しい毎日を自分がやっていなきゃいけないと思っています。
「ナカマ」のみんなも。

それは「らくちんにやる」ってことではなく、いやいやいや、楽しい毎日をやるって大変なんですよ。
でも、楽しいから、その大変を乗り越えることもできるんだ。

ギスギスして、「かわいそうな知的障害の人たちのために自分は身を粉にして頑張ってます!」なんての、オレは一番きらい。

だってね、逆の立場になってみなよ。
「そんなに辛いならやめてくれよオレのために」って思わない?









ブログ用

(BGM:PANIC☆ch/パニックちゃんねる「together」from「Plow」)
→この冒頭の「こもった音」からの一気にメインになっていく感じ、好きなんだなあ。
曲としては、いわゆるラップとメロコアの融合みたいな、今風ね。
爽やかパンクに分類してよろしいか。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP