fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「万が一」のプレッシャー


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





虹の会では毎月機関紙を発行しています。
近いうち、ネットでも見れるようにしたいと考えていますが、今のところアナログ紙媒体です。
にじ屋で配布してますし、遠方の方には送ることも可能ですので連絡下さい。

今回は、この前発送した4月号からいくつかテキストでご紹介。


「介助者の産休育休」加納

2月に入り私の介助者が産休に入った。そしてもうひとり介助者が5月末に産休に入る。とてもおめでたいことだと思う。子どもは未来だし、社会前体の宝だと思うから。でも私は正直妊娠したと聞いたとき「えっ!介助どうしよう」という事が頭に浮かんで、心から喜ぶことが出来なかった。今まで何人かの介助者は妊娠したので介助辞めますと離れていった。そういう事も頭に浮かんだんだと思う。さらに続けていくにしても介助はどうしても体を使う仕事だからやらせて大丈夫なんだろうかと、何かあってからでは取り返しのつかないことになると一人で悶々とする日があった。ふたりの介助者たちは引き続き介助者をやっていきたい、そして産休育休を取ってその後も介助者として戻ってきたいと言った。彼女たちがそのように考えていたのかと知って、あー時代は少しづつ進んでいってるんだなと思った。一人で悶々としていてもラチがあかないので本人たちと話すしかないなと思ってふたりの介助者と私が不安に思っていること彼女たちが思っている不安なことを出し合った。詳細は省くが、その都度不安や心配があったらすぐ話そうそして無理しないでダメなときは休むとなった。そしてすぐ一人目の介助者はつわりになり一ヶ月近く休むことになった。何かあったら休んでよ、とカッコつけて言ったものの、いざ休まれると介助どうしようと慌てふためいた。自分の他の介助者に電話したり、ローテーションをあれこれパズルのように当てはめて何とか自分の介助者で収めようと四苦八苦していた。そして産休にも入るし穴埋めでひとまず新しい介助者を雇わなきゃと募集の準備をしようと思っていた。
ある時評議委員会で募集をしようと思うと話したら、それは違うんじゃないかと話しが出た。え?なんで?と思った。人がいないのに募集しするのちょっと待った!ってどういうこと?!と思った。けど話しをしていくうちに、あー私はなんて短絡的に目先のことだけ考えていたんだろうと思った。人は使い捨てではない、今いるから募集要らなくなったらクビ、それでは世の中の派遣切りと同じことじゃないかと。そうだよなと、まったくだと思った。そこで新たに介助だけに限定した人を募集するのではなく、当面の間専従やそれに準ずる人もみんなで産休の間は補って行こうじゃないかと話し合った。何も自分の介助者で介助の穴を埋めていくことが優秀な利用者であるわけではない。もうそういう優等生的な発想はやめよう、というのも話しに出た。耳が痛かった。私は介助を使うようになってからずっとそればかりにこだわっていたように思う。それができなきゃダメだと思ってやってきていた。でも何か違うんだろうなとも思ってもいたけど、なかなか自分の呪縛を解くことが出来なかった。でも今回話をして今が自分の呪縛を解くチャンスだと思った。ひとりで抱え込む問題ではないのだ。困っているときはみんなの手を借りればいいのだ。今まで出来ているようで実は出来ていなかったなとよくわかった。助けてって言えばいいんだよ、とみんなの前では言っていたのに。まったくお恥ずかしい限りだけど、いまとても晴れやかな気持ちでいます。自分の介助者で賄えなかったと負けたみたいな卑屈な気持ちになるかと思っていたけどまったく逆だった。少しづつでも自分のことさらけ出してもっと私自身が楽に解放して生きられるようになりたいと思っている。
それから、介助者に限定せず虹の会で一緒に働きたい女性職員を募集しています!!ぜひ応募してください!!
追伸:2月に産休に入った介助者から無事に赤ちゃん産まれました!とメールがつい先日きました。子守りいつでもするから連れてきていいよ!と返信したところです。


「#ちこくなう」菜摘

#ちこくなうとは?
今回はすずちゃんのTwitterの投稿を見て???と思いながらほっこりしちゃった#ちこくなうについて。
すずちゃんに何が起こったんだ?と調べていくとYouTubeに辿り着き、すずちゃんが1人で介助者募集の話を始めるのかなと思いきや自分が毎日遅刻しちゃう話に。毎日…!
なんだかほくほくのほっこりしちゃって、「ちこく」って言葉も可愛く思えてきちゃったこの動画とすずちゃんの#ちこくなう。
さらに進めて見ていくと、アキさんとすずちゃん。アキさんも「わかる」「朝飯前」と言って自分も昔遅刻していた話などがまたさらに気持ちをほくほくにしてくれる。この2人がみんなから信頼されているかんじとか、全部思い浮かべて泣けちゃう動画なのだ。
私も自分の遅刻について昔から思うところがあり。とにかく起きる前から(いや、寝るところから起きたくなくて)悲壮感たっぷりになってしまうのだけど、すずちゃんはとりあえず明るいらしい。何故!
投稿を見ていてもなんか顔も晴れやかに#ちこくなう。素敵すぎる!
寝る前と起きた後のすずちゃん密着動画とかナイトルーティン動画を撮りたいくらいだし、底力的な魅力をたっぷり持ってるすずちゃんを見ていて、自分は一体何に追われてこんなにセカセカイライラしているのか?と本気で考えてみたくなった。穴掘って入りたい!遅刻する自分も怒られる自分も嫌い!と泣き言言う前に、まずは笑顔で#ちこくなう。わたしもやってみようかな。


「手術入院」みつ

入院の前の日に突然明日から入院カーと言う緊張が走り出してしまいました。
と言うことも有ってにじ屋からネットに戻って来てからも全然反省会の話しは頭にはいらな蹴ればもう~!血圧までも上がって来てしまっていると言うのに金さんちょっと緊張して来ているのではないの?と軽々と言うけどちょっとどころではないよと思いながら急いで家に帰って来ました。
家に帰って来た者の緊張はどんどん大きくなってしまっていたから緊張が解れるように頑張りながらも明日から病院に旅行だと思ってそのまま寝てしまった。
そのまま朝になったけど今日から病院に旅行なんだと自分に言い聞かせてしまって旅行前にコーヒーの1杯ぐらいは飲んで行こうーと思ってちょっと遠回りしネットに行ったらみんなは朝ごはんを食べていたけど1人で喫茶店にいる気持ちになって朝の1杯を楽しんでいたらのぶがにじ屋のことは忘れて手術に集中しなよと言って来ました。
その時はまぁ病院に旅行に行くだから緊張ぐらい解れるだろーと思って病院に行った者の話しをして会話を出来る分けじゃ鳴ければべつに腹が減っている分けじゃないと言うのにご飯を食べなきゃいけないしくすりも病室に入って一発で取り上げられてしまったくすりぐらい自分で飲めるわいと一発目思いました。
それからもぉ金が勿体無いと言うことでテレビカードも買わなかったからズート曲を聞きながらアーこのような生活を1週間ぐらい続けていたら頭が可笑しくなるよなー!小倉はこのような生活を10年ぐらい続けていたのだから言葉を奪われるのは当たり前だ!と思っていたらみずえさんからメールが来たから自分も入院したことよって言葉を奪われないようにしなくちゃいけないなと思ったので手術の恐さと言うよりもヒマで言葉を奪われる恐さがある手術なんか終わった終わったと逃げたいよと何度もメールをしていました。
と思っていたら22時ぐらいになって突然電気も消えてしまったから寝る時間までも決まっているのかよー!なんかムカつくな!でも、病室は出たくなかったから仕方なく寝たけどフット目を覚めたときに明るかったアーもう朝か?と思ったらただ電気が突いていただけだったのに目覚めてしまったからアーなんなんだよこの病院は人のこと寝不足させてホッサを起こさせて殺すつもりかよーと思っていた時にはまだ4時半だったんだよ。
手術までの時間はまだまだ先だよと思いながら病室のイスに座っていたら外から電車が発車する音聞こえたからオー始発電車がいま出たんだーとか思っている打ちに要約朝ご飯とか手術に向けての点滴が始まったのだけど手術の担当の看護婦さんの名前を見てみたら姉ちゃんと同じ名前だったからこれ、姉ちゃんだったとしたら光弘どうして来んなところにいるの?となったよ言わなきゃ言わないで手術の準備もしてくれなかったと思うからよかったよ巳代治(※苗字)は値(※ち)がててでも、名前がいっしょと言うだけで点滴を売ってもらうのとか治療室まで車イスで運んでもらっている時はなんと無く恐かったから治療室ぐらい自分で歩いて行けるわい!と思っていました。
それで治療室に入ったら右目以外は顔全体をマスクで覆われてしまったから意気で顔全体が熱いと言う感じだったからソクマスクを外したいと思えば先生が兎に角前の光りだけを追い続ける方を頑張ってと言っていたから追い続けてたら先生からのレンズをとってと言う声が聞こえたともにレンズを嵌めた感じがあったら光りの形がわかって来てオーこの光りにも形が有ったんだと思っていたら先生がおわり!と言って手術は終わりました。それから病室に戻って1時間ぐらいが立ってからもう遣るべきことは終わったんだから今の気持ちをホッサ日記に纏めなくちゃと思ったからホッサ日記を書いたらすぐに新田さんから連絡が来たから病室で遊びながらかがみに写した自分を写真を取り今の自分はこう言う感じだよ~と写真送ったりしながら遊んでいたら退院の日になってしまってはて?退院は退院でもどこに行けばいいのだろうなー?と思っていたら病室の外からでっかい声で小澤光弘と言う声聞こえたから看護婦さんでもでっかい声で呼ぶ人はいるんだと思っていたらおはよう!とあきちゃんが入って来たからあーあきちゃんと思いそれからはにじ屋に行けば何かすることはあるだろうと思ったからにじ屋に行ったけど何もすることは無くただボケートしているだけだったから以外と暇だなと思っていたらあきねぇからメールが来たから逢芳に行ってにじ弁を買って家に帰ってしまいました。
逢芳から家帰る間に道でずっこけないってなんか不思議だな?と思いました。
それから思えば入院前の不満と言うのはキット先生からの漫画一(※万が一)失敗したら目を切ることになるかもと言われていた不満とかのプレシャーに覆われていたことによってくすりもたくさん準備をしてしまっていたのでそのような不満が入院の前の日にブワット出てしまったのではないかな?と思われる。(注釈※アキ)









ブログ用

(BGM:Vladimir Shafranov「You And The Night And The Music」from「Movin' Vova!」)
→ピアノ、べース、ドラム、のトリオジャズ。
こういうの聞いてると、「あ、ココでベースがリズム刻み始めたぞ」みたいな、そしてドラムがそれを追っかけてスイングになっていく感じとかがスリリングでいいんだな。
これ、実際楽譜とかがどうなってるのかわからないけど、けっこう流れだけ決めてアドリブなんだろうかな。
対決、って感じ。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP