fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「知らんがな」


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、夏は水着!
というか、それも海やプールに行った場合なんですけど、まあそういう。

どうですかね。
水着ってどっか気恥ずかしい感じがあります。
というのも、肌が普段以上に露出するからでしょうか。
このたるんだ筋肉が落ちた肉体を披露しなければならない感じ、というか。
そこがまあ気恥ずかしいのかもしれない。
女性の場合はまたいろいろもっと気恥ずかしい部分もあるのかもしれない。

が、どうですか。
別に気にする必要ありますか?と。
もっと堂々としていいじゃないか、と俺は思うのだが、やっぱりどっか「カッコよく見られたい」という俗っぽい気持ちがあるからか、やっぱ気恥ずかしくなってしまうのだろうな。

でも冷静に考えたら、その「気恥ずかしいという気持ち」がいかんのではないか、ということを訴えたいわけなんです。

この前、広島に行った話で、外国の方がけっこう肌を露出していてとてもステキだと思った(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-6328.html)というのを書きましたが、まあアレなんかもですね、正直体型とかはあまり関係ないんですよね。
とにかく堂々としてらっしゃる。
そこなんですよね。
肌を露出していても気恥ずかしさが全く伝わってこない。
だから、もう体型とか越えて「ステキだな」ということになる。

つまり俺があの時に「ステキだな」と思ったのは、「気恥ずかしさがない」という部分なのだ、たぶん。
それはもしかして肌を露出するとかそういうこととは全く関係がないのかもしれない。

得てして人は自分の外見に自信が持てない。
というか、俺はそうだった若い頃。
カッコイイ人の写真が載っている雑誌などを見て、ああ俺はこういう人にはなれない、などと落ち込んだりしていた。
それなりの服を買ったりもして着ていたけど、でもやっぱそれでもなんかカッコ悪いんじゃないか、と思っていたような気がする。
恐らく、そのファッション雑誌などを手本にして、でももちろんそんなモデルさんのようにはなれないから、「むしろ逆に無理してる感じなのではないか…」とまた自分の姿に自信が持てない。

ま、そもそも外見をまったく気にしない、という人もいるのであれだけれど、俺は全く気にする方なのでやっぱ気になってましたね。

それがなんか仕事をするようになって、というか最初はお金をもらえなかったから、まったく服など買えるハズもなく、バザーの提供品の中から売り物にならない、たとえばシミがついているとかボタンがないとかって服を着るようになりました。
ま、そうしたいろいろを気にしなければ色々な服がありますよ。
自分では買わないような服もある。
買えないからそういうのをじゃんじゃん着るようになった時に、なんかもうバカバカしくなりましてね。

貧乏というのはやっぱ人を蝕むモノだと思っていますが、この「服に対する開き直り」というのはなんだかよかったような気がしてますね自分の人生の中で。
もうね、なんか多少サイズが合ってなかろうが、ボタンがなかろうがまあもう一点でもカッコいいと思うところさえあれば着ちゃう。
で、まあもう開き直ってますから。
「だって金ねえから」と。

こうなると、「気恥ずかしさ」というのは吹っ飛びましてね。
仕事を始めたとき、学生のボランティアなんかも来ていたけど、「佐藤さんはとにかく目立つからすぐわかる」とか言われるようになって、どっちかというと「気恥ずかしさ」の対極にいるような気持ちになって。

当時、やっぱファッションの基本には則ってなかったとは思うんですよ。
ま、あるもん着るわけだから。
でも、そういうことじゃないんだな、と。
結局、気恥ずかしささえ払拭できればなんとかなるんじゃん、と。

ここ最近、「佐藤さんはオシャレだから」といわれたりもするんだけど、オシャレではないんですよね。
ただ、着たい服を着る。
したい髪にする、というだけで。
オシャレをしようとはあまり思ってない。

ま、何が言いたいかというと、もう堂々と着たらいいんですよね。
水着だろうが、多少派手な服だろうが。
着たい服を着ようぜ、という。
まわりの目を気にするなかれ、と、若い子にはエールを送っておきたい。

俺は今も多分、孫がいる歳っぽい服、と世の中が認識する服は着ていませんよ。
俺が着たいモノを着るし、「落ち着きなさいよもう」ということもあろうが、そこは「知らんがな」と。






(BGM:30%LESS FAT「ラプソディ」from「NEW BEST NOW」)
→とにかくジャケがいい。
最高である。
ライブもずいぶん前に行ったきりである。
また見に行きたバンド筆頭である。

kabukiboshuuu.jpg

hatomiiboshuu.jpg
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP