fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ファイティングポーズを取らせない


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





先日、シークレットですが、って書いちゃってますが、親御さんとちょっと話をする機会がありまして。
まあ、親曰く、実家に帰るとなかなかこううまく「言うことを聞かせられない」という。
服も夏用に出来ない。
マスクもしない。
みたいな。
でもまあ、別にこっちに来たらやりますねえ、簡単に、と。

他にも色々あったんですが、まあ結論としては「親では出来ないこともある」ということになるんですけど。
まあ、実際そうで、やっぱ親と子は一対一になりがちですが、こっちに来ればこっちも複数いますから。
なんとかいろいろな方法を取ることが出来る。
だから、できるコトが増えるのは当然だと思います。
どんなに頑固な「こだわり」でも、けっこう解放させてやることが出来る。
…という話はよく書くんですが。

けど、もう一つありましてね。
頑固にこだわりを発揮しているカイなんかに、スルッとそのこだわりを捨てさせて次に進ませる方法、というのが。
方法、というか、ちょっとしたことなんですが。

例えば「マスクを嫌がる」というのがあるとします。
まあ、マスクを嫌がるというのは色々ありますから、無理してすることはないと思うんですよ。
でも、実際に混み合った場所なんかになると感染が心配だったりします。
だからマスクはさせたい。
けど、させようとすると「やだ!」と拒否される。
だから「連れて行けない」ということになる。
結果として本人の行動は制限される。
ま、いいことはない。

まあ、コロナ以外でもマスクが必要になる場面はありますね。
「コロナなどない!」とかいう陰謀論的云々でのマスク云々の論議はこの際どうでもいいです。
わかりやすいんでこの例を出しました。
ま、今の時点でもすべき、とは思っています(これを書いているのは六月の上旬)。

この「マスクしなさい」「しない!」というやりとりは結果が出ない限り不毛。
そして疲れる。
疲れる、ってところが重要で。
こうなると、もう親サイドが最初からあきらめる。
本人は「マスクをする」「マスクをすることで行ける場所が広がる」という経験を、確実に「できない」ことになる。
自分からはマスクはしないですから。
でもまあ、親の精神衛生上、あまりこの「疲れる」を無視しない方がいいと思います。
「それでも頑張らなきゃ」は、やっぱおいつまっちゃうんで。
そうすると他の部分がヤバくなりますから。

でね、その親御さんとの話の中で、この例だとまず「マスクしなさい」と言ってるワケですが、俺は言わない、と。
言ったら「マスクやだ!しない」と返されるから。
なんで、「マスクしない!」というファイティングポーズを取らせる前にマスクをさせちゃう、ということなんです。

だから、マスクをすることの有用性やなぜしなければならないかは説明しません。
でも、確実にマスクをすることで映画も見に行けるわけです。
そういう経験を積み重ねてやるしかない、と思っていて。
だから、まず問答無用でマスクをさせる。
いや、問答無用という言い方は違いますね。
少なくともチカラづくではマスクをさせることはできません。
それこそ不毛。
そんな不毛なことをする時間もありません我々には。

だから、例えば自分がする、井上がする、というところを目の前でやり、渡すんです。
ただ、渡す。
で、それには触れないで「さ、映画に行くよ」といって外に出る。
そうすると、まあ「マスクしない!」というファイティングポーズを取る余裕がなくなるんですよね。
問題はもう「映画に行く」に移っている。

ま、そういうような感じですね。
とにかくファイティングポーズを取らせない。
面と向かわない。
着替えろ、と彼の顔は見ない。
けど、自分が着替えながら、「暑いからこっちの半袖を着な」という感じで、ただ渡す。
そうすると、たいがい着替えちゃったりする。

え?と思われるかもしれない。
「うちの子はそんなに簡単には言うことをきかない」という人もいると思います。
でも、そう言われて「ものすごい強敵」と、鳴り物入りでやってきた連中もたいがいこれを続けているとやるようになるんだよな。
あ、一度ではうまくはいかないよ。
行く場合もあるけど。
でも、「こういう場合はスッと言うこと聞いちゃった方が楽しいことあるもんな」と思わせられたら簡単なんですよね。

大事なのは、マスクをすることじゃなくて「自由に外出できる」ということだから。
そこを常に考えて、マスクに闘いの照準を合わせないというか。
マスクの闘いについては避ける。
避けるためにファイティングポーズを取らせない。

ま、そんな理屈でしょうか。
とはいえ、ファイティングポーズを取らせないのは「なんとなくの雰囲気」なので、うまいマニュアルは提示できませんが。






(BGM:REBECCA「London Boy」from「The Best of Dreams Another side」)
→埼玉出身のレベッカ、といって当たっているのか。
とにかくこのバンドは彼女の声がいいのだな。
当時はまったくまともに聞いたこともなかったが、先日ツイートで流れてきた彼らのライブ映像はなんだか鬼気迫る彼女のフロントマンというか、祈祷師のそれというか、なかなか神がかっててすごかった。

kabukiboshuuu.jpg

hatomiiboshuu.jpg
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP