fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

専門的知識よりも大切なこと


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「アストリッドとラファエル」というドラマを見ていまして(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-6319.html)。
ま、先日一度終わったんですけど。
フランスの連続ドラマということで、NHK?でやってました。

これ、主役がアストリッドという自閉症の女性、という設定。
彼女が警察の資料局で働いているんだけど、刑事さん達が彼女の能力に助けられながら事件を解決していくという内容。
刑事さんの一人がラファエルという女性刑事。

ま、自閉症の描き方がこれでいいのかどうか?というのは意見百出かとは思います。
正直、この手のドラマや映画については避けてしまうところもあって。
というのは、「そりゃイイ風に描きすぎ!」と思ってしまうからですね。
でもまあ、時にそう思わずに見られるモノもあって(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5095.htmlhttp://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4232.html、など)。

このドラマ、自閉症の描き方としては、けっこう踏み込んで描いているような気がします。
生きづらさをよく描いている。

ただ、このドラマ、アストリッドを回りが受け入れている、というのがミソ。
なので、あまり彼女を振り回す「アクシデント」だったり「イレギュラー」をわざわざ起こす人がいない。
「意地悪な人がいない」、といったらいいか。

あ、もちろん、事件を扱うから、それ自体がストレスではあるんだけれど、まわりの人がとにかく彼女を信頼し、仲間として受け入れている。
なので、いわゆる自閉症の人が社会とぶつかりながら自分の居場所を探していく、というドラマでなく、居場所を見つけた後の物語、といったらいいだろうか。

そもそも社会にはいろいろイヤな人がいますから、イヤな思いをするわけですよね。
イヤな人、というか意地悪な人というか。
わざわざそんなこと言わなくても、とか。
わざわざそんなことさせなくても、とか。
そういう人っているじゃないですか。

って、まあ自閉症とかに限らず、障害があるなし関わらず上司が部下をいじめる、足を引っ張る、みたいなのがデフォルトの今の日本では、なかなかまず自分の居場所を見つけるのが難しい。
なので、そこが物語のキモになることが多いんだけれど、この話はその先。
だから、見た人の中には、どっか「こんなに上手くいくはずないよ」とか思う人も多いのかもしれないが、俺が思ったのは、単純に「まわりの人が受け入れさえすれば、アストリッドは周りに支えられて仕事もし、居場所もできるじゃないか」という。

だから逆に、「単純に意地悪しなきゃいいんだよ」と。
これは自閉症の人に対して、とかじゃなくて、みんなにそうしたら働きやすくなるんじゃね?と思うわけです。
そういうことを教えてくれるドラマですね。

でね、もう一歩進めて考えるとですね、アストリッドのまわりの人は、「専門家」じゃないんですよ。
研修を受けているわけでもない。
アストリッド自身が自閉症の人たちとのピアカウンセリングをやっているのだけれど、それだけで、周りの人たちが専門家じゃない。
ここですね。

アストリッド自身が、「私はこういうのは苦手です」というのをキチンと話し、それを周りの人が尊重してくれる。
そしてそれは、恐らくアストリッド以外の登場人物に対しても

つまりですね、これ、確かに意地の悪い見方をすれば、アストリッドにチカラがあるから周りの人たちがそれに「あわせているのだ」というのは成り立つ。
なにせ優秀。
いろいろな事件の詳細がアタマに入っているのだから。
そういう意味では、かなり「生産性」というところに傾いてはいる感じはする。
とはいえ、最初はそうだったとしても、それをずっと続けているウチに、彼女の恋愛だったり、色々なことにも彼らは好意的に相談に乗るようになっていく。

彼女と同僚として付き合うことで、彼女を愛していくというか。

これね、俺も経験上あるな、と思って。
つまりは、障害の知識とかもない。
けれども、なんとなく井上たちと飲んだりしていくウチに、なんだかみんな市丸や井上のことを好きになっていってくれてる感じがすごくする。
で、何度も誘ってくれるようになっていく、という。

アストリッドの幸せな感じ(といってもいろいろあるんだけれど)や、市丸たちと回りの人たちの感じを見ていると、専門的な知識よりも、「一緒にいる」ということが大切なんだとつくづく思う。
専門的な知識がなければ彼らと付き合えない、などと思い込むのはそもそも間違っている、と経験的に俺は思っている。

もっというと、専門知識がある人ばかりがまわりにいたら息が詰まる。
時にストレスもある、ハッピーもある。
でも、総じてハッピーくらいかな、でいいじゃないか。
それが人生。
感情が平坦にしかないのだとしたら、それはもう生きてるんだか死んでるんだか…じゃないか、と思う。

アストリッドとラファエルだけれど、シーズン3が終わって、そのうち4をやるとかいう告知が最終回に出ていたので(でも地震情報が出てていつからやるか、のところが被っててわからなかった)、いつかやると思うので、気になったら見て下さい。








(BGM:David Holmes Feat. Jon Spencer「Bad Thing」from「Bow Down To The Exit Sign」)
→こちら、けだるさ全開サウンド。
こういうの好きですね。
なんか好き勝手入れていける感じで。
やる側からすると、こういうのって逆に難しくて、でもまあこういうのやりたいんだけどね、なかなか。

kabukiboshuuu.jpg

hatomiiboshuu.jpg
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP