fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

リーダー


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





まあ、学級委員とか、政治家とか、そういうのには「なりたくないな」と思いますね。
いろいろ「やってもいいかな」と思ったりすることがあったりなかったりしますが、最終的にはやっぱ「やらない」。
むしろ、「やりたくない」という結論になる。

なんでそうなっちゃうのか。
いろいろ考えたんですが、恐らく「リーダーになるのがイヤ」なんだと思うんだよね。
たぶん。

例えば職場のリーダー的存在、なんて言いますが、仕事だけじゃなくて飲み会とかをセッティングしなきゃいけなかったりもするでしょう。
でもまあ、けっこうこれが大変なんだよね。
セッテイングする側が一人。
セッティングされる方はみなさん。
ま、セッティングされる方もきっとそのリーダーに期待をしている。
人望がある、ってことだろうし、いいことなんだけど、一方でこれってかなり孤独な作業である。

時に文句を言われることもある。
けれども、まあ、だからといって文句を言った人が自分の役割をしてくれるわけではない。
文句を言う方も、まあリーダーの人望は信じている。

この時に問題になるのは、そのリーダーに自信があれば別にいい。
けど、自信がない場合。
この役割を続けるのにはかなりの孤独感がまとわりつく。

「みんな」という存在は恐ろしい。
なにせ人数が多い。
そして、一人一人には考えがない。
だから、みんなの総意、というモノに一人一人は責任がない。
それに望まれて、みんなと相対する、ってのは、やっぱ孤独だよね。

恐らく、課長とか?係長とか?
会社勤めしたことないから知らんけど。
きっとまあ、みんな辛かろうと思う。

だから、そういうリーダーに「自分はなる!」って手をあげるのって、なんだかよくわからない。
というか、正直、気が知れないところがある。

ま、自信があるのならいいんでしょう。
例えば政治家だったら信念とか、そういうのかな。
よっぽどでしょう。
ま、頭が下がります。

でも普通はそんな自信ないじゃない。
集団、まあ会社でも何でもリーダー格になる人っていると思うけれど、みんな自信があってやってるんですかね。
まあ、信じられないですね。
自分からはどうあっても手はあげられないよな、と思う。

世の中は、リーダー格の人について行かなきゃ、ってブーブー言う人もいる。
勝手なことを言いやがって、という人もいる。
ま、本当にそうなのかもしれないからなんとも言えないが、単純に俺はそっちの「みんな」の方にいたい。
とずっと思ってきた。

とはいえ、中高時代なんかは俺はクラスの真ん中にいたと思います(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-2719.htmlhttp://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-774.html、など)。
だからまあ、リーダーだったと言われればそっちの方だと思います。
そういう生き方で人生が始まっているというか。

でもまあ、この仕事を自分の信念とか思いとか関係なくやらざるを得なくなって、とにかく俺は「みんなでいたい」と思ってきた。
というのは、まったく自信もないし、信念も思いもなかったから。

最近、しかし思うんですね。
にじ屋でも何でも下の子が中心になるようになって、自分はもうあとはなんやかんや去りゆく年代になってきて、リーダーはイヤだったけど、でもまあたくさんの若い人がついてきてくれたりくれなかったりだったのはありがたかったな、と。
「みんな」は本当はリーダーの敵ではなく、リーダーを望んでもいて。
それがいいリーダーにならなければならない、ということに突き動かされることにもなったりして。
リーダーは孤独ではあるが、でも一緒に作り上げるモノでもあるんだよな、と。

俺が感じてきた孤独を、若い子には感じてほしくない。
だから、みんなでリーダーを支えてあげてほしいと思うし、みんなが時にリーダーになっていってもらいたい。

俺はどのみちそんなに信念もなければ、流され流され生きてきたタイプだし、生きていくタイプだと思うんだ。
だから、新しいことにチャレンジしよう、なんて気持ちもなく。
新たなことを初めてまたリーダーになるのはゴメンだし、もうそれはやり尽くした、と自分では思っていて。

なんで、どうですかね。
よくわかんないけど、とにかくまた誰か付き合ってくれたら週末飲みに行くかな。






(BGM:AKIMA&NEOS「かえるのうた (Get On !! Get On !! )」from「Akima & Neos」)
→元MARCHOSIAS VAMPのボーカルの方のバンドなんですね。
そのまんまですね、変わらないグラムへの愛。
なんかかっこいい。
この曲はちょいとふざけてもいて、こういうの好き。

chinnpinn.jpg

kabukiboshuuu.jpg

hatomiiboshuu.jpg
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP