fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

トイレで重要なのは「広さ」


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、よくわかんないんだけど、ってかあまりちょっと論議に入りたくないところもあってわかんないままにしてますが(これを書いているのは7月中盤)。
トランスジェンダーとかなんとかって文脈でトイレがどうしたこうしたというのがありまして。
そもそもまあ、男が女装してまで女子トイレに入りたいという馬鹿げた欲求が問題の底にあるような気がしますが、まあそれは徹底して取り締まるしかないように思います。

で、その問題の核心ではないんですが、よく「誰でもトイレ」というのがあって。
車いす用、だったモノが、誰でもトイレに変わってきているという感じですかね。
まあ、簡単に言うと、やっぱスペースが必要なわけですよね。
車いすの場合。
スペースさえあれば、まあなんとかなる、というところもあるのではなかろうか経験則。
ま、段差はあってはまためんどうなことになりますから、段差もない方がいいと思われるわけです。

ま、これは野球場だとかでも同じですが、車いす用、って、とにかくスペースなんだと思うんですよ。
駐車場でもそうですね。
やっぱ狭いところをひょいと横向きになってすり抜ける、みたいなことができないわけですから。
車いす自体に幅があるから。
だからとにかくスペースなんだと思うんです。
中のいろいろな手すりだとか、そういうのも大事ですが、それも狭いところにあっても意味がなくて、大事なのはとにかく第一にスペース。

で、スペースがあればいろいろ設備もつけられて、例えばちょっと横になれる台とか。
オスメイト対応でいろいろ洗うことが出来る水洗設備とか。
手すりとかもそうですね。
なんでまあ、みんなのトイレ、みたいなことになってきたのだと思います。

それとまあ、これらのトイレはたいがい、というか、まあ個室なんですね。
入れば周りからは見えないし、遮断される空間。
だから、いろいろでしょうが、トイレの時間にそういう空間が必要な人には使ってもらう、いいと思いますよ。

あ、蛇足ですが、よくイチマルが困った状況になったときに一緒に入ることもありますね。
困った状況寸前、という場合とか。
広いので、まあいろいろ役に立ちます。
ありがたいことで。
それにまあ、あまり人に見られたくない失敗ですし。

だから、こういう個室状態という場所は必要だな、と思ってはいて。
みんなのトイレ、というのは、なんかちょっともっといい言い方はないかとは思うけど、まあ現実問題必要だと思います。

でね、時々思うのは、例えば男子トイレ、女子トイレの一カ所がスペースが大きくなっていたらもうちょっと広がるのではないか、ということなんですね。
たいがい、こういう「みんなのトイレ」は多くないですから。
なかなか空かない、とか。
その場合、まあもう一般の男子トイレに突っ込んで、例えばそこで済ませられるような場合はすます、ということもありました。
経験則として、尿器とかを使っている場合は、まあそれですんじゃうところもあって。
むしろ、そうじゃない「閉鎖した状況が必要」な人に譲った方がいいだろう、というようなこともそこにはあったりします。

でも、まあイベント会場だとかもそうですが、たいがいもうトイレは大行列なんですよね。
プロレスでも野球でも。
だからどうしたって、施設側としてはスペースがあるなら一つでも多く便器を設置したい、ということになるんでしょう。
まあね、イベントとかだと、休憩時とか、トイレの時間は重なりますから。
しょうがないところもあるのかもしれないけど、でもトイレの問題は急を要しますよ。
一刻の猶予もならん、ということもあります。
じゃあトイレをたくさん作ればいいかといえば、まあいいんだけど、休憩時以外は使われないわけで、施設側はそこは売店にしたかろう、というのもわかります。
この辺、なかなか難しい問題なんですけど。

だから、スペースを大きくしろ、というのはなかなか難しいのだろうというのは想像に易い。
スペースを大きくするというのと、売店の面積が小さくなる、というのは資本主義の観点として後者の問題が勝ってしまう。

とあるイベント会場では、直角の壁の片方のぴっちりに男用の小便器、もう片方にもぴっちりに小便器、というのもあったりして。
いやいやいや、どのみちそれは両方は無理だぞ…、という。
でもまあ、とにかく「多く作れ!」ということで、何も考えないでそうしたんでしょう。
ってか、まあ増築の結果だったのかもしれないが。
って、だとしてもなあ…。

ま、だからみんなのトイレを増やす、というのも一つ当然必要だし進めて欲しいが、同時にやっぱトイレ自体の全体のスペースだよね。
そこを確保していかないとやっぱダメなんだろうな、「みんなのため」にはなっていかないよな、とか思ったり。







(BGM:夏川りみ「てぃんさぐぬ花」from「南風」)
→中学の時、これを繰り返し聞いていた時期がありまして(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-432.html)。
それだけに思い入れがあるんだけど、ま、これは完全に彼女の歌ワールドですね。
アレンジなのか、沖縄よりも東京に近い感じも感じたりして。
洗練されてるっていうのかな…。

chinnpinn.jpg

kabukiboshuuu.jpg

hatomiiboshuu.jpg
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP