fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「総長聞いて」


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





暴走族というのは、まあどうですか?
身近な存在だった、という方はそんなに多くないと思うのですが。
俺はまあ、千葉の湾岸の方に住んでいたので、けっこういましたよね。
って、まったく暴走してませんけど、原チャリには高校の時から乗ってましたけど、まあああいう縦社会的なところには全く所属したくなかったし、けっこうもう俺の時代から暴走族は「遺物」になりつつあったと思いますね。
実際に出会うと確かに怖いけど、でもどっかで「だせえ」と思っていたハードコアパンクスだった高校時代。

ま、ケンカやって勝てる気はしませんでしたよねいくらなんでも。
すげえ数多そうだし、武器持ってそうだし、なんならそこで勝っても後が怖いし。
ってか、勝てないって。

てなことで。
「特攻服少女と1825日」という、比嘉健二さんが書いた本を読みましてね。
比嘉健二さんと言えば「GON!」ですね俺としては。
きっちり買ってましたよGON!は。

で、彼はその前に「ティーンズロード」という、暴走族の女子版というか、そういう雑誌をやっていたんですね。
ま、ティーンズロードというのはもう符丁になってるというか、「それ、ティーンズロードじゃん」みたいな。
そのくらいの感じがあった。
ヤンキー風女子には、「お前ティーンズロードかよ!」とツッコんで正解、みたいな。

それくらい勢いがあった印象だったし、世の中にもそれなりに名前が浸透していたともいえる。
エンタメ雑誌としてはもうすごいことだと思う。
「ティーンズロードだろ、知ってるよ」という人も多いでしょう。

とはいえ、その中身は実はよく知らない、という人が大多数ではなかろうか。
ましてや、そこに登場する女の子達に至っては、もう知らんがな、と。

これを呼んで俺も初めて知ったのだけれど、全国のいろいろなレディースチーム(暴走族の女子版のことをこう呼ぶ)を取材し、彼女たちがきっちりと顔を出し、きっちりと語っているのであった。
その中ではこの雑誌に出たことで人気が出た総長とかもいたりしたらしい。
この本の中では、そうした人気者だった女の子だった彼女たちのその後も描かれている。

面白かったのが、人気のあった別々のチームの総長的な子を三人集めて写真撮影をしようとした企画の話。
ってか、もう写真撮影までしちゃうわけ。
そのくらい彼女たちのタレント性がすごかったんだと思うんだけど、まあそりゃそうか。
十代の女の子達数十人、いや、百人とかを束ねるわけだからね。
そりゃすごい魅力のある人だったんでしょう。
それが紙面からも伝わった、と。

で、その撮影、やっぱ別々のチームを集めた、というのがもうダメじゃん冷静に考えれば。
だって、それって一触即発なわけで。
「とにかく衝突しないように」と大人たちが気を遣って彼女たちに接しながらも何とかかんとか撮影を終えた、という話がなかなかね、面白い。
だって、そもそもそんな企画出しますか?ってことでさ…。
危なすぎるという。

ま、こういう本はどっか彼女たちを讃えて、雑誌のことも讃える感じになるかと思うんだが、やっぱ功罪というか、バッドな面もあるわけよね。
というのは、雑誌で紹介されたら、隣町のチームに潰された、という話とかもあって。
なんならもうレディースの人たちの購読率が100%なわけですよ。
だからそういうことも起きる。
なんなら、ちょっとこの雑誌に取り上げられることがステータスになってしまうからね。
で、「こいつら生意気だ」って抗争のタネになる、という。
その辺のこともつまびらかに書いてあって、なかなかよかったな。

まあ、この世界を一度通って、その後みなさん色々な人生を歩んでいるわけだけれど、確かにたくましい。
とはいえ、別にそれはレディースにいたからというよりも、そもそもその前から素質があったようにも思える。
というのも、レディースの鉄の掟みたいなモノをしっかり守り、それを「モノにしている」のである。
そりゃ、どこの世界でも通用するであろうし、そもそもそれをしっかり守りモノにした時点で一歩抜きん出てる感じがある。

暴走族がいいか悪いか、というのは何とも言えない。
言えないが、比嘉さんが書いているように、好き嫌いで言えば、暴走族がいる世界の方が俺は好きだ。
世の中とうまくやっていけない子たちのある意味「受け皿の一つ」になっていると思うから。
そうじゃなければ、彼女たちはどっかで爆発していたかもしれない。
無敵の人になってしまったかもしれない、と思う。

漂白された世の中は生きづらい。
やっぱりはみ出した部分、汚い部分、というのはあった方がいい。
いや、なかったら、世の中がどんどん窮屈になる。

この雑誌、多くのレディースじゃない女の子達の悩みの受け皿にもなっていたという。
その悩みに総長が答える、なんてコーナーもあったという。
つまり、暴走族にはなれないが、どこか憧れている子、生きづらかった子はたくさんいたということである。
「総長、聞いて」、「総長のように、踏み出したい」という。

それはまさに世の中への子どもたちなりの答なんじゃないか。
窮屈で生きにくい、と彼女たちは言っていたのではないか。

ま、レディースに入ったらはいったで、正直規律はあるし厳しい。
でも、「私の話は聞いてくれる」。
プラス、はみ出した者たちの「連帯」とでも言うようなこともあるんだろうと思う。

というようなわけで、ティーンの女の子を取り巻く状況は果たして今、どうなっているだろう。
「大人が悪いことをさせるように仕向ける仕組み」がどんどんできあがってはいないだろうか。
彼女たちは、自身のチカラで、ま、いわば自治みたいな形で自分の居場所を作っていた。
今はどうか。
暴走族を取り締まり、漂白された社会を作って、結局彼女たちは「それを利用する大人の手によって」悪い方向に駆り立てられてるのではないか、と思う。
確かに暴走というのは褒められたモノではないかもしれないが、彼女たちから連帯と自治を奪ったという意味で、やっぱり今の世の中は罪深い。







(BGM:Modaji「Into Something」from「Modaji」)
→西ロンドン発、ということで。
ま、その辺はよくわからないのだけど、いわゆるフュージョン、ソウル寄りかな。
ハービーハンコックのフィーツあたりの雰囲気と言ったら怒られるのか。
こちらボーカルがフューチャーされた一曲。
kanukibochu.jpg
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP