fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

科学的な根拠とは何か


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら




反ワクみたいな人達ってのがいますけど。
「そもそもコロナなどない」などという驚くべき論理殺法を繰り出してくる人達すらいる。
そう思ってしまう根拠がよくわからないけど、まあ皆さんそれぞれに根拠がある。
…と思っている。

ま、コロナがあるかどうか、ということになると、これは科学、医学で証明されなければならないわけだ。
で、じゃあ科学的根拠とは何か、ということになる。

彼らがよく言うのは、まあ海外の報道にあった、とか。
そういうのが出てくる。
でも、報道は科学的根拠があるとは言えない。
報道で「大日本軍は連戦勝利を収めています」というのが数十年前の日本にあったわけだけれど、それは嘘であった。
ま、つまりは報道は少なくとも「科学的」根拠とはならない。
科学者がどういったこう言った、というのだったら根拠になるだろう、と思うかもしれないが、それはあくまで一科学者の意見であって、科学者の総意というか、科学者一般が認める見解とは限らない。
なので、報道をそのまま科学的根拠というのはそもそも無理がある。
そもそも報道とは、その時々で大衆が必要としてる情報を出しているわけで、科学的に正しいことだけを報道するわけじゃない。
「こんな説もあります」ということだって報道する。

では、裁判所が判決で認めた、というのはどうだろう。
ま、これなら真実に近い気はするが、裁判は人と人のいろいろを調停するところであって、科学的に判断する場ではない。
人と人の諍いをジャッヂする根拠はなにも科学的な根拠ばかりではない。
ま、国家を相手取った裁判であれば、その判決は国の方向性を一つ表すものだとは思うが、それは科学的な根拠に拠るわけではない。
為政者が持っていきたい方向に判決は下されているってことも考えなければならない(本来そうあっては欲しくないが)。
そうなれば、支配層が入れ替わればそれはまた変わるかもしれない。
そういうモノを科学的とは言わない。

政権がこうします、ってのも科学的根拠にはならない。
というか、科学的根拠に則ってコロナ政策を立てて欲しいとは思うが、今回の第五種にするという判断も、どっか医学界からは異論も噴出している。
なんで、医学的には根拠がないのだろう。
政治が言うことは「そういう社会にする」「したい」、ということであって、科学的な根拠にはならないよね。

ま、やっぱキチンとした学会で発表され、多くの医者が論議をし、多くが納得するモノが科学的根拠ということになるわけだけれど、そもそもまあこの科学的なこと、ってのも時代が過ぎればまた変わったりはしますわ。
だから、「絶対」ということではない。
けどまあ、今の時点での「絶対」ということではありますね。

コロナがあるない、というようなことはまあ暴論だけれど、だとして、そのうち「コロナはなかった」というコトになる可能性は無くはない。
でも「無くはない」だけであって、これに関してはたぶんないけど。

マスクにしても、マスクをしてたらコロナが増殖する、というのも謎論理で。
少なくともマスクにウイルスがついたというならコロナを防げてるでしょうに、とも思うのだけれど。
多くのまっとうな医者はやっぱりマスクを推奨しているように見えますが、俺には。

ま、医者の中にも「コロナはない」とかいう人はいます。
何度も書いているけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5884.htmlhttp://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5607.html など)、彼らの多くが「波動」に飛躍しているコトが多い。
「物質などない。全ては波動だ」というような。
そしてテスラ缶(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5727.html)などを売って儲けているように俺には見える。
つまり、科学的な根拠というより、商売を成り立たせるために彼らは「コロナはない」「物質はなく波動である」と言ってるように見えるのだ。

つまり、彼らが言う「コロナはない」が何を根拠にしているか、をしっかり見極めた方がいい、ということなんです。
ある医者が言ってるから、ということだけで信用してしまうのは、そもそも医学を信用しすぎですよ。
コロナがない、というのは、多くは西洋医学の否定、医学を疑う、から始まってると思うのだけれど、大多数が認める医学を否定、疑いたいための行動が医学を信用する結果になるとは皮肉です。

がん治療でも近藤論理を信じちゃってる人もいるんだけど、確かにあれは現状の医学界を疑いたい人達には大歓迎されるだろう。
けど、だからといってがんを治療しない方がいい、などというのはおかしな話だ。
治療しなければ治らないではないかそもそも。

知り合いの薬会社に勤めている人に聞いたが、今やガンは治らない病気じゃない、と。
って場所にはよるけどね、とは言っていたが。
とはいえ、例えば前立腺がんとかってのは比較的完治しやすいものになってる、と言っていた。
医学も進んでいるのである。

というようなわけでね。
何が言いたいかというと、第一次資料に当たりましょう、という。
その人が何を根拠に言ってるかをきちんと見た方がいいよね、という話でした。






(BGM:Carole King「You've Got A Friend [Live]」from「In Concert [Live]」)
→名曲。
ピアノバックに歌い上げる感じもまたバツグンにいい。
客の合唱がまたライブの醍醐味。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP