fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

司会問題


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら




先日、リオの娘さんの演奏を見に行ってきたんです。
吹奏楽をやってるということでね。
最近は、そういうの、小学生からやるんですね。

ってか、よく思い出すと、俺は小学校の高学年の時、器楽クラブだったな。
ユーホニュームという楽器をやっていた。
その後まったく吹奏楽には手を出していないが、その時の記憶とかがあって、多少の運指とかもわからなくはなかったり。

やっぱね、小学生の頃ってすぐ覚えるんだよね。
そしていまだに、シャープとかフラットとかじゃなくてドレミファなら指の動きくらいは出来るし、金管なら多少吹ける。
そんなこんなで、金管バンドの演奏とかはどっか興味もある。
加えて、子どもたちの練習の成果、みたいなのを見るのはけっこう好き。
その流れで、応援団の練習の成果も好きなんだけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-6598.html)。

金管バンドの演奏はドラマチックである。
彼らの練習の成果がドラマチックというのもあるけど、音楽自体もドラマチック。
ホーンの迫力というのは、例えば同じ音がシンセサイザーで再現出来たとて、ホールで聞くのはまったく違うものであるはずだ。
息づかいだったり、力強く吹く時の姿勢、そんなモノが迫ってくる。
だから好きだ。

それと俺が好きなのは打楽器である。
いわゆるパーカッションといわれる。
ティンバニーから木琴的なものからシンバル、タンバリン的なモノ、トライアングル、銅鑼などなど、まあいろいろあるワケだけれど、これ、けっこうどの学校も複数の楽器をかけもちしている。
メンバーが少ない学校では、もうティンバニーから木琴まで走っている学校もあった。
なかなかどうして、トライアングルとかって軽く見られるけれど、すごい感動を盛り上げるのはパーカッションだったりするのよね。
その辺が俺は好きで、ものすごくパーカッションに目が行ってしまう。
自分がそもそもドラムが好きだった、というか叩いてた、ってのもあるかもしれない。

で、まあそれはいいんですけど。
小学生や中学生とかの演奏会ですからね。
一応、司会の人がいるんですが。
ま、こういうイベントには付きものですね。
司会の人。

演奏が終わって、まあ学校の入れ替え、つまりは楽器が入れ替わるわけですから。
なんやかんや時間がかかる。
その合間で生徒さんに話を聞いたりして、いいところで「次は○○小学校です」みたいなことになるんだけど。

これがね、いや、こういう言い方はなんだが、下品なんだよな…。
下品というか、自分も吹奏楽をやっていたんだと思うんだけど、「どういうところが大変だった?」みたいな、答えにくい質問をして生徒が詰まると、「やっぱりみんなと合わせたりするところかな?」みたいな答を先行しちゃうのね。
「そうよねえ」みたいな感じとか、時に子ども相手だから「○○じゃない?」とかって、急に友だちめいたため口になったり、という…。
なんかこう、視点が定まらないというか。

プロの司会者だと思うんだけど。
これ、よくこういうイベントだと司会の人がいるけど、たいがいこのタイプなんだよね。

いや…。
下品ではなく、可もなく不可もない、というのが正解かもしれない。
主張がない。
ま、司会に主張があっても困るワケだが、といって、「ねえ~そうよねえ~」みたいにインタビューイに媚びる感じがたまらなく見てられない。
そう言われれば、答える方は「そうなんです」と言わざるを得ない。
しかも相手は子どもである。
その上、司会者と答える生徒にそもそもなんの信頼関係もないわけで。
この「上っ面」のインタビューというのがもう聞いてられず。
しかもなんだろう、その「ねえ~」っていう声色が恐ろしくなんだか空虚という…。

ま、俺だけなのかもしれないけど、ってか、一緒に行ってたアキもそう言ってたけど、俺たちだけなのだろうか。
この、「すぎる上っ面」への嫌悪感って。

まあ、どこのイベントに行ってもこのタイプの人が司会をしていたりするから、需要はあるんだろう。
ってことは、嫌悪感をもたない人が大多数と言うことなのかもしれない。
ってか、「こんなもん」という「部類」として、みなさん許容しておられるんだろうか。

俺はちょっとツラかったよ…。
演奏がよかっただけに、なんかね。
ま、かといってどうしたらいいってのが浮かぶわけでもない。
生徒だけで話させるってのも違うし、かといって先生にインタビューさせるのも違うしな…。
困ったなあ…もういいや、去年の司会者に頼むしかないか…。







(BGM:단편선과 선원들「Ball」from「大韓不法集会」)
→アコギ+バイオリン風のイントロから、ルーツロックというか、そんなリズムで曲は進む。
が、ボーカルのアクが強くて、なんだかリズムというよりも「言葉を聞かせるバンド」なんだな、と言うことがわかる。
とはいえ、韓国語なので何を歌ってるかはわからない。
間奏の拍子が変わったり、曲は凝ってる。
しかしこの声、ハマる…。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP