fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

敬語を使わないすごさ


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、ハルナが産休明けで復帰するということで。
本当は4/1に来るはずが、三人の子どもが相次いでコロナになったり、インフルになったり。
で、先日来たわけだけれど。

…そうなのよね。
一人が学校でもらってくると、そりゃ次々なっちゃう。
で、治ったと思ったら今度は自分が…という。

なんか自分も三人の子どもがいっぺんに保育園、ということもあったけど、どうだったかなあ…。
なんかもう忘れちゃったんですが、そんな感じだったよな、とはぼんやり思い出す。
俺の場合は、まあ当時の妻と交代交代ができたんでまだあれだったけど、今はコロナとかもあるから、なんなら濃厚接触者ということになっちゃうから、交代交代言うても、仕事自体にも行けなかったりもするんだな。

しかもいろいろな感染症が学校とかで流行ってるらしく、なんか当時と今はなんか違う感じもしたり。
今の方が大変だよね、なんか。
当時はけっこうインフルとかも熱下がったら平気で学校行かせてたりしたし、ってか、今思い出したけど、たいがい俺はうつらなかったしななぜか。
濃厚接触者なんて言葉もなかったし。

てなことで。
まあ、それはいい。
子育ては大変だ、ってことですよね、うん。
誰もがご存じのことだとは思います。
思うが、その辺が全く改善されないどころか、俺の時代より今の方が現実問題大変だなんて、やっぱどっか少子化に歯止めはかからんよな、と思います。

で、ハルナと久々に会って思ったんだけど。

彼女はとにかく敬語を使わないんですよ。
意識してるわけじゃないと思うんだけどね。
そういう意識が出来る子でもないんで。
ナチュラルにそういう人なんだろうと思います。

たいがい俺には敬語使う人が多い中、ハルナだけはなんか使わない。
ため口。

そもそもなんかハルナって、なにも出来ないんですよ。
いや、なにも、ってことはない。
沢山のことが出来るが、沢山のことが出来ない、みたいな。
しかも世の中のことをよく知らない、というか。
竹輪は魚のすり身でしょ?ってことも知らないという感じの。
じゃあ竹輪って何だと思ってたんだよ?と聞けば、「竹輪でしょ?」みたいな。
けっこうヌケ作君というか、そういう面もあって。
つまり、愛らしいヤツなんですよ。

その上敬語を使わない、という。
これね、なかなかの才能ですよ。

でも、思ったんですよね。
むしろみんな敬語やめたらいいんじゃなかろうか?みたいな。

いや、というか反省しましたよね。

俺がね、やっぱ敬語使ってるんですよ普段。
そりゃイチマルたちの前で若い子と話すとかはほぼ演技がかってるし、それにまあ、飲みに行ったり、という場面ではさすがに敬語では話さないが、若い子には普段の会話では、なにかっていうと敬語使ってるところがある。
「●●できますか?」とか。
「飲みに行くんですけど、お時間あったら来てもらいたいんです」とか。

ま、それも悪くない。
丁寧に言ってるわけだし、俺としては「命令にしたくない」という思いもあります。

でもやっぱ、それってどっか「壁作ってる」のかもしれない、という。
ハルナと久しぶりにあってそう思ったりして。
確かに、何だろう、ハルナのあの感じ、いいよな、ヌケ作なのになんか物怖じしないし…、とは思っていたんですけど、その理由の一つは「敬語使わない」だったんだな、と思いまして。

つまり彼女には壁がないんですよ。
一つのこと、例えばにじ屋だったり、イチマルたちに対したりってことの中で、俺もハルナも同じなんですよね。
立場はもちろん違うが、それぞれの立場で立ち向かっている、という。
立ち向かってる、という一体感が大事なんであって、立場の違い、ってのは二の次じゃん、という。

無理に乱暴な言葉を使う必要もないし、ってかそれサイアクだからそれはナイけど。
そうじゃなくて、「ナチュラルに敬語を使わない」って技法を彼女から学びたいし、若い子にはマネをしてもらいたいな、と思ったりしている昨今です。













(BGM:タイガー・ジェット・シン、浅野起州「早口言葉なのだ」from「BEST HIT I.W.A.」)
→これね、もう二人で早口言葉をやるだけという。
…タイガージェットシンといえば、アントニオ猪木さんを東京・新宿伊勢丹前で襲撃する事件を起こしたことでも有名である。
悪役中の悪役。
いや、月日は巡るし、人の心は月日の中でどんどんネイクドになっていくのだと言うことを実感出来る一作。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP