FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ジャパンツアー④「猛毒天国」 アナタにも来て欲しい!

スーパー猛毒ちんどんライブ・ジャパンツアー第4弾
『猛毒天国』
with【RAN-TIN (ランチン)=ランキンタクシー&ノダチン】
 

日時:7月21日(土) 17:30開場/18:00開演   詳細はこちらをクリック!
ジャパンツアー4フライヤー表

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!

映像ディレクターの中村氏による我々のドキュメンタリー映画「凸凹にふくらんだ風船」無事完成!
映画の予告編はこちら
各地で上映会も可能かとも思いますので、詳細は監督の中村さん(オフィスラムカーナ:連絡先090-8726-4722)までたずねてみて下さい。

お知らせ&募集などはこちらをクリック  ツイッターは「@SMChingDongSATO」




というわけで、ウチのバンドのライブで、「親がたくさんいるのではないか」という予想をされている方がいたら、かなり間違ってます。
いないですね。
一人二人いる可能性はありますが、基本的にウチの親たちは「ああ、その日にライブなんだ…」という認識であることが多い。

だいたい、一人暮らしのヤツが多いということもあるけれど、家に帰ってもこっちでの出来事はほとんど話さない、と言うヤツが多い。
これ、中学生ですね、一般的に言うと、中学生の感じ。
小学校の時はいろいろ話してくれたけれど、中学になったら、学校のことなんかぜんぜん話してくれないからわからない、という、アレ。
もちろん、ウチには連絡帳なんていう、保育園のような大人をバカにしたモノはないから、親も知らないまま、ということは容易に想像できます。

まあ、呼ぶ時もあります。
デカイ会場だったりする時は、「たまには見てもらおうか」みたいな話になることがあります。
ただ、その場合は、招待券を出します。
親に金を払わせる、というのは、絶対にダメだから(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1643.htmlなどなど)、ご招待するしか方法がありませんね。
ただまあ、今やってる「ジャパンツアー」は、やりやすくて素晴らしい会場なのですが、唯一の問題が「狭い」ということなので、招待券を親に出すような余裕はまずありません。
だから、来てもらうと困る、というのが我々のスタンスです。

それに、余計なんですよ。
ウチの子ウチの子になって、学校の文化祭のようになってしまうのは、カッコイイロックバンド(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1652.html)のやることではない。
だからやめて欲しいんですけど、親によっては見たくてしょうがないという人もいて、正直困っているところであります。
どこまで小学生気分だ、と。

それにね、やっぱ俺の頭の中には見せ場みたいなモノはあって、ウチの子の見せ場が少ないとか、ウチの子が動いてないとか、そういうのって余計なんですよ。
そんなこと関係ないでしょう。
見ている人にとっては、今、見せ場のヤツががんばればいいのであって、見せ場がないヤツは普通にやってればいいんです。
それはステージを設計している俺の裁量の問題であって、そこに俺は親の意見は絶対に入れません。
必ず、カッコイイステージにする、というベクトルと、親の「自分の子が云々」というベクトルは、全く真逆になってしまうと思っているからです。


話変わりまして、そして、俺は他の障害者団体の方にはたくさん見に来て欲しい。
特に、井上達の同級生であろう、知的障害者のみなさんにはぜひ来て欲しいと思っている。
自分が、どれだけかっこよくなる可能性があるのかを、市丸を見て感じてほしいと思うからだ。

キミはだめじゃない。
かっこよくなれるぞ!。って。

ウチのステージにたくさんの知的障害者のみなさんが殺到して熱狂した時には、その後、バンドに入りたいという人がこれまた殺到した。
これがまあ、普通の感じだと思うんです。
でもね、親や作業所の職員にしてみると、「寝た子を起こすな」ってコトらしいんですよね。
かわいそうですよ。
本人はのっていてやりたがってるのに。

また今度詳しく書くけれど、どこぞの親の会では、「エロ本を子どもに見せるな」ということを積極的にアピールしているところもあるらしい。
子どもって、40過ぎですよ。
18歳未満に見せるな!は、当然積極的に俺もアピールしていきたいですが、それ以降の人間に「見せるな」というのは、やっぱりどっか歪んでいる。
っていうか、だいたい、みんな親の金を盗んで買ったりしてるんだけどね、結局。
なにも知らないのは、その親の方ですよ。


こういう状態で、この親のエゴに異を唱えるコトができないでいる、多くの他の作業所の職員のみなさんは、かなり苦しんでいることもあるでしょう。
苦しみもしないで、彼らを「オナニーもしない、自分とは違う人種」と割り切ってつきあってる人もいるかもしれません。
正直、こういう職員の方が親のウケはいいでしょう。
俺は、こういう人たちのことを、「原子力ムラ」になぞらえて「障害者ムラの人たち」と呼んでいますが、この「障害者ムラ」の人たちにも、俺は見て欲しい。

毎日同じ状態で帰すことがアナタの仕事?。そうじゃないよ。
誰だって、かっこよくなりたいって思ってるんだよ、って。
アナタと同じように、知的障害者の連中も、親がうっとおしい時が来て、仲間の方が大切になる時が来て、とにかくセックスがしたくてしょうがなくなる時が来るんですよ、と。
そして、それは今かもしれない。
なのに、それを無視して、それをおさえていることは動物的に不自然であって、どっか爆発しますよ。
毎日毎日少しづつ変わっていく自分を、しっかり自信をつけさせて、人生の前を向けさせることがアナタの仕事ですよ。

それを、このステージで見せる自信があります。
というわけなので、障害者ムラの住人のみなさん、ぜひ来て下さい。
そして、率直な感想を、聞かせて下さいな。

スーパー猛毒ちんどん愚民政策17


関連記事→http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1554.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1565.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1599.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1553.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1624.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1632.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1644.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1652.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1653.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1658.html


にじ屋ブログが最近なかなか面白いぞ!みんながんばって書いておるようだ。虹の会本体HP「NIJIROCK.COM」からどうぞ!

(BGM:VSK「会いたかった」from「GOD SONGS」)
→AKBの「会いたかった」をビジュアルでやるとこうなるという。
ま、それだけの作品ですけど。
この曲は、なかなかよくできているな、と思いますね。
ま、それだけですが。
スポンサーサイト



<< 07/18のツイートまとめ | ホーム | 言い切りましたなあ~ ★ スカイマークの「サービスコンセプト」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP