FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「発達障害で求刑超え懲役20年判決」 について

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!

映像ディレクターの中村氏による我々のドキュメンタリー映画「凸凹にふくらんだ風船」無事完成!
映画の予告編はこちら
各地で上映会も可能かとも思いますので、詳細は監督の中村さん(オフィスラムカーナ:連絡先090-8726-4722)までたずねてみて下さい。

お知らせ&募集などはこちらをクリック  ツイッターは「@SMChingDongSATO」




いつかこんな判決が出ると思っていた。

産経の記事。
大阪市平野区の自宅で昨年7月、姉=当時(46)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職、大東一広被告(42)に対する裁判員裁判の判決が30日、大阪地裁であった。河原俊也裁判長は、犯行の背景に広汎性発達障害の一種、アスペルガー症候群の影響があったと認定した上で「家族が同居を望んでいないため障害に対応できる受け皿が社会になく、再犯の恐れが強く心配される。許される限り長期間、刑務所に収容することが社会秩序の維持に資する」として、検察側の懲役16年の求刑を上回る同20年を言い渡した。
(発達障害で求刑超え懲役20年判決 「社会秩序の維持に」産経新聞 7月30日(月)20時39分配信)

簡単に言えば、「何するかわからないから、社会秩序のために隔離」ということだ。

もちろん、これに関しては反論も多かろう。
同じく産経は後追いでこんな記事も。

発達障害に詳しい六甲カウンセリング研究所の井上敏明所長(臨床心理学)は「アスペルガー症候群だからといって、すぐに再犯に走るわけではない。発達障害には家族など周囲の理解が必要だ。単に刑務所に長期収容するだけでは何の解決にもならない」と批判した。

もちろん、こういう反論も。

元最高検検事の土本武司筑波大名誉教授(刑事法)は「責任能力に問題がない以上、刑罰を決めるにあたって最も重要な点は社会秩序の維持だ」と強調。「検察側の求刑が軽すぎた。裁判員の判断の方が常識にかなっている。裁判員裁判を導入した成果といえるだろう」と述べた。
(発達障害で求刑超えた判決 「国民感覚に沿った判決」「すぐに再犯に走るわけではない」評価分かれる 産経 2012.7.30 23:31 )


つまり、「世論は隔離に賛成している」という見方もある、ということだ。


俺は、ずっと「知的障害者に対する犯罪に対して、世論は厳しくなっている」という話をしてきた。
だから、「絶対にウチの仲間に犯罪を犯させてはならない」と。
もちろん、「軽ければやってもいい」というわけではない。
オレが言いたいのは、「知的障害者であるから、この程度は許されるはずだ」という「思いこみ」はもう通用しない、ということだ。

前に、「知的障害者に痴漢されたらどうしますか?」という文章を書いた(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-773.html)。
もちろん、俺は厳罰に処するべきだと思っている。
でも、それはあくまで「知的障害者は痴漢するから隔離」を指してはいない。


多くの人は、知的障害者のこだわりが消えない、と勘違いしている。
それは違う。
その取り組みをこそ、きっちり毎日の実践の中から産みだし、交流し、共有し、より確度の高い取り組みを生み出さなければならない。
果たして、そういう連携が今とれているかというと、それは俺のわかる範囲ではあまりない。

知的に障害があろうがなかろうが、ダメなことはダメだと教えなければならない。
そうでなければ、こういう判決は今後も増える。
道行く女性の袖を引っぱり続けてニヤニヤわめいているヤツがいたら、それは、「社会の驚異」として、隔離される。

だからといって、障害を否定しているわけではない。
そうじゃない。
世の中に脅威を与える「こだわり」は抑えていくための方策を自分たちはしっかり考えなければならない、ということだ。
「女性の袖を引っぱるこだわりがあるということをわかって下さい」というだけでは、もう世の中の多様性には対応できない。


ダメなことはダメ。
これは、簡単なことなのだ。
けれども、今まで、多くの親や関係者が「この子の障害を理解して下さい」というだけの運動を続けてきてしまった結果、逆説的に「では、それに対して恐怖を感じてしまう人はどうなるのだ?」ことを突きつけられている。
つまり、こうやって、市民を二分してしまう形になってしまっている。
これは、障害者運動が目指してきたモノではないはずだ。


今、自分たちは、世論をも相手にしなければならない。
もちろん、敵対ではない。理解を求めるわけだが、それには、こちら側の努力が不可欠だ。
ただただ「この子のことをわかって下さい」は、もう通用しないのだ。


関連記事
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-995.html
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1104.html



にじ屋ブログが最近なかなか面白いぞ!みんながんばって書いておるようだ。虹の会本体HP「NIJIROCK.COM」からどうぞ!

(BGM:四人囃子「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」from「一触即発」)
→俺はまったくリアルタイムではありませんが、このプログレ感には今聞いてもヤラレます。
特に、この曲は、なんでしょう、「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」という日本語が、あまりにも自然にメロディにのってきまして、「ロックに日本語はあわない、なんていったヤツは誰だ?」って気分になります。
これはシングル発表だったようで、組曲感という意味ではイマイチ食い足りませんが、それでも壮大な夕暮れ空が頭の中に浮かんできます。
スポンサーサイト



<< 08/01のツイートまとめ | ホーム | 07/31のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP