FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

大人のすべきこと

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック
ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 



車に乗った時に、俺が運転で、助手席のヤツがシートベルトをしてない場合。
例えばそれがイチマルだったり、カイだったり、ノブだったり、そういう場合。
まあ、本人としては、なんだかんだ忘れちゃってるだけなんだけど、そういう場合に、なんて言うか。
俺は、「シートベルトしたら?」と言うことにしている。
「シートベルトしてないと、誰かにぶつけられたりした時に、車からほおり出されて死ぬよ」と。
これはウチの子どもでも同じです。

何を言いたいかというと、この時に、「警察に捕まっちゃうからシートベルトしろ」って言っちゃ、絶対ダメだと思うんですよ。


助手席の人がシートベルトをしていないと、運転者である俺が罰金ということになります。
そして、事故というのは、もちろんいつ起こるかわからないけれども、そうそうない、というのも現実です。
だから、シートベルトが「警察に捕まらないためのモノ」になってしまうのは、わからなくはないんです。

でも、やっぱりそれは言っちゃいけない。

シートベルト、というのは命綱のようなモノだから大切である、という、まあそれはそれで一つのアレですけど、ここでもっとも重要なのは、「見つからなければいい」ということを植え付けてしまうと思うからです。
逆に、親が、例えばイチマルにとっては、俺という「親も同然」の存在が、「警察につかまっちゃうから、シートベルトしろ」、ともしも言ったとしたら、やっぱり、がっかりしちゃうんじゃないか、と思うんです。
「あ、うちの親は、捕まらなかったら悪いことしてもイイと思ってるんだ」ということになっちゃわないでしょうか?

考えすぎでしょうか。
いや、これはなにもシートベルトだけのコトじゃありません。

自転車の二人乗り、自転車の飲酒運転、などなど、今や自転車も昔のように道路を我が物顔で乗れる感じじゃなくなってます。
これは、いろんな事故を踏まえて、社会が決めたことです。
社会とは、大人である自分自身でアリ、俺でもあります。
だから、それを「見つかっちゃうからやめろ」ってのはおかしいでしょう。
矛盾しています。


まあ、世の中、高校を卒業して19歳だったとして、それで酒を飲んでも、「まあまあ、いいじゃないか自分の金なんだし」的雰囲気があったりなかったりですが(少なくとも自分の時代はそうだったけど、今はもっと厳しくはなってると思うけど)、でも、自分はそれはダメだと思うんです。
酒は20歳の誕生日にはじめて飲むべきものです。
そう社会が決めたんだから、いや、俺が決めたんだから、そうすべきです。

いや、こういうことを言うと、お前は20歳前に酒もタバコもやらなかったのかと言われれば、やってましたよ。
でも、それは、もし親がそれを見つければ、教師が見つければ、ぶっ飛ばされる、という前提があってのことです。
親や教師が「見つからないようにヤリなさい」というのは、おかしい、という話をしているわけです。

子どもは大人になりたがる。
だから、それはそれで、子どもの世界の話であって、大人がそこにからんだ場合に、それはやっぱり「絶対に許さない」と言わなければならない。
それが、大人の役割というモノです。

大人、親や教師は、子どもと「友だちのような付き合い」をばかりしていたのでは、その責任を果たせません。
「俺も二十歳前にはタバコを吸っていたから、お前も吸ってイイ」とはなりません。
「お前の気持ちもわかるよ」なんていうのは、正直、何も言ってないのと同じです。
「俺は二十歳前にはタバコを吸っていたかもしれないが、大人になった今、二十歳前のお前が吸うことは許さない」というのが正しい、と俺は思います。

それを不条理だ、というのなら、言わせておけばいいんです。
不条理であろうがなかろうが、大人は、自分たちで決めたことを、子どもに従わせなければならないのです。


もちろん、俺は、大人になった今、自転車で飲酒運転はしません。
シートベルトもします。
それは、「見つかるといけないから」ではなく、「危険だから」です。
そして、それを、きちんとイチマル達にも、すでに大人になった自分の子にも、伝えなければならない、と思うわけです。




相談など気軽にどうぞ。虹の会HPに連絡先などあります。また、今まで断ってきた講演等も、今後は、受ける準備が自分の中で整いましたので、お話あれば連絡ください。

(BGM:ZOA「All Disease Human」from「NG LIVE」)
→あの時代の典型的な感じのアレだけれども、このバンドはとにかくベースラインだよな。
当時、よく聞いたわ。
スポンサーサイト



<< サスペンス風に言うと、「赤い街」 | ホーム | AVの世界では、30歳で女子高生役は普通なのでは…? >>


コメント

そういえば親から「警察に捕まるよ」とか「市役所の人が来るよ」とか、そういう注意のされ方だったなあ、と思い出しました。もちろん、全ての場面でこんなこと言われ続けてた訳じゃありませんが。でもだからですかね、実際に逃げるかどうかは別にして、警察見ると反射的に「逃げなきゃ!」って気持ちになります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP