FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ダメでいい でも、オレにも虹にもコンさんは必要な人である

00スーパー猛毒ちんどん23
10/9(SAT)、18時30分開場、19時スタートで、さいたま芸術劇場でスーパー猛毒ちんどん単独公演を軸としたイベント「殴りあい~せめてオレたちもリングに上げろ」開催決定。
今回は、歌モノだけではなく、構成劇的なものなども含んだ2部構成で行います。
テレビ取材等、諸般の事情もあって、今回は入場無料で行う形となります。
チケットに関しては、8月上旬より配布を行います。本ブログでもチケット受付をする予定です。

スーパー猛毒ちんどんでは、出演・演奏できるステージ等をさがしています。情報等よろしくお願いします。
昨年の公演のDVDを配布しています。詳しくは虹の会本体のHP内のブログを捜してもらうと、配布方法等書かれています。また、コメント等で返してもらえばお知らせします。
また、参加したいという人、特に管楽器ができる人を募集しています。詳しくはコメント等下さい。





ずいぶん前にスクールカーストってのを書きました。
いい言葉ではもちろんないけど、今の状況を表したよくできた言葉だと書きました。

高校デビューという言葉もあります。
いわゆる、それまで冴えなかったヤツが、中学までの知り合いのいない高校で、自分のカーストをあげようとすることを言うようです。
でも、それまでの中学でいじめられていたとか、そういうことが発覚すると、それは一気にまた落ちることになります。
そんなコントも多くテレビなんかでも見かけます。
オレ好きで録画してみてるんですけど、レッドシアターなんかで、はんにゃとかフルーツポンチの人なんかがやってますね。
面白いですけどね。
会場でもうけているようで。
でも、人によっては、かなり辛辣なコントなんだろうと思うんですが、ああいうのはいいんですね、別にやっても。
障害者が出てくるコントはダメで、でも、いじめられっ子はいいってことなんだな。
うーん。
ま、その辺はまたの機会に。
横道にそれそうだから。

つまり、そういうコントがウケるというのは、いじめられていた、というのは、ばれてはいけないことである、という共通認識がその番組を見るような若い世代にはあるということなんですよね。


確かにそう思います。
いじめられっ子だったというのは、言いにくい。
いじめっ子だったというのは言いやすい。
それはきっとそうだろうと思うんです。

とはいえ、だいたい雰囲気でわかりますね。
大人になっても、この人はいじめられていたんだろうな、と感じさせる人もいるし、いじめられっ子に言わせれば、「佐藤さんはいじめっ子のにおいがプンプンします」ということになります。
これも、意識してるわけじゃないけど、いじめっ子だからこうやってオレは普通に書けているわけなんでしょうね。
ほめられたことではないですよ、なのに、普通に書けちゃう。


これ、どういうことなんでしょう。
イジメはいけない、イジメのことを書いている本はたくさん出ています。
いろんな意見があります。
オレが気になるのは、いじめっ子が悪い、いじめられっ子は悪くない、という杓子定規なことを基本にして話を進めている本ですね。
確かにそれはその通りなんだけど、でも、それだけじゃ解けないと思うんです。
だって、だったらなんで、いじめられっ子はコントになるんでしょうか。
そして、その部分こそが、重要な気がするんです。


うちの専従のコンさんは、正直、昔からそんなに冴えている人だとは思えません。
まず、ヲタ差別だっていわれるかもしれませんが、彼を一言で言うなら、ヲタです。
おそらく、高校時代にオレと同級生だったら、きっと彼はオレと話をすることもなかったと思います。
オレもそうだったでしょう。
まあ、確かに、専従のアキだって古くからの介助者の米本さんだって、同じようなことを言います。
あの頃にあっていたら、接点のない人だった、って。

でも、コンさんとオレは興味の方向が似ています。
だから、ちょっとオレが言ったことでも、コンさんだけが笑うということがよくあります。
コンさんから鉄道と美少女を引いてパンクを足せばオレになります。
オレも昭和歌謡は好きだし、オカルトもサブカルもコンさんとオレは重なっている。
ユリオカさんのライブは一緒にいきたいと思うし、演劇もね、一緒にいきたいモノがたくさんある。

オレは、コンさんが好きです。
コンさんがどう思ってるか知りませんけど。

コンさんはあわてるし、心が狭いというか、よく失敗をします。
だから、みんな失敗しないようにいろいろアドバイスをしたりしていました。
でも、オレはあまりしようと思わなかった。
コンさんはコンさんのママで、失敗するままで、次に専従が来たら先輩になってほしいとオレは思ったんです。
そして、そうなれるはずだ、って思ってました。

正直、ここに来る前に引きこもっていたという彼は、世の中の人を並べて格付けしたらダメな方の人だと思います。
でも、今はダメじゃないと思う。
いや、言い方が違うな、ダメなまま、ダメじゃなくなった。
というか、みんなに必要な人になったんです。
どんなに失敗するコンさんでも、今、虹にコンさんがいないということが考えられないわけですよ。
気づいてみたらば、そんな感じになってる。

何が言いたいかというと、人って、その人だけのことじゃないというか、周りがあってのその人だと思うわけです。
だから、ダメならダメでもいいから、ダメなアナタがいないのは考えられない、ということでいいんだと思うんです。
いや、そういうもんでしょ。

誰から見ても立派な人なんて、そうそうなれるもんじゃないです。
少なくとも、今自分がいる場所で自分が必要とされている、ということが大切なわけで。
っていうか、その場所が狭いか広いかってことでしょ。


世の中には器用な人というのがいて、うまくやっちゃう人ってのがいます。
でも、そういう人に限って、本質的な部分で必要な人間にならなかったりします。
表面的には見栄えがいいから、一般受けはするんだけど、専従でもいますけど、やっぱり続かなくて逃げたりする。
だから、仕事を失敗するかどうかってのは、あまり関係ないように思うんですオレは。
いや、現場的にはたいへんだと思いますけどね。


スクールカーストって言葉、よくできていると思います。
金じゃなくて、知識とか頭の良さではなく、カーストが存在するという考え方は、オレはあると思うから。
人間の分というか、そういう言い方をきっと昔はしていたんだと思う。
でも、いつからか人は平等だ、とかってなって、その「分」を社会が認められなくなったんじゃないかと思う。
いや、それが家柄とか、性別だとか、そういうことで決まるのはおかしいと思うよ、なんともできないことだから。
でも、誰しもがその場所で必要な人間になろうという努力をすれば、必要な人間になれるんだったら、それはアリだとオレは思う。

傍若無人にやっていたヤツが次の日からは「おまえはこの集団にいらない」っていじめられてはじかれるかもしれない。
だから、このカーストって、好き勝手やれるヤツとそうじゃないヤツがいる、ということじゃないと思うんだな。

人とつきあうのはそもそもストレスだよ。
うまくいかないのが当たり前。
他人に自分の思ってることが伝わらないのが当たり前。
でも、その中で、一生懸命努力しなきゃ、日本という集団だって成り立たないとオレは思うんだ。
みんなが所得倍増だ!って一つの目標に向かっていた時代は、その共通認識が作りやすかったけど、今の時代、なかなかそうもいかない。
より他人との距離は遠くなっている。
でも、それが当たり前なんだよね。


自分が気になることも、他人は気にならないかもしれないし、集団がでかくなればどんどんそういう乖離は広がっていく。
でも、それを嘆くのではなく、自分が「だめだよそんなの」って気になることがあったとしても、もちろんそれは伝えていくんだけど、その上で、自分だってそう思われてるのかもしれないし、お互いにその思いを尊重して、お互いがその上で努力しているのを認められる力のある集団でありたい。

笑うのは笑っちゃっていいんだと思う。
おかしなことをして笑われるのは当然だもの。
みんなに引かれてもいいんだと思う。
でも、そんな彼もこの集団に必要な人であるためにその人なりに努力していることを称え、集団がその人を認めていく。
そんな風になりたいもんだよ。




(BGM:「奇跡の扉 TVのチカラ SAVE OUR SOULS」from「broadcast tracks tv asahi EDITION」)
→CD化を待っていた。
待っているうちにもうすでに番組ははるか彼方に終わっていたのであります。
好きだった、この番組。
アメリカにはアメリカンモーストウォンテッド、とかいう番組があって、指名手配犯なんかを追う番組で。
日本でもみのもんたさんなんかがやってますよね、時々。
で、この番組のすごいところは、追っかけてるのが指名手配犯とかそういうのだけじゃないんですね、家出とか、蒸発とか、そういう人も追っていく。
その捜索の過程で、どうしてもいろんなモノが暴かれていっちゃうんです。
子どもが行方不明になっていたお母さんが、なんか本当はパチンコ屋の駐車場でいなくなったのを隠して違うことを言っていたとか、出て行った奥さんを捜している旦那さんが、いわゆる善良に見えたんだけど、実は暴力をふるっていたとか。
まあ、正直、下世話な感じがするんですけど、家出とか蒸発って、そういう感じの次元に起こってることなんだよね、きっと。
それがよくわかるというか、その上でテレビに出てさがしたい、っていうんだから、ちょっとこう、見ていて厳しいモノもあったりしましたけど。
でも、みなさんもご存じかと思いますが、ちょっと玄関先で目を離したスキにいなくなっちゃった子とかもいるんですよね。
遠足でいなくなった子もいます。
あとはあり得ない形で蒸発したケースとか。
その人のパソコンの履歴が不自然に消去されています、とか、そういうのがあって、なんかこう、きな臭い感じがするんですけど、本人は会社でも家族でもすごくいい人で通っていたりして、なんか巻き込まれたんじゃないかとか思ったりするんですけど、なかなかその先が見えない。
東電のOLの事件があって、昼の顔と夜の顔、みたいな感じで言われましたけど、実際、そういう部分って誰にでもあるというか、まあ、一つしか顔がないという人もいると思うけど、仲間の中だって、違う人たちとつきあってる時の顔は知らないわけだしね。
なんかそういうのがどんどん暴かれる感じで、ちょっといたたまれない感じもありますけど、でも、スキだったんだな。
必ず見てました。
ビデオとっとけばよかったと思うくらい、見てました。
プライバシーの問題とか、いろんな事があるから、再放送もDVD化もされない幻の番組になるんでしょうけど、またやって欲しいと思ってしまう下世話なオレ。
スポンサーサイト



<< ふんばろう | ホーム | 子どもの頃って、普段忘れてるけど、みんなにあったんだよね >>


コメント

えーっと・・うちの娘はコンさん、かっこいいって言っていましたよ・・・。背が高いし。ヲタの部分は見えていないというか・・・。外見での判断ですが・・・・。ズボンの前ポケットのふくらみさえ見なければ・・・・そんなにねぇ・・・。

Re: タイトルなし

コンさんは、黙ってれば昭和のハンサムというか、加藤剛って言われてますけどね。
あとは身体白いのをちょっと焼いて、筋肉付けて、Tシャツはイイとして、冬のトレーナーをかえて、Gパンもカッコイイのにかえれば、かなりいけるんですけど、って全部じゃん!

> えーっと・・うちの娘はコンさん、かっこいいって言っていましたよ・・・。背が高いし。ヲタの部分は見えていないというか・・・。外見での判断ですが・・・・。ズボンの前ポケットのふくらみさえ見なければ・・・・そんなにねぇ・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP