FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「刑務所に来てくれって電話があったぞ」

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック

ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 



四国から帰った翌日。
朝から市丸は調子がよかった。
寒いのに短パンで運動に出て、しかも短パン後ろ前だし。
「今日からにじ屋頑張るか!」なんて言ったりして、やる気もみなぎってるし、まあどっか口だけなんですけど。
そんなこんなも含めて、いつも通り、みんなに笑いを届ける男であった。

逆ギレの感じも最近は収まっているが、まあその片鱗はないでもない。
どっちかというと、こちらの「対処の仕方」が老練になってきたような感もある。
つまり、「逆ギレしそうになった時に、それ以上逆ギレさせない方法」を我々が会得しつつあるというか。

まあ、「逆ギレさせない」ということはとても大事で、「逆ギレをやめよう」という市丸自身の気持ちも大事だが、まず「逆ギレしないでも楽しい時間が過ごせるのだ」という確信が、彼を変えるとも思う。
経験上、その両輪なくして、なかなか「逆ギレを減らす」ことは難しいように思う。
市丸側からの「逆ギレしない」という努力と、こちらの「逆ギレさせない技術」、この二つがうまく歯車として回ってるとうまくいくと思う。


でまあ、そんなこんななんですが、その旅行から帰った翌日朝。
運動に出かけている間に、市丸の携帯に不在着信が三件。
しかも「非通知」である。
「佐藤さん!これなんだ!」と、ちょっと怯えが入る市丸。
オレに寄ってきたところで、俺の携帯が鳴る。
「え?市丸はウチのメンバーですが…。はい…。」と、相手のない通話を続けるオレ。
オレの電話の向こうの、その架空の相手は、とある刑務所に来てくれ、と市丸にいっている。

「何かわからないが、とりあえず、市丸、その刑務所に行ってくれ。理由は言ってくれないのでわからないけど、来いって言ってるから」とオレは市丸に告げる。

オレが通話をしている間から、市丸はパニックに。
「違うよ!あのマイクは、知らない。オレが入れたんじゃないし…」
…テニスボールが入ったケースを市丸がマイクに使ったことは記憶に新しいが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3087.html)、それとは違うケースがなぜか市丸の旅行バックに入っていたということがあり…。

「違うんじゃないか?他には何か盗んだりしてないか?」という問いに、とにかくわからない、という市丸。
まあ、細かいいろいろがあるのは知っているが、この際ほっておこう。
つまりはまあ、叩けばほこりが立つ男なのである。
じゃなければ、刑務所だったり警察だったりのキーワードにこれだけ悲観的に反応することもないわけで。

ま、すなわち、この日は、ある刑務所の見学会があったのである。

それに申し込んであった。
ただ、市丸には言ってなかったし、井上達にも言ってなかった。
だから、せっかくなので、市丸がいろいろ反省できるシュチュエーションを作ろう、と思って、いろんな茶番をやったわけです。

ガックリ肩を落とす市丸に、にじ屋にいく井上達が、「大丈夫だよ。俺たち待ってるから。仲間だろ!」とかと、励ましている。
いや、イイヤツらだな~。
なんか映画みたいであった。


府中についた時に一緒に行った外口さんからメールが来ました。

府中刑務所に着きました。集合場所の面会入口がなかなかわからず…。
会ったことのあるた他の団体の人の顔を見ても、「なんで電話がかかってきたのかわからない…。おれなにもしてないのに…」と朝の電話を信じている。
で、受付の看守に外口が聞いてくる呈にして、「今日は、刑務所の中に入って刑務所がどんなところか勉強してください。ということで電話をしたみたい」と市丸に話すと、「勉強だから、今日は見るだけだから手錠はしないでくださいって言う」、って…。
少しホッとしたみいたけれど、まだ神妙な顔をしています。

とのことで。
戻ってきた市丸は、刑務所の話をする度に顔をゆがめ、よほど今回の見学は勉強になったようでした。
外口さんも刑務所の存在感に圧倒されたようで、「いや、見学とはいえ、ちょっときつかったですね」と言ってました。


まあ、こういう茶番は、市丸もどこか「わかってる」感じも時にあったりなかったりもするんですが、でもまあそれでもいいんです。
逆に言えば、この「茶番にのれる」って力も大事なような気がするからです。
それは仲間意識を高めてくれるし、犯罪を抑止する力にはなるような気がする。

大事なことは、彼が改心するとか、彼が真人間になることじゃない。
というか、真人間ってなんだ?って話で。
そんなことを目指したいわけじゃないし、そんなのを目指したり、そもそも設定した時点で話はおかしくなる。
どんな人でもイイし、正しくなくてもイイ。
幼くても、多少の偏りがあってもイイだろう。
ダメ人間でもイイし、恨みや復讐心があってもイイ。
大事なことは、法を犯して塀の向こうに行かないこと。
その連続した毎日を死ぬまで続けていけることだと俺は思います。


いろいろな場面で、いろいろな地点で、そういうことを反省できる切っ掛けを作ったりできたらいいな、と思っています。




(BGM:パーズ「危険ないいわけ」from「昭和ガールズ歌謡 EMIミュージックジャパン編 [大人の匂い・もやもやしちゃうの]」)
→この、歌い方ったら!
色気とはこういうことを言います。
ってか、それにあわせたようなハイハットのリズムが悩ましい。
スポンサーサイト



<< ゴキブリコンビナートとさだまさしの共振 | ホーム | ビッグバン前の宇宙に >>


コメント

一緒に行った外口さんから、こんな報告がありました。
ちょっと長いけど、ここで紹介しておこうと思います。


府中刑務所を見学に行った市丸には、「見学」ということは刑務所に着くまで伝えないようにしました。
「見学」と伝えてしまったら、端から「見学」の気持ちで舐めてしまうんだろうな…と思って、この滅多にない機会を最大限に活かすならば、市丸に見学を伝えないこと、そして行きの車中で「刑務所に入るかもしれない…」と思わせることができたらと思っていました。
佐藤さんが協力してくれて、「刑務所から呼び出された。理由はわかんないんだけれど」と。
「どうなるかわからないけれど、大事なのは逆ギレをしないこと」という佐藤さんの一言を信じる市丸、そして井上達…。
ひとりネットに残された市丸に向かって、「絶対帰ってこいよ。待ってるからな!」「逆ギレするなよ。落ち着いて」と言ってにじ屋に向かうみんな…、ドラマのワンシーンのようでした。

そのあと、時間調整を兼ねてネットの掃除。
「四国に行っていたから、ネットの掃除ができていないから汚いね。最後になるかもしれないから、みんなのために掃除をしていこうか」と言うと、素直に「うん、わかった」という市丸。
雑巾がけをしながら、「一人一人、みんなのことを思い出しながら拭いてみようよ」と言うと、ダダダダッと1回毎拭く度に「井上さん」、「タカノブ」…「工藤さん」「かおるさんも」、そして「最後は、松沢さん」で一拭き。
なんかこの時に、「市丸の中には井上からカイ、佐藤さん、ネットのみんなだけでなく工藤さん、松沢さんまで仲間として入っているんだ…」と思って、またそうやって素直にみんなのために拭いている市丸を見て、ちょっとウルッてしそうになってしまいました。
市丸は素直なんだよな、本当は…。

行きの車中、話をし始めると「オレ、何にもやってないんだけれど」「向こうに着いたら、なんのようですかって聞く」ってなってしまうので、ほとんど話をせず、「大事なことは?」「逆ギレしないこと」「逆ギレしないためには?」「話をよく聞くこと」と、ただその繰り返しをして、市丸は静かに座っていました。

府中刑務所に着くと、すでにたこの木の岩橋さんや横田さん達が待っていました。
でも、車を降りた市丸はすぐには気づかず、いや、気づいた後も「電話が掛かってきちゃって、刑務所に来てくださいって…」と神妙な顔。
外口が受付の看守に話を聞きに行く呈にして、「電話をしたのは、刑務所の中に入って、刑務所がどんなところなのか勉強してください。ということでした」と言うと、「見学だから、今日は手錠をしないでくださいって言う」と…。
冷静なのか、冷静じゃないのか…、でも「見学ではなくて、勉強」と再度、言葉を置き換えて伝えました。
刑務所の中に入って最初の30分、市丸はずっと背筋を伸ばしたまま目も見開いて、話を聞いていました。
こうやって連れてきた意味があった。

帰りの車中、話を聞いたら「刑務所に行きたくない」と言っていて、それはそうなんだけれど、あえて「刑務所のどんなところが嫌だったのか」と聞いてみました。
テレビが1時間しか見れないこと。来ていた緑の収監服が嫌だ。夕ご飯の時間が早いこと。
テレビが自由に見れたら…と聞いてみると、「刑務所に入る」と。
着る服も自由だったら→刑務所に入る。
夕ご飯が遅かったら→刑務所に入る、と。
へえ、刑務所に入るんだ…と言うと、間違えました、入りません!
刑務所に入っちゃうとどうなるの。
みんなと遊びに行けなくなる。みんなに会えなくなる。さよならになっちゃう。さよならになりたくないです。

みんなと遊びにいけない、みんなとさよならになると思えることは、とても重要なことだと思う。
そして、市丸が感じたテレビのこと、収監服、ご飯のことも重要なんだと思う。
精神的な「仲間意識」は虹の会だから成り立っているんだと思うし、刑務所に行かせないために仲間意識の形を作りながら、市丸が実際に刑務所を見て思ったことを合わせていけたらと思います。
それとともに、自分自身も市丸達との付き合い方を日々考えながらやっていかなければ、と思います。

外口

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP