FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

騒げばなんとかなる、を越えなければ その4(ラスト)

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック

ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 



http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3234.htmlのつづき

問題は、やはり暴力性向かな、と思います。
施設における、職員の入所者への暴行は表に出てきますが、入所者の職員への暴行というのは、出てきません。
が、これは確実に現場的には、どこにでもあります、と断言します。
でも、それは出てこない。
まあ、出てこないからこそ、前回書いたようなコトになっちゃうわけですが。


施設内で暴力行為に悩む人が、ヤフー知恵袋とか、いろいろで聞いているのを散見しました。
というか、たくさんありました。

まず、「なぜヤフー知恵袋?」という疑問がありますね。
なぜ、職場の中で相談しないのか?と。
もしくは、別の同種の職場の人とか、相談できる人がいないの?と。
昔だったら、ヤフー知恵袋がないから、そういう相談は、面と向かってやるしかなかったんですが、今は、そうじゃないのかもしれません。

また、運動的なことが薄れてしまい、横の連帯がなく、ただの「卒業先の進路」ということで、福祉の現場を考えている人も多いのかもしれません。
ま、それはそれでいいんですけど、福祉というのは、未だ発展途上のモノだから、そこをきちんととらえて、「運動的に」自分の仕事について考えていかなければならないのではないかと思うのですが、まあ、その視点は今の福祉の現場にはありませんね。

また、職場があまりに「官僚化している」ということのあらわれなのかもしれません。
官僚化していれば、思いの丈をぶつけ合う、なんてことはそもそも成り立ちませんから。

如何にしても、このヤフー知恵袋などに投稿している人たちは、どちらかと言えば、まじめに取り組んでいる人なのかもしれないな。
それはそれで、なんか違う気がするけど。
まあ、それはまた別の機会にするとして。


で、話を先に進めます。

この手の暴力性向に対する対応についての質問、回答に多く見られるのが、こういう接頭辞です。

「外ではやりにくいのですが」

つまりどういうことかというと、「私はこういう風なやりかたをしている」ということを回答しようとして、でも、その接頭辞に必ずこれがつきます。

中には、「暴れていて、周りの人に危害が行きそうだったので押さえ込んだところを通報されてパトカーに」、とか、「殴られてとっさに手が出たら、それが結果虐待となり解雇」とか、そういうのも、頻度としては少なくなく出てきます。

もちろん、殴る蹴るが効果を上げるわけはないでしょう。
それは、自分の身に振り返れば簡単にわかります。
しかし、押さえ込む、という行為については、少なくとも「外の人に対しての犯罪行為を止める方法でやむを得ないこともある」というのが、多く見て取れました。
「とにかく止めなければ、こいつはあの子どもに突進してしまう」という場合、もうこれは身を挺して止めるしかない、という感じ。
これは現場的にも、よくわかります。

まあ、前から言ってるように、簡単に「虐待」と言う言葉を使うべきではない、ということなんですけど、それはもうこの世の中の流れでは何を言っても通用しないでしょう。
虐待防止法の問題点は、知的障害者や認知症の人たちの「性善説」に基づいているところで(現場の意見を聞いて作ってないと思われる)、そこは実は大きな「差別的」な要素を含むと思うんだけど、そこは、「虐待」と言う言葉の前に、多くの人が口をつぐんだままです。

まあ、それはそうとして、実際には、多くの暴力性向の押さえ方が「外ではやりにくいこと」である、ということがこれらを読んで、よくわかりました。


しかし、ここでちょっと思ったんです。
「外ではやりにくいこと」というのは、結果、本人にどう伝わるんだろうか?という。
逆の立場になったら、「外ではやりやすい」ということにならないんだろうか。
これは、逆効果ではないか?、と。
むしろ、「中でやりやすい」の方が、彼らにとってはいいのではないか?と。

大事なことは、一本スジが通ってることだと思うのです。
「外でやりにくい」、を超えた、「何か」。
しかも、それが、社会に受け入れられるモノでなければならない。


事件は未然に防ぐのが一番大切で、そのために普段どう付き合うか、ということを我々は考えるんだけど、それにも限界はある。
専従にも生活がある。


まあ、我々は確かにコレで金をもらってますから、プロです。
だけれど、それ以上に、正直言えば、彼らは知的障害者のプロでもあります。
100%そういう行為を止められるか、といえば、それは俺は保障はできない。

そういう性向をなんとかゼロに近づけられるように、とにかく努力する。
そして、起こりそうになったら、とにかく止めなければならない。
少なくとも、100%の全力で自分たちはその問題にあたらなきゃいけない、と思うのです。

そのために、まず、とにかく彼らに「外でやりやすい」と思わせない工夫を、我々はしていかなきゃならない、と思っています。




(BGM:Peter And The Test Tube Babies「Moped Lads~Banned From The Pubs」「Pissed And Proud」)
→このアルバムは、LPで持ってたな。
で、ライブなんだけど。
オープニングがこの曲で、まあ言うことナシのカッコ良さ。
エクスプロイテッドとかも好きなんだけど、なんだか俺はこういうちょっと人を喰った感じが好きだと思う。
スポンサーサイト



<< ポセイドンアドベンチャー! ★ 大日新木場大会 | ホーム | 騒げばなんとかなる、を越えなければ その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP