プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

あなたの背中を「ひと押し」したい

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック

ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 



日付変わって一昨晩は「にじ屋・スナックゼロ」オープン!というわけで、というか、まあ閉店後にみんなでワケもなく飲み会、という。
お客さんもぜひ寄ってって、という企画だそうで。

やっぱり、飲み会はいいですね。
楽しい。
お客さんで残ってくれた方もとても楽しく飲んでくれたようで。
仲間内の連中はアレですけど、こういう新しい人が参加してくれるというのは楽しいことです。

そして、この日、参加してくれた方で、お孫さんもいるおばあちゃんで、一緒に住んでいた息子さん一家が仕事の関係で海外に移住してしまい、夕飯もちょっと寂しい、みたいな話があったりして。
身体の調子で、自転車に乗れなくなっても、バスに乗ったりしてにじ屋まで三十分くらいかけていつも来てくれている方で。
虹の会の機関紙もよく読んでくれているようで、こちらの名前もよくご存じで。
「本当に楽しかった」と何度も言ってくれて。

昨年だったかの大日本さんがリングを持ってくれ試合をしてくれたときに、お子さんが小さくて、プロレス観戦に最近行けてない、にじ屋にプロレスが来てくれるなんて嬉しい、というお母さんがいたんです。


元々アクティブだった方が、身体の調子とか、家庭環境の変化なんかで、なかなか東京まではプロレス観戦に行けない、とか、飲み会をしたくても、なかなか仲間が揃わない、駅前まで出るのはちょっと辛い…というような近所の方が、にじ屋のこうしたイベントに参加してくれる、ってのが、なんかとても嬉しい。

なんか、歳をとったり、子どもが生まれたり、そういう外的な変化で自分のしたいことを「ちょっとづつ我慢する」ってことって、まあ、ままあることです。
それはそれで、人生の中の一時期のことで、誰にでもあると言えばあることで。
でも、そんな時に、一日だけでも、プロレス観戦が出来たり、みんなで酒を飲む機会があったりしたら、きっともっと生活に潤いが出来ると思うんですよ。

そもそも、にじ屋は、基本的に、生活必需品というより、「あったら生活がもっと潤うモノ」を扱う店だと思っています。
食料品を仕入れているわけじゃないし、まあ、服なんかは必需品だけど、それ以外は、なんか「ちょっとした楽しい置物」だったりが安い、というか。
花瓶なんか、買える人はいいけど、正規で買えばお値段もするわけで、それを中古とは言え、にじ屋さんで買えたらいいじゃない、ちょっと毎日が明るくなるじゃない、というか。

にじ屋に来れば、何か生活に潤いができるというかね、そういう店でありたいというか、そういう場所でありたいというか。
だから、こうしたイベントごとなんかにも、皆さん参加してくれたらいいな、と思っています。


先日のキンミヤナイト、我々の出番は21時過ぎということで、かなり遅かった。
四谷ですから、もし埼玉の方からだったら、帰りは0時になっちゃうな、みたいな時間。

出番前のバンドの様子というか、客席の様子を見ようと思ってちょっとフロアに降りていくと、にじ屋でよく見かけるおばあちゃんがいて。
見に来てくれたみたいで。
もう、我々の時にものってくれるし、我々の後のバンドの時にものってらして。
音楽好きなんだろうな、しかもまあ、ロックですよ。
ライブハウスだから大音量ですよ。
そこで、おばあちゃんがのっている。
なんか、すげえじゃないですか。
かっこいいじゃないですか。
そして、なんか嬉しかったんですね。
後で聞けば、70歳だとか…もちろん、そんなお年には見えない方なんですけど。

きっと、若い頃はやんちゃだったんじゃないかと思うような明るい方で、それでも70年という歳月の中にはいろいろあったりもしたわけで、でも、ここにきて、またロックで大音量でのれる機会を作れたのは、なんか嬉しかったな。
やっぱ、いくら音楽が好きだからといって、一人で夜更けに都内まで出掛けて、というには、なんか「背中を押す何か」が必要ですよね。
もちろん、そんなモノが無くてもじゃんじゃん行ける人はいいんですけど、まあ、やっぱそういう「背中を押す何か」が必要で。
一緒に行く人とか、今回のように、「知ってる人達が出演する」とか。

なんかね、うん。
嬉しかった。
そして、音楽の力って、やっぱスゲエよな、って思った。


これからも、じゃんじゃんにじ屋のイベントもやりたいし、ちんどんも演りたい。
とりあえず、呼んでくれるライブハウスや音楽イベントなどありましたら、声かけて下さいな。


昨日の「キンミヤナイト」たのしかったー。たくさんの方が観に来てくれて盛り上げてくれて、うれしかったー。やっぱライブハウスっていいな。昨夜は、猛毒をまき散らしたぞ。次は、サマソニに行っちゃう?!いや、サマソニ出るぞ!!引き続きTwitterで応援よろしくお願いします。加納

Posted by 虹魂的障害者自立生活 on 2015年6月13日




本日にじ屋にてスナックゼロ開店中! 加納

Posted by 虹魂的障害者自立生活 on 2015年6月14日




(BGM:高橋名人「ボンバーキングのテーマ」from「HUDSON Premium Audio Collection」)
→なんだろうなあ、高橋名人。
もうなんか最近の人はわからないだろうな。
「高橋の名人か?」という。
いやいや、8BITの天才児だったんだよ、という話ですが。
この曲なんかは、8BITにのせて歌い上げていてちょっとわらった。
スポンサーサイト

<< エクスペンダブルズになれない、カッコイイ男達 | ホーム | 屁を出せとは言ったが… >>


コメント

「高橋名人」ね。今のネット社会なら「ステマ」なんて言われて、ここまで大きな存在にはならなかったと思います。
当時はそのへん、大らかだったんでしょうねえ。

Re: タイトルなし

カリスマだったもんな~。あと、ヨーヨーの名人とか。

> 「高橋名人」ね。今のネット社会なら「ステマ」なんて言われて、ここまで大きな存在にはならなかったと思います。
> 当時はそのへん、大らかだったんでしょうねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP