プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

感動の秒殺劇

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック

ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ウチには、昔のプロレスのビデオテープがたくさんあります。
VHSですね。
オレも録ってましたけど、相棒もたくさん録っていた。

まあ、一応見れる環境にはあるので、この前ちょっと「これ、なんのテープだろう」なんて言いながら見てたんですが。


全女の終盤、もう解散寸前の頃のテープでした。
地上波でやってたんだよね。
ゴールデンタイムにも、コーナー的に出てたりしまして、その一本だったんです。


主役は塩谷選手。
その後、名前を変えて他の団体で活躍することになる選手ですが。
まあ、男っぽい風貌といい、かといって、美人じゃないわけじゃない。
いわゆる「女性ファンがつきそう」な選手だったんですが。

まあ、彼女、一回ちょっとまあいろいろあって、欠場をしてて。
その復帰戦に至る過程をドキュメント風に編集したコーナーでした。

塩谷選手が師と仰ぐのが伊藤薫選手。
いや、俺も好きだった。
今も現役でやってます。
で、復帰戦の相手は、ぜひ伊藤薫選手にお願いしたい、という塩谷選手の願いは受け入れられず。

「お前みたいなのは相手にしない」

みたいな。

いわゆる、不義理があったわけですよ。
まあ、そうですね、そうなりますわ。

で、相手に決まったのが、高橋奈苗選手。
まあ、伊藤選手よりも下ですよね、塩谷選手に近い。
それでも、当時人気があったというか、若手急先鋒でありまして。
復帰戦の相手としては、なかなかこう、塩谷選手への期待も感じられるカードに。


といっても、第一試合です。
不義理があった選手を第一以外で使うほど、全女は甘くない。
奈苗選手も、おそらくここはダブルで試合するくらいの感じで。
塩谷選手としてはその辺は悔しいわけですが、でも、しょうがない。
試合で見せるしかない。

で、その試合、まず塩谷選手がリングイン。
が、その後に入場してきた対角線に立つ相手が、なんと伊藤選手。

もう、この時点で、かなり涙腺きますね。
なんだかんだ言って、伊藤選手は塩谷選手を買っていたわけです。

奈苗選手が出てくると思っていた塩谷選手は驚きと喜びで、もう表情が崩れていく。
しかし、試合でいいところを見せなければ、その伊藤選手にも申し訳が立たない。

で、ゴングです。
まず、とにかく伊藤選手に向かって行く塩谷選手。
すると、それをなんと伊藤選手、ラリアット一閃!。
その一発で塩谷選手ダウン。
負けです。

会場、もうやんややんやです。
塩谷選手、伊藤選手、どちらにも大拍手。

もう、秒殺も秒殺。
2秒もなかったんじゃないかという。


いやあ、なんか、プロレスを見たなああ、と。
すげえいいでしょ?

これが俺が好きだった女子プロレスなんだよな。
愛憎と、ストーリーと現実が微妙にリンクして、選手自身の、そして観客の感情を揺さぶっていくプロレス。

技の攻防、技の発表会じゃない、ファンにこびないプロレス。


こういう女子プロレス、見たいなあ。




(BGM:Led Zeppelin「Celebration Day」from「Led Zeppelin Remasters」)
→ハトミがツェッペリンをたくさん持っていたので借りて聞いてみた。
ハードロックの見本市みたいな感じなんだな。
どっかグラム臭もあったり。
けっこう好き。
スポンサーサイト

<< 親にできること | ホーム | 俺はなんの仕事をしているか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP