FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

トラブル待ち

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック

ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



月に数度にじ屋に来ているヤツがいるんだけど。
将来的にはウチに来たいというような話で。

で、来た日の夕方、そのお母さんから、ありがとうございました、みたいなメールが来たので、その日の様子を書いて送りました。

まあ、あれです。
本人としては、月に数度しか来てないし、「暴れる」という前情報だった割に、大人しい。
作業の飲み込みも悪くない。
ノブや専従の指示を聞いて、それなりに仕事はできる。
ただまあ、「他人を入れない」という徹底した「ガード感」は感じるかな。
でもまあ月に数度だからね。
本人もそこは割り切って、「時間が過ぎるのを待って、それまでは大人しくやろう」みたいな感じはあるんだろうな、と。

ま、そういうことをガードとして行動できるというのは、スペックが高いってコトなんだろうから、アタマはいいんだと思うんです。
でもまあ、今まで社会との接点がなかったからか、それを発揮する場面がなかったというか。

ま、これからだよな、とか思ってるんですけど。

なんで、こんなことを、当日の様子を伝えた後に書きました。


まあ、とりあえず今は、順調に、ということを念頭に、もっと何回も来るようになって慣れてきたらまあトラブルも起きるでしょう。
ま、そこからですね。
今は導入。
とにかく、来続けることを大切に考えましょう。


まあ、特に何の気なしに書いたんですけど。
そうしたら、親御さんから、「トラブル待ちなんて聞いたことありませんよ」というような感じの返信が来ました。
いや、悪い意味じゃなくて、ありがたい話だ、みたいな流れでの言葉なんですけど。

で、それに対して、俺はこう返しました。


「トラブル待ち、なんて聞いたことがないです。」とありますが、そうですか?
う~ん。

でも、ナニも起こらなければ、別にナニも起こらないし、ナニもしようがないし。

まず、何か起こるというのは、彼の中でなにか「必要があって起こす」わけだから、それだけ彼にとって「何か起こさなければならないほど重要な場所」ってことですし。
今は、まだ「タダ時間が過ぎれば終わるから」と思ってるだけだと思うし。

そして、何かないと、こっちもなにもしようがない。
作業とか、そういうのはどうでもいいんで、そうじゃなくて、彼がわからなければ、なにもできないじゃないですか。
そう言う意味では、「俺はこういう人です」なんて説明を彼がしてくれるとは思ってないし、それはおそらく「トラブルを起こす」って形で出てくるのかな、と。
それがなかったら、彼のことなんにもわからない。
わからなければ、手も出せない。

ウチにしてみたら、これは普通のことだと思って普通に描いたつもりだったんですが、他では違うのかな?
逆に、俺たちにしてみたら、どういう考えで他がやってるのか、まったくわからないなーという感じです。

ま、とにかく、また来るのをみんな楽しみにしてます。
それは、ホント、毎日でもいいくらい楽しみにしてます。

だって、仲間が増えるのは、単純に楽しいモノです。


まあ、上記に書いたとおりなんですが、「トラブル待ち」って感じは確かにウチにはあります。
いや、トラブルっていうと大げさですが、いや、そんな大問題起こされても困るんですよ、確かに。
それは事前に察知しなければいけない。

でも、そのためにも、もっと小さな「何かを起こしてくれる」のを待ってるところはあります。
そういうのが積み重なっての「デカいトラブル」なんだから。
だから、小さな「何かが起きる」ことを待って、予見する力をこちらもつけたい、というか。
まだこちらに慣れてない彼にとっては、まだ、それを出すキッカケもないんだろうな、とか。


まあ、そんなわけで、「小さな何か」を彼が起こしてくれることを待ってるわけです。
逆をいえば、それほど今の彼は「大人しい」ってことなんですけど。





(BGM:久住昌之とモダンヒップ「テレパシー」fromYOUTUBE)
→この曲もなんかのオムニバスに入っていたよな気がする。
この歌謡曲感、好きだったなあ。
スポンサーサイト



<< 「虹魂的障害者自立生活」というサイトもぜひ見てね。 | ホーム | ま、気楽に飲みに来て下さい 13日生いたちナイト! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP