FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ま、気楽に飲みに来て下さい 13日生いたちナイト!

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック

ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ま、今回の【生いたちナイト】ですけど、親御さんにも来てもらうことにしました。
というか、来てもらう、じゃなくて、「来てもいいよ」と言うことにしたんです。

ウチは親を入れた運営をしていないし、基本、ライブでも「来てもらっては困る」と言うことを言っています。

じゃないと、やっぱ来ちゃうんだな。

ライブの時に書いたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3453.html)、まずライブに関しては、ロックのライブに出演者の親が来てますか?という。
ただソンだけなんですが。

ま、あとは最近はどこの会場でも、ワンマンとなるとけっこういっぱいになっちゃうので、来てもらうと他の普通のお客さんが入れない、ということにもなるんで。

普段のにじ屋でも来ないように言ってあります。
だって、にじ屋の売り上げは井上たちの給料になるんだから、そこで親が買ったら、親がこづかいやってるのと同じじゃん、という、単純な理屈でありまして。

その流れで、イベントにも親が来るということはないですね。

俺たちがやってるんで、父兄参観じゃあるまいに、親が来て見てもらうためにやってるわけじゃないし。
どんなイベントも飲み会も、すべからく「発表会」ではないわけで。

だから来る理由がそもそもないし。

オグラは施設にいた時、ここに来る一年くらい前からにじ屋のイベントに顔を出していました。
その時は、施設からここに来るのに、お姉さんと一緒に来てました。
お姉さんも、「すごくくるのが楽しみになってて」と言ってくれていたんですけど、ここのメンバーになった日から、お姉さんはイベントにも来れなくなりました。
にじ屋にも。
お姉さん、ホントにガックリしてて。

そのくらいいいじゃない、という意見もあるでしょうが、ダメなんです。
ダメはダメ。
子を見に行くんじゃなくて、にじ屋が好きだから、というのも理由になりません。
他のにじ屋に行ってください、と。

そこは絶対に譲れない。

「心配じゃないですか」という親は、来たって心配するんです。
もう「独り立ちした」ってあきらめてもらうしかないんです。
そこは。


ま、実のところは、いろいろはやってますけど、基本、「表向き」、親とは私は一切接触をしていません。
ということでやっています。
他の専従も同じです。
絶対にそこは彼らに悟られてはいけない部分でもあります。


で、今回、オグラのお姉さんからオグラに誕生日カードが届いたんです。
12月のアタマ。

ここに来て初めての誕生日。
前に実家に帰ったのはお盆。
その時、本当にオグラ自身の変わりように、ホントに嬉しかった、と書かれていました。
ま、読めないというので、俺が読んでやったんで。

それを読んで、やっぱ、今回のイベントは親に来てもらうべきだ、と思いまして。
前に書きましたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3470.html)、やっぱ、親に、兄弟に、先生方に、やっぱ見て欲しいな、って。


というかですね、オグラは自分の誕生日すら「わからない」と笑うばかりで、みんな、誕生日はなんか「ハッピーバースデー」とか、誰ともなしに、サプライズで歌ったりする時があるんですが、わからないんじゃしょうがない。
誰も歌えないじゃん、と。

ま、いろいろ書類見ろよ、という意見もあろうけど、俺たちは書類でオグラと付き合ってるわけじゃないし、そうなれば、一気にオグラは施設にいた時と同じ「対象」になってしまう。
だから、見ない。
これはホントに普段見ない。
俺も専従も。

それがね、こんな形でわかって、よかった。
「もう、誕生日を忘れるな。お前が産まれた日なんだぞ」って話をして。


で、みんなの親にも招待状を俺の方で書きました。
当日来る来ないは、そんなにどうでもいいんです。

こういう流れになって、なんだか、ドンドンワクワクしています。
13日、ぜひ来てね。

oitachi.jpg




(BGM:coba「K jungle」from「ATTRACTIONS! KONISHI YASUHARU Remixes 1996-2010 Disc 1」)
→なんだか、どっかで聞いたことのあるメロディが次々に繰り出されてきて圧倒されてしまうわけですが、リズム的にジャングルというよりは、これはジャズだよね。
いや、でもこの完成度がスゴイです。
スポンサーサイト



<< トラブル待ち | ホーム | う~む… ★ 映画 「ギャラクシー街道」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP