プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

なんか気分が悪いわ

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック

ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ぜひ予約して下さい。
modoku@nijirock.com マデ~。
もしくはリプなどで!


てなことで。
ま、このブログは勝手にやってるので、何を書いてもいい、というか、俺自身の日記的なことで書いているわけですが、横やりが入ることもないわけじゃない。

虹の会の関係のことでアレば、まあ自分のことなので、どういう意見が来てもそれはそれで「書き直す」ということはしませんが、以前、2010年くらいの記事については、11年の当初にずいぶん実は修正していました。

修正したモノについては、「修正しました」と表記し、「時期が来たら元に戻します」と言うことを書いていたんですが、時期が来たので戻しました。


簡単に言えば、プロレス関係なんですけど、当時、アイスリボンの代表だった方から指摘があって、デビューするにあたってというのもあって、ウチのレスラーだった二人に迷惑になってはいけないと一部を書き直していたんです。
ま、プロレスに関する記述です。
というか、彼女たちの奮闘みたいなことですね。
ある意味、それは裏っかわになっちゃいますからね。
といっても、今読めば、大したことはないんだけど、「プロレス」という「ファンタジー」を考えれば、まあそれは受け入れられない話ではありませんでした。

その後、ウチのレスラーはにじ屋を公言し、実際に大会のパンフレットにまでそれをしっかり表記するに至り、まあ、その時点でもうスーパー猛毒ちんどんも芸術劇場の小ホールなら満員にするくらいにはなっていたこともあって、もうどっちがどっち?ってのもありましたから、その後は特に自分は修正を加えてはいません。

ま、具体的には、その代表の方がアイスリボンを辞めた、ってのがありましたけど、まあ、でも、彼女たちが現役でいる間はその方の言うとおりに修正のママ、今日まで来ました。


プロレスってのは「トンパチ」な世界です。
一般常識は通用しないところがあります。
その辺は、まあウチのレスラー自身が身をもってわかったところではあるんですが。

実際問題、エンターテイメントの世界ってのはそういうモノで。
芸能界なんて、ちょっと出てくるニュースが怖いじゃないですか。

でも、それはそういう世界なんだよね。
いい悪い、ってことを浮き世が判断したところで、それはある意味その業界の「当たり前」にはならないというか。
つまりはもう「そういう世界なんです」ってことだと思うんですけど。


で、SMAPのことでまあ持ちきりなワケですが、実際にその生放送とやらは見てませんが、ツイッターなんかを見てると、「公開処刑だった」という感じだったそうで。

まあ、当たり前ですよね。

解散報道がありました、ってのは、まあ報道する側の問題で、「解散しないよ!」って言うならいうで、それだけで笑って言えば良かった話で。
逆に、神妙にやってしまえば、それは「独立を画策した側の敗北」という絵にしかならないし、その「独立を画策した」って部分が、「ああ、本当だったんだ」となってしまうわけで。

つまりは、独立なんか画策したら、この世界で生きていけない、ってことをテレビで堂々とみなさんが注目する中で宣言しちゃったんだから、これは醜悪。

おそらくは、もうこれ、ラストチャンスだったんでしょう。
これを逃してしまった「独立派」は、もう一生飼い殺しなんだろうな。


SMAPといえば、自分たちの歌詞に「こんなのがいい」とかって注文をつけたり、バラエティに進出して成功したり、いわゆる「もっと自分の意志を貫く人たち」だと思っていただけに、この「公開敗北宣言」には、やっぱがっかりしたよね。

この混乱を招いたのは事務所サイドなんだろうから、それを事務所サイドが謝罪するのならわかるけど、事務所がこの「敗北宣言をしろ」という指示をした形なんだから、もうSMAPの魅力半減って感じだよね。


ま、だから芸能界ってのは、「干す」「干される」って世界なんでしょ?
いいとか悪いとかじゃなくて、そういう世界。
その中で、「自分の意志を貫くアイドル」とかっていう「ファンタジー」を作り上げて、実際はどうかはどうでもよくて、それを売りにする世界。

その「ファンタジー」の部分を見せるんじゃなくて、トンパチな「現実の芸能界」をテレビで見せちゃったら、もう終わりじゃん。


ま、たいがい俺はジャニーズとかAKBとかあまり好きじゃないですけど、いや、ファンタジー上では好きなんだけど、でも、やっぱ現実的にはキライだし、おそらく友達にはなれないし、つまりは、まあ、同じ人間だとも思ってない。

でもそれを楽しむのが芸能の世界なんだから、まあ、俺は「解散しねえよ!」って笑っちゃえばよかったのに、ってやっぱ思います。
心の底に、どんなわだかまりがあろうと、芸能の世界でやっていくなら、それが出来なきゃダメ、ってことなんだろうな、と。


ま、そんなわけで、なんかね。
気分が悪いし、しかも「国民的関心事」みたいになってんのが、なんだかそれはそれでスゲエとは思うけど、「もっと関心もつべきことがあるだろうよ」とマスコミに対しては思うし。

ま、総じて気分の悪い話です。




(BGM:The Slaughter & The Dogs「Situations」(100% British Oi!)fomYOUTUBE)
→ちょっと当時話題にもなってたと思うんだけど、このバンド。
今もやってんのかどうかは知らないが。
ま、Oiというより、いわゆる70パンク的な感じだよな。
聞きやすい。
スポンサーサイト

<< レッツ!バッドな関係! | ホーム | フィクションだけど、ノンフィクションだよね、きっと… >>


コメント

自分でコメント

いや、あれだ。
ブログをざっと見返したら、ずっと昔の機関紙の原稿の再掲で、二回載せちゃってるのもあったわ。つまり初出の機関紙含め3回目という、まあ自分の中で気に入った原稿なんでしょうなあ。自分でコメント。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP