FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

我々は「防波堤」にはならない

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!
その他の動画はこちらにもあります → ニジロックテレビ「猛毒チャンネル」 

スーパー猛毒ちんどんフェイスブックはこちら→ https://www.facebook.com/SMChingDong

お知らせ&募集などはこちらをクリック

ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ああ、誤字の方をのっけちゃったけど、でも、4・3はぜひライブにきて!メール予約受付中!


てなことで。
ずっと前に、そのずっと前に、あるヤツがコンさんに包丁を投げた、という事件がありました。
突発的なことだったようだけど、まあ大事件は大事件。

この件について、コンさんから報告のメールが出て、まあいろいろ考えて取り組んで、その後、特に問題はないんですけど。

で、そういう感じで一段落したときに、オレはちょっとコンさんの報告で気になることがあって、みんなに返信しました。

以下に載せてみます。


ずっと前に、コンさんから、包丁事件についてのメールがあったときに、もしその包丁がコンさんに刺さっていたら、●●も終わるし、虹の会も終わる、と書いていました。
ずっと気になっていて、なかなか書けずにいたんですが。

これ、終わらないんです。

●●が投げた包丁がコンさんに刺さって死んでも、ただの殉職なんですよ。
●●に関しては、こちらの指導不足とおそらく、責任能力無しで終わりです。

よくよく考えてみてください。
今まで、職員側の暴力で閉鎖された施設はたくさんあっても、逆がありましたか?
けど、入所者から職員への暴力がゼロじゃないことくらいは、肌でわかりますよね。
でも、問題になってないでしょ?
公になりましたか?
もっと言うと、公にならない以上、つぶれることはないんです。

仕組みを言います。
施設やウチのようなところは、障害者と健体者社会の防波堤のために作られてます。
だから、障害者の暴力が外の人に危害が及ばないことが社会の「コンセンサス」なんです。
そうやって、障害者を枠に押し込めながら、一方で、障害者の権利だとかで虐待防止法が出来る。
虐待防止法ってのは、そういう「24時間テレビ的偽善」なんです。
簡単に言えば、虐待を防止するのには賛成です、だったら、一方で、カイに噛まれることを社会は許容すべきなんですが、それは虐待防止法には出てきません。

片手落ちも甚だしい。

よく、福祉にからんでない障害者や精神障害者が事件を起こすと、何故福祉は手を出せなかったんだ?という話になります。
それは、意地悪く言えば、「防波堤の中に、なぜおまえみたいのが入ってなかったのか?」という問いなんです。

そう考えると、だから、まず施設はダメなんです。
防波堤として、閉鎖された空間を保持しているから。
そこで起きたことが社会に開示されない限り、問題はなにも起こらなかったことにしかならない。

そこをオープンにして、我々は、この全てのことを表現し、先に進まなきゃならないと思います。

一歩進めます。
こういう場合、まず、「職員の指導能力」という問題に帰されてしまう。
つまり、それは「防波堤のはずなのに」という論理です。

でも、その論理を正面から受ける必要はない。
なにが突発的に起こるかわからない。
しかも、●●は来たばかりだし、もっと言えば、今日のカイだってなんだかよくわからない。
そんなの、予言者でもない限り、予知することは不可能。

だいたい、これ、親がそうやって、その「責任能力」「指導能力」を責められて心中するパターンなんです。
でも、意地悪く言えばさ、そうやって心中して欲しいんですよ、世の中は。
そもそも、最初に親が防波堤なんだから。

我々がやっていかなきゃならないことは、そういうカイや●●のことを表現し、どうしたら防ぐことが出来るか、ということを、社会に提起することだと俺は思います。
もちろん、いきなりそれをやったら反発を喰うだけでしょう。
順序というモノはあるかと思います。

でも、必要なことはそこであって、防波堤でいることを肯定してはダメだと思います。
「自分が止める」「止められる」なんてのは、防波堤の姿そのものなんだから。

その上で、「何かあったら虹の会が終わる」というのは、あり得ない、ということであるから、つまり、社会にとっては、防波堤をつぶしただけの話になる。
だから、それをやっては、だめだ。
虹の会がつぶれるから、じゃなくて、「やってもつぶれないから」そうなっちゃダメ、なんだと思う。


ちょっと補足が必要な気がするので、それは次回。





(BGM:曽我町子「バッテンロボ丸」from「東映不思議コメディーテーマソング集」)
→ま、ロボコンの流れですな。
どうなんだろうな、調べてみたら82年の作品みたいなんで、思い入れもあまりないです。
けど、この流れの主題歌はなかなか面白いので、カバーできないかと聞いてみたりしてるわけです。
スポンサーサイト



<< 我々は「防波堤」にはならない の補足 | ホーム | 薄ぼんやりで生きる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP