FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「ひとまず、生きるかな」 ぐらいの感じ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日は山田ジャパンの再演公演「ソリティアが無くなったらこの世は終わり」を見てきましたけど。
前は2010ねんだとかのことなのですが、その時はこんなこと書いてましたね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-22.html)。

どうですかね。
あれから6年。
オレもずいぶん変わったわけですが、いや、まず仕事的なコトで言えば状況がかなり変わったでしょ。
人の出入りがいろいろあって、まあ、最終的になんかやりやすくなったというか。
スーパー猛毒ちんどんも、多少手放しでも単独公演に人が集まってくれるようになったというか。
離婚して再婚したし。

まあ、そう考えてみると、いろいろあったんだなあ6年。
ま、とりあえず何一つバッドになってないので、そこは救いだな。

6年前に見た時にも、なんだかすげえ感動したのを覚えている。
今回は号泣してしまったよ。


オレは、6年前、いや、もうちょっと前は、もっとクサクサしてたし、「自分は不幸だ」とも思っていたし、そういう映画やドラマに感情移入もしていたと思う。
けど、今はそれが真逆で、「オレはすごく幸せ」と思っていて、悲劇ドラマに「あ、こういうドラマに昔は感情移入してきたな」とか思ったりする。

この演劇のテーマというか、つまり中身は、オレなりに感じたコトとして言えば、「ひとまず生きていく」という。
死のうとしてる人がいて、何を言ったらイイかわからないが、とりあえず「ひとまず今日はアレしましょうよ…」みたいな。

その繰り返しじゃん、人生って。
みたいな。
まさに、なんかそうだよな、って今回はホントに思ったというか。


奇しくもこの夜、「カウンター達の朗読会」というのにいってきて。
生きづらいメンタルを抱える人たちが詩?を朗読する、みたいな感じのイベントで。
うつの人とか、そういう感じの。

やっぱり、死が一つのテーマにはなってきます。

今、たぶんオレはまったくこの人たちとは対極にいて、そもそも「普通の家庭」に育ったし、日常で、なんか頭を抱えることはあっても、それ故に「もういいわ!」とか「死にたい」とかは思ったりはしない。

彼らが、「それでも生きる」という選択の中で、こうしたイベントを開いた、ってのは、(今回が10回目だそうで)たぶん、「とりあえず次のイベントまでは生きていこう」ということなんじゃないか、って思って。

イベントを目前に死んだりしたら、まあみんなに迷惑かけちゃうとか、そういうのってやっぱあるし。
楽しみにしてくれている同じような境遇の人たちに対する「思い」もあると思うんだよね。

つまり、人って、「他人のこと」じゃなければ生きられないんじゃないか、って思う。

自分のことだけ考えてたら、やっぱ「どうでもよくなっちゃう」けど、「人に迷惑かけちゃう」「人をがっかりさせちゃう」とかいうことだと、なんかがんばれる、みたいな。
ってか、がんばる、というより、「ひとまずそこまでは何とかやっていける」みたいな。

自分をがっかりさせちゃうことには、正直慣れちゃってるしな。


こう、自分でも追い込んじゃうコトってあって。
年末にやった「生いたちナイト」でも、あれはかなり厳しいモノなんで、用意がタイヘンなんですが、それでも「やろう」って先に発表しちゃう、みたいな。
そうしたら、もうがんばるしかないんだよね。

ライブも似てるけど。
特に単独とかは、胃が痛いコトが多い。


どうなんでしょうね。

生きづらい、ってのは、もうしょうがない。
大小、まああるっちゃあある。
うまくいってそうな人でも、まあ自分的には悩んでる人もいるだろうし、正直そういう人と付き合うのが苦痛だという人もいると思う。

でもまあ、「ひとまず、今日は風呂でも入るか」とか。
風呂がきつければ、寝るか、とか。
寝れないなら、ひとまず起きてるか、みたいな。


その上でね、カウンター達の朗読会を見て思ったのは、「復讐しようぜ」ってこと。
ひとまず、復讐するまではなんとか生き延びようぜ、みたいな。

よく、スーパー猛毒ちんどんでは「逆襲」って言うけど(https://www.facebook.com/SMChingDong/posts/457519361111121)、まあ、そんな感じの。

いじめられてたんだったら、やっぱ逆襲してから死のうぜ、とか。

ま、逆襲の仕方ってのはいろいろあると思うけど、イジメ返してもしょうがないんで、超えちゃえばいいんだよね。
スーパー猛毒ちんどんは、井上達をいじめてた連中を超えたい、みたいなアレですよ。


スーパー猛毒ちんどんの歌で、まあまだ完成してないが、こんな歌詞をどっかで使おうと準備してるんだけど。


オレはスーパー猛毒ちんどんのメンバーだ。
中学生の時、オレにシャープペンシルの芯を喰わせたおまえよ。
ネクタイ絞めて、冴えないな。
ここに来いよ、一緒に遊んでやるぜ。


ま、こんな感じのね。
これが実現できたら、まあいいだろうな、って思うワケですが。


間違っててもイイし、矛先違うじゃん、でもいい。
とにかく気の済むまで逆襲を考えよう。
「考える」って、大事。

ひとまず、今日のトコロは生き延びて、逆襲について考えようぜ。

そして、実行しよう。








(BGM:的場浩司「こんなはずじゃない」from「鎖の楽園」)
→ま、どんなはずのつもりだったんだ?というか。
この頃の唄はピッチとかできないからいいよね。
ネイクドで。
今はもう誰が歌っても同じだし。
スポンサーサイト



<< もっと怒りましょう。 | ホーム | 頭がいいのか悪いのか? ★ 映画 「フィフス・ウェイブ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP