FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

いつも心に小2を


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



クドい!

というわけで、クドいを見てきた。
関根勤さんが座長を務める舞台。

とにかくもう全面に小2である。
うんこちんちんで笑う感じである。

逆に言えばシュールでもある。
だって、もうオチもないし、意味もないし、ちんちんである。

シュールと言えば、オシャレ、先頭を行ってる、みたいなイメージがあるけど、もう真逆のシュール。
わかりやすいし、芸能ネタ満載だし、でも、意味がわからない、というか。

こういうシュール、いいですね。
やっぱ、ちんちんで笑ってナンボですよ。


ま、こんな感じだから、爆笑という感じとはまた違って、こう、「クスッ」とする的な。
でも、そういう会場の雰囲気はマッタク関係ない。

なぜなら、この人達は「やりたいことをやってる」だけなのである。

関根さんレベルになれば、もうそれでいいのである。
お客さんがひこうが(ま、クドいを見に来てる人はひかないけど)、まあ関係ない。

いやあ、ありがたいというか、すげえよな、というか。


なんでしょうね、この来てる人の民度の高さなんでしょうね。
逆民度、というか。

昭和で言うところの「PTAが怒ります!」みたいなことですから。
それにおつきあいして、あまつさえ笑っているという状況は、これ、かなり民度が高い。


当時、ドリフがいろいろ叩かれて、やっぱアレはテレビだからね。
こちらは金払ってソレを見に行く、という意味で違うわけです。
そこにまあ、「怒られない」という現象が起きるわけです。

って、イヤだったらテレビ消せばイイと思うんですけど。

「子どもに悪影響だ!」っていうなら、見せなきゃ良いんですよね。
ソレができないからって、テレビに文句言ったってねえ…。


ってか、そのドリフ見て育ちましたよ。
確かに、今この状況、悪影響があったような気もするが、その時培ったうんこちんちんで、今でも生きている。

やっぱね、市丸達と遊んでると、オナラで笑うでしょ。
そういう部分で大いに生きてるね。

こう、オナラしそうになった時は、一応、こらえて、市丸に「ズボンのここのところ破けてない?」とか言って、お尻の穴の部分を指さします。
「え?佐藤さん?どこ?」ということになって、市丸の顔がお尻に来た時に出します。
ガス放出ですね。

最近では、もうばれているので、市丸も無碍にガスを浴びることもなく、「佐藤さ~ん!またオナラするんじゃないの~」とか言って難を逃れてるわけですが。


まあね、どうですか。
こういうの、不謹慎とかいわれるとどうしようもないんだけど。

「下らん!」なんて、ヒゲをなでつけながら言われたら、「まあその通りでござんす。へえへえ」としか言えないんですが、でもまあ、場は暖まる、というか。

ま、そういう毎日を過ごしています。


なんでまあ、この「クドい!」どっかもう俺の毎日に近いわけで、この「わるふざけ」っぷり、もうなんか嬉しくてワクワクして見ましたよ。


世の中は、そりゃ真面目にモノを考えなきゃならないときもありますが、けっこう普段は小2でいいんだ、みたいな。

いつも心に小2を、みたいな。
案ずるよりも産むが小2、みたいな。


ま、遊ぶときは遊ばないと。
俺はやっぱり先生になっちゃいけないと思うし、実際は先生になっちゃってるけど。

でも、やっぱこうじゃないと、井上とかが「ハゲ!」とか言ってくれなくなっちゃうじゃない。
そりゃアカンと思うワケです。

威厳は出したり、強要したりするもんじゃなく、にじみ出るもんだからな。
たとえ、オナラで笑っていても、だ。


そういう人に俺はなりたいのだ。




(BGM:アマリリス「お父さん」from「アマリリス名曲大全集」)
→ま、絶対ダメなヤツだよね、これ。
スポンサーサイト



<< 必ず見に行ってください | ホーム | ホラーの伸びしろ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP