FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

銃弾の雨の中をバク転したい!★映画「バイオハザード4」&唄特訓

スーパー猛毒ちんどん殴りあいポスター
10/9(SAT)、18時30分開場、19時スタートで、さいたま芸術劇場でスーパー猛毒ちんどん単独公演を軸としたイベント「殴りあい~せめてオレたちもリングに上げろ」開催決定。
今回は、歌モノだけではなく、構成劇的なものなども含んだ2部構成で行います。
テレビ取材等、諸般の事情もあって、今回は入場無料で行う形となりますが、チケットが必要となります。
会場の方が消防法の関係で立ち見が難しいと言うことなので、ぜひともチケットは早めに手に入れて下さい。
チケットが欲しい方は、にじ屋にて手に入れるか、個人的に誰かここの関係者に言ってもらうか、または郵送しますので、連絡を下さい。
電話048-851-6757 FAX048-851-6758虹の会本部・担当斉藤宛、または電話048-855-8438ネット・にじ屋まで。
お待ちしています。
直接このブログのコメントで返してくれても非公開で対応します。





今日は仕事後、「唄の人のみ練習」。
特訓、ということでやりましたけど、まあねー、結局は楽しんでやることが第一だから、特訓という言葉もなじまないんですけど、一応、本番が近いということで、気合いですね、気合いを入れるための練習って感じかな。
唄によっては振りつけを決め、今回はステージがちょっと変形というか、普通のいわゆる体育館のステージのような感じではないので(まあお楽しみ、ってことで詳しくは書きませんが)、その辺を意識した動きをちょっとつけてみました。
うまく合わないのはもう織り込み済みなので、どっちかというと、あうあわない、できるできないより、やる気ですな、やる気。
やる気の見える動きができたらいいな、という感じに考えています。

やっぱり、いくら楽しければいいといっても、それを見せるわけですから、まあ、今回は金を取るわけではないけど、人に見てもらう以上、自己満足のカラオケじゃ困るわけなんで。

まー問題はカイですね、カイ。
動かねえな。
のってる風の時もあるんだけど、ちょっとまだ傾向がつかめないので、なんともコントロールが効かないというか。
オレもコントロールできないし、たぶん、本人もどうしたらいいかまだよくわかってないと思う。
ただ、1幕にちょっとたぶん出番がある予定なんだけど、そこをこの前やった時は、かなりやりきっていたんで、それなりに自分に課せられているモノは分かっているような気はするんだよな。
カイは今春来たばかりなので、顔を知らない人もいるかと思いますが、ステージで唯一動かないヤツ!それがカイです。
あ、そうか、マイク持たせてみるかなあ…、う~ん、まあ、まだもうちょっと時間があるので、いろいろやってはみたいと思います。
でも、たぶん、今回は克服できないまま行くでしょう。
っていうか、それもある意味「リアル」なんで、それはそれで別にどうもこうもないです。
仕事じゃないし、無理矢理やることでもないんで。
ってかね、たぶん、下が入ってきたらやりますよ、こいつ。
来年以降とか、後輩が来たらね、なんかやる気もする。
結局、本人をいじってどうしてやろうかって考えるより、そういう外的要因というか、集団の中の要因で簡単に何かが抜けることがあるから、そっちかな、って思ったり。
そんな気がする。


てなことでそんなこんながあって、その後かなり夜深い時間に今日はまた工藤さん+αでバイオハザード4を見に行ってきました。
前回の映画から間がつまっていますけど、ちょっとね、工藤さんが検査にひっかかったとかで、精密検査みたいのが水曜にあるそうで、もしかしたら入院?「いや、平気だと思うんだけどなー」とか、基本的には拒否したい意向を本人は言ってますけど、そんなこともあって、水曜までに見たいのは見ておこうというようなことで。

ネタバレしますから、気をつけて。

この映画ですね、前作までは、スカパー!の方でまとめて見ました。
ゲームの映画化ということで、ちょっとひいていた部分があったんですが、面白いんだよね。
基本はゾンビ映画といっていいと思いますが、そこにプラスして主人公であるアリスのクローン的なことが加わっていて、話全体を理解しようとすると難解といえば難解なんですが、アクションシーンは痛快で、単純に映画らしくて面白いんです。
つまり、「絶対ありえねー」のオンパレード。
こういう映画、好きなんです。
だって、やっぱり映画なんだから、そもそも拳銃の弾がバンバン撃たれる中を走り抜けるなんていうことは実生活ではありえないわけで、しかもそれをよけちゃうという、もー、なんかよくわかんないけど、とにかくオレは心が躍ってしまうんです。

しかも、アリス役のミラジョボビッチがですね、ステキ!。
もーすごく好きです、オレ。
たぶん、オレはこういう感じの女の人がタイプなんだと思います。
なんていうかな、女っぽい人より、男っぽい人ね。
仕事もばりばりできる人、っていうか、一生懸命にやる人というか。

で、今回は3D。
しかも、あとで3Dにしたのではなく、3Dカメラで撮ったというものらしく、臨場感がありましたね。
3Dっていってるのに飛びださねえじゃねえか!って、前に書いて、いやいや、3Dとは立体感、奥行きとか、そういうもんであって、飛び出す=3Dではない、ということを学習したところでありますが、でも「飛び出して欲しい」という気持ちが捨てきれなかったんです。
が、今回、そんなに飛び出しはしなかったですが、すごく3Dでしたよ。
特に、最初の方のシーンで、渋谷の交差点からずっと視点が上がっていって、地球を見下ろす、みたいな風になるところがあったんですが、正直、クラッとしました。
酔った、っていうかんじ。
まあ、なんとなく全体的に風景の映像が軽い感じはしますけど、でも、それもこのバイオハザードの世界観とマッチしているという感じで悪い気はしませんでした。


話はちょっと難しくて、今回だけ見る人にはちょっと辛いモノがあるかもしれません。
でも、アクションは痛快だし、ミラジョボビッチ、市丸曰く「みらみらみらぼっち」はステキだし、3Dはすごくいいし、見てそんはないと思います。
迷ってる人がいたら、ぜひオススメであります。




(BGM:千昌夫「あんたのバラード」from「グルーヴィン昭和!2~ベッドにばかりいるの」)
→このアルバムばっかりになっちゃいますけど、あまりに名曲ぞろいなもんで、しょうがないです。
これは、もう、自由。
バックは確かにツイストのあんたのバラードなんだけど、語るね、語りです。
最後には「いやあ、まいったな、こりゃ。だめよ!ちゃんと聞いてくんなきゃ」って自分で言っちゃってるもんな。
確かに、この企画があって、実際歌ってみたらばうまくいかなかったから、語ってみました、ってことなんだろうなあ。
いや、こういう音源はいいですね、素晴らしいです。
スポンサーサイト



<< うちのチンドンは練習も面白いと言われますが | ホーム | 自分が変わらなきゃ、何も変わらない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP