FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

たまにはマジックでも見に行きませんか?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日、鉄丸さんこと、ノーヴハッセルアベさんのマジックを見に行ったんですが。

といっても、レストランというか、まあ飲み屋さんというか、そういう場所で鉄丸さんがテーブルを回ってマジックをしている、という。
鉄丸さんは、月にけっこうそうしたことをやってて、スケジュールなんかはこちら(http://magic00.com/category/info/)を参照して欲しいんですが。

いや、どうですかね。

まず、普通の食べ物屋さんでテーブルを回るというのは、そもそも勇気が必要かと思うんです。
鉄丸さんによれば、「お邪魔します」といって入っていって、それでもなんかこうそのテーブルが深刻な感じだったりして「後でね」なんて言われることもあるらしい。

そりゃそうだよね。
中には別れ話をしてるカップルもあろう。

いや、でも思うのだ。
だったら、なお、鉄丸さんのマジックを見ろ、と。
ステキな別れになるかもしれないし、いや、もう一度、となるかもしれない、くらいの衝撃があるから。

つまりまあ、常にお客さんがウェルカムな状況ばっかりではない、ということだよね。
それでも、オレたちが行った時も、別のテーブルで知らないサラリーマンの帰宅途中にちょっと飲みに寄りました的な人たちが鉄丸さんのマジックを見て、「うぉぉぉぉぉぉぉ!」と盛り上がっておりました。

世の中には、素っ頓狂な人とかもいて、マジックの種を見破ろう、なんて阿呆な人がいますけど、まあ、そういう人、つまり「マジックを見る民度がない」人もいるわけですよ。
そういう人にも当たっちゃう時もあるでしょう。

でも、それを越えますよ、鉄丸さんは。

そりゃね、「マジックショー」と銘打ってやった場所に来た客というのは、そもそも「マジックを見たい」わけですから。
まあ、そこには多少の共犯関係があるわけですが、この鉄丸さんのレストランでのマジックはそうじゃない。

つまり、かなり「腕に自信」がなきゃゼッタイできないですよね。

そもそも、テーブルに行って、テーブルでやるってのは、もう真正面、いや、コバの手のひらで大変なことが起きましたよこの日も。

しかも、下からも後ろからも、横からも見られる可能性があるわけでしょ。
それをもう考えた上で、ギッチリと決めてくる。

だからまあ、ファンも多いのだと思いますが、我々が行ったときも、鉄丸さんの時間は21時までだったんですが、ギリギリに来て「え?終わっちゃったの~?え~」なんていう娘さんとかもいました。


俺はなんだか、こういう「腕一本の人」に憧れるところがあって。

前はあまり野球は見なかったんですが、相棒の影響でまあ見るようになりまして。
野球選手もスゲエな、って改めて思ってる昨今なんですけど。
ツイッターなんかでは、ギター一本弾き語りで毎晩のようにライブをやってらっしゃる方の告知が流れてくる。

いや、すげえよな、って。

俺は単独でやる仕事ってのはあまりないから、常に誰かに寄りかかって、誰かを頼りにして話を進めていく状況なんで、こうマッタク「腕一本感」がない。
自信もない。


そして、こういう人にもっともっと俺は売れて欲しいな、と思うんですよ。
やっぱ、エンターテイメントの世界だから、マジックって。

こう、なんか面白いコトが言えるとか、キャラとか、そういうのでけっこうテレビとか決まっちゃうじゃないですか。
そうじゃなくて、こうホンモノっていうか、中身で判断してもらって、というね、流れにならないもんかな、と。

みなさん、ぜひノーヴハッセルアベさん、検索して、たずねて行ってみてくださいな。


あ、そういえば、彼、前職は「とんでもない方」の運転手だったという経歴の持ち主で、いや、もう日本でほとんどの人が知ってるだろうという人の。
でも、その方が活躍してるジャンルに関してマッタク興味がなかったので、逆にそれで運転手としてもってたんじゃないか、みたいな話もなさってましたけど。

その辺も面白いので、マジック後には一杯一緒に呑んだりも楽しいかも!
って、鉄丸さんは下戸ですので、ジュースで乾杯ですね。





(BGM:Nishat Khan「Raag Puriya (Alaap)」from「String Craft」)
→これ、かおるさんの遺品のCD。
俺はこういうのでトリップできる人ではないので、ちょっとどうにもわからないところもある。
スポンサーサイト

<< いくらなんでもやり過ぎだ… | ホーム | 16日~20日はにじ屋アナログ盤フェア~! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP