FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

専門家ってなんだ?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



近所に障害者向けの歯医者がある。
いわゆるセンター的な感じであるが、そこで診察もしている。

不随運動があったり、知的障害でどうにもいうことを聞いてくれない、とか、まあ、いろんな「ハードル」があって、障害者にとって歯医者の選択はけっこう難しいモノがある。
その昔、浦和では、肢体障害の息子があまりに虫歯を痛がって、しかし、不随運動のためにどこも診てくれなくて、思いあまって殺してしまった、という出来事があったそうで。

ま、そのくらい、歯科に関しては難しいのである。

けど、歯というのは一回痛くなるとどうにもならない。
我慢ならない。
だから、どうやっても「なんとかしてもらわなければならない」。

けど、「ビクン!」って体が動いちゃったりする場合、細かい作業を必要とする歯科診療は、あまり親和性があるとはいえない。
暴れ回っちゃったりする場合もそうだ。


カイがそこに通っていたのだが、といっても、いや、虫歯があるとかじゃなく、歯石を取ってもらう、という感じのアレなんだが。

が、カイはもちろん、ただ座って歯の診療を簡単にさせてくれるほど甘くはない。
歯医者の器具を触りまくったり、抵抗したりはしていたようで。
そんな中、歯石を取るために「全身麻酔をかける」とこの障害者向けの歯医者は言い出した。

う~ん。


いやいやいや、先生の器具を触ったりするのはカイが悪い。
けど、カイはきちんと言い聞かせて「これはやっちゃまずいな」ときちんと認識できれば、やらない男でもある。
というか、そういうヤツは知的障害の中では経験上多い。

暴れ回る、いうことを聞かない、という前評判でウチに来て、いろいろと試した結果、うまいこと丸く収まることが「多い」。
まあ、全部が全部そうだ、とは言えないとは思うけど、今のところ、まあ上手くいってると言っていいと思う。

何かあったらカッターで切りつけようとしてきたヤツもいたし、包丁を投げてきたヤツもいた。
でも、おそらくそれが「◯◯が来た頃の話だよ」なんて言っても、今の◯◯を知ってる人は「嘘でしょ?」と信じてくれないだろうかな、と思う。

それはまあ、自分たちも「プロ」だから、刃物振り回すなんてのには、なんとか対応できなきゃいけない、と思うし、「障害者云々」というのなら、それができなきゃ「プロ」を名乗っちゃいけないだろう、と。
いや、まあ先に書いたように、「すべてが上手くいくわけじゃないとは思う」という前提で、でも、その「手立て」はいくつか持っていて、それを「順番に試してみる」くらいのことは、少なくとも俺たちはやる。
で、まあ今まで、その中でヒットしたモノがあったと言うことだ。


そう考えるとですね、結局、この医者は、障害者の専門の歯科、といいながら、なにも試さずして「全身麻酔」と言ったわけで、ん?、と。
いや、最初から全身麻酔だったら、もう関係なかろうに。
障害者専門云々関係なく、どの医者でもやれるだろうよ、と。


てなことで、でもまあ全身麻酔は危険もないわけじゃないし、そもそもやらなくて済むならやらない方がいい。
ま、そんなことで、「障害者専門」を標榜した医者を離れ、「一般の」歯医者の中で、「知的障害者のカイの歯」をみてくれるところを探し始めたんだけど。

そしたらね、一件目。
というか、カイの家の目の前の歯医者が診てくれるって言うことで。

なんてことないじゃん!
専門とか言ってんじゃねえよ!

…みたいな気持ちになりますわな。


ま、外口さんがついてて、器具に手を出しそうになったら止める、という感じでやってるようだけど、いや、でももう「ここではふざけちゃイカン」というのはカイもわかってきたようで。
というか、だから、「わからせる努力」ってのを、なんでその専門の歯医者はしてくれなかったんだろうか?と。

なんかもう、とてもなんかいらだちが募るわけです。






(BGM:イトキン「What’s happen?」from「「ララピポ」a lot of people~official compilation album」)
→この映画は見に行ったんだけど、ちょっと覚えてないけど、なんか最後の方でおかしな感じになった映画だったっけかな、という記憶があります。
でも、ララピポって言葉の響きは好きだな。
スポンサーサイト



<< 衝撃的なドリフ的殺人現場 | ホーム | 似てる!から始まることもある >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP