FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

北村一輝さんがハンサムすぎて惚れる ★ 映画 「相棒 劇場版」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先週になりますか、工藤さん+αで「相棒」をみてきたわけですけど。
あ、もちろん映画、劇場版。

どうですかね。
大ヒットドラマの映画化ということで、もう何度も映画化されてますし。
けっこう、日本のほとんどが知るドラマ、といってもいいんじゃないでしょうか。
うちのコバなんかも知ってるし、井上は主役のあの方を「水原ケン」と言ってましたけど、水谷豊さんですね正解は。
ま、それでも、「水」があってるわけですから、かなりなもんです。
イチマルは「あと、ミッチーでしょ」と言ってましたから、もう「通」といっていい。
といって、今回の相棒は反町さん。

どうなんですかね。
西部警察から続く「刑事もの=アクション」、という図式を壊したのは古畑さんですけど、相棒に関しては、その中間だよね。
正直、どっちつかず、というか。

なもんで、正直、ま、毎回期待してないんですけど、そこそこいいですよね。
そこそこ面白い。

この辺、「テレビ発信」らしいっちゃあらしいですね。
カルト的人気、ということではなく、大衆向けの「面白い」をきちんとやってくれる。
結果、「そこそこ面白い」「合格」的な感じになります。


ま、どうなんでしょう。
今、実はテレビの取材が入ってまして。
これを書いてる時点なので、アップされるよりはちょっと前、ということになりますけど。

テレビの取材もお断り、「無理ですね~」みたいなことを伝えたんだけど、そこからも変わらずテレビの担当の人がやってきちゃってて。
断ったら、来なくなるかと思ったんだけど。
飲み会だとかに参加したりして。
いや、別に誰が参加してもいいんで、いいんですが、そうやって来られちゃうと、やっぱ人間ってのは情がうつっちゃうもんで、「まあ、取材いいですよ」という風になってしまったという体たらく。

もうテレビの人の思惑通りになっちゃってるぜ。

紙媒体の人とこの前しゃべってて、「いや、もうテレビ局の人ってのは、目的がはっきりしてるから、(取材対象に対して)突っ込み方がうまいんだよ」て言ってましたけど、ほんとその通り。
みごとですよ。
(日曜6時のまるちゃん風に)「見事、はまっちゃったよ…」。


ま、それはいいとして、テレビねえ。
テレビって、やっぱ今や権力だからね。
テレビがそこの商品を紹介すれば売れる。
テレビがスキャンダルをやらなきゃ、政権も安泰、みたいな。

こうなると、当然「お願いしますよ」ってすり寄ってくる人が多くなるわけで、テレビは自然と「鼻が高く」なっていく。

ま、こうなった原因の一つは、われわれ庶民が、あまりにテレビを見すぎているからですよね。
「なんとなくつけている」とか。
それどころか、「テレビでやってるから本当のこと」なんて勘違いまでしている。
「テレビでやってた食堂だからおいしいはずだ」なんて。

ちがうちがう。
テレビでやってた食堂は、テレビ局の人にごちそうとかしたから映ってるんだって。
もしくは、テレビ局の人の親戚とか。
うまいからじゃないんだってば。

ま、そんなこと、大概の人はもうわかってるんだけど、それでもテレビから離れられない、というのが現状じゃないでしょうか。
ましてや、いわゆるドンキの前にいる感じだったり、ほかの娯楽が少ない地方の方に行ったら、「大概の人がわかってるんだけど」って前提も成り立たなかったりするんだろうな。
ま、そう思うと暗澹たる気分なんだけど。


ま、そんなことを思いつつ、「相棒」です。
劇場版らしく、そして、大ヒットドラマの映画化らしく、もう金がかかってるというか、けっこう大がかりっぽい作り。
マイナーの映画なら、最初からこの脚本は作らないよね、という感じですね。
何万人の人が出ているパレードを狙うテロ、って設定だもの。
これは、金を使わなきゃできない。
というか、そういう前提で脚本作ってるよね。
「金を使うために」くらいの勢いじゃないかと。

とはいえ、まあ、つくりはしっかりしてるんです。
「国家に捨てられた」というのがこの犯罪集団の犯行へのきっかけになってて、この辺は「テロというのは国家が作る」というね、そういうあれですよ。
テロの芽を残した、いわゆる失策をやっちゃってるんだ。

その親玉、政治家がまあ、ひでえやつで。
でも、まあ殺されもしないし、つかまりもしないし。
なんだかなあ、という感じはしますが。


この作品は、テロリストをすごく「善意」の人に描いていて、その辺で賛否は分かれるのかもしれませんが、でもドラマとしてはわかりやすいです。
そこはなんだか、とても俺は個人的に好感が持てましたね。

やっぱ、テロ=悪って感じになっちゃってるからね、今の時代。
そりゃ悪なんだけど、悪なんだけど…というあたりだよね。
そこをドラマにしないと、やっぱ面白くないよね。


なんか、セリフの中で、「日本人であるということだけでテロの標的になる時代…云々」という言葉が何度も出てきて、なんかその辺はちょっとスタッフの矜恃を感じたというか。
テレビ発でも、ここは言う、みたいな気概は多少感じたところであります。




(BGM:Copter4016882「Rockin' My Way」from「2D2D」)
→これね、かっこいいんだわ。
サウンドしっかりかっこいいけど、ボーカルが脱力してる感じもいい。
ま、誰だかよくわからんのだけど。
スポンサーサイト



<< 浮かばん… | ホーム | 頼むぜコバ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP