プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

なんでヤツらの利権に与するわけ?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



空き家問題というのがあるらしく。
継ぐ人がいない家、みたいな。
けっこう深刻みたいで。

空き家になってしまうと、家が荒れるし、まわりも荒れるというか。
それに、廃墟探検よろしくイタズラする若者が集まってくる的なコトもあったり。
治安も悪くなる、と。

現実的には、そういう家が近所にあれば、地価も下がるだろうしなあ。

取り壊せる財力があればいいんでしょうが、残された遠くに住む遺族が必ずしもそれをできるわけでもなし。
かといって、ずっと長きにわたって遠くで生活してきた遺族がここに戻ってきて、空き家対策のためだけに住む、というのも、なんだか現実的ではない。

これ、地方だけじゃなくて、都内なんかでもそういう問題が出てるそうで。


…ふむ。


どうですかね。
これ、例えば、ホームレスの人もいるんだから、って気もしてきますよね。
うまくマッチングできないモノか、みたいな。

とはいえ、私有地ですから、そんなマッチング制度を作ったところで、なかなかね、すぐにホームレスの人が住めるわけはない、って気がしますね。
ただまあ、都会に住みたい若い夫婦なんかが都内の空き家に、みたいなマッチングはあるようで、それはどっか「公営住宅が足らない」って現実もあるように思うんですけどね。
あ、過疎地のマッチングというのも、あるにはあるけれど、そんなになんか盛んなようにはちょっと見えない感じ…。

ま、これ、お金が絡みます。
行政が借り上げるとか、そういうことがないと、ちょっと難しい感じがします。
いや、民間の競争原理を入れてやれないこともないという気もしますが、基本的にこれ、「うま味が少ない」んですよね。


なにせ、発生する額が小さい。
家を建てる、とか言うなら、それなりに金が動くけど、ホームレスの人が家賃を払う家賃とか、そういうこと、たとえ、それが税金の投入になったとして、小さいんだよね、それ。

それに比べると、やっぱ原発なんか、桁が10くらい違う気がしますよね。
いや、もっとか。
だから、役人は躍起になって原発は作ろうとするけど、ホームレスと空き家のマッチングにはそこまでの熱意がない、みたいな。

いや、なにもそれでいい、って話をしたいわけじゃないんですけど。
現実論でね。


福祉ってのをそもそも論で考えてみると、そんなに金額が発生するものって少ないんですよね。
「各々のニーズに合わせた制度の弾力運用」なんてことをウチは要求したりしますが、それって、もっともっと小さい。
各々だから。

それでも、施設なんかは、小さくはない。
建設費用だったり、入所する人の人数が100人とかになったら、やっぱそれなりにデカイ。
だからやっぱ、日本では、昭和の時代に大量収容を軸とした福祉施策が福祉の中心だったんだろうな、と思うんです。

利権がでかいところからやる、みたいな。

で、最近になって、そもそも施設を作る土地が見つからなくなって、まあしょうがなくグループホームとかが始まるわけですけど。

それはやっぱ規模が小さいから、うま味も小さいので、じゃあ他になにかないものか?と彼らが思ったのかどうだかはわかりませんが、それが「資格ビジネス」だったようにも思います。

ヘルパー派遣の資格を民間企業に与え、そこで事業を行うために「資格が必要だ」とすることによって、民間は必死に事業を成り立たせるために「資格」を必要とする。
こうなれば、あとはもう黙っていても、資格を取らせるビジネスには金が入り続ける。

本来は、ヘルパーの資格は、ヘルパーさせる側、つまり障害者側が与えるべきモノなのに、それを「国家」が与える、ことで、利権にしたわけだ。


ま、まんまとソレに乗っかる、障害者自身が運営するヘルパー派遣事業所もあるからな。
わけがわかりません。
搾取され続けているのがわからないとは、まあ情けない、と思います。





(BGM:岡村孝子「見返してやるんだわ」from「After Tone II」)
→「まつわ」からの「見返してやるんだわ」。
いい流れです。
スポンサーサイト

<< 意味不明な手帳が遺品からでてきたら… | ホーム | 食料調達してきたらバナナだった、という徹底ッぷりはキライじゃない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP