プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

意味不明な手帳が遺品からでてきたら…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



久々にご本人がわくわくする企画~。


てなことで。
「罪の声」という塩田武士さんが書いた本を読んだわけだけど。

もう、厚い本で。
しかもあまり読まない小説。
アオテツ(@aotetsu)が貸してくれたんだけど、というかくれたんだけど。
面白いから読んでみて、って。

アオテツというのはおかしな男で、とにかく読んだ本とか見たDVDとかを、よくくれちゃうんだよ。
というのも、なんか「何も持っていたくない」というタイプの人のようで。
どんどん「身軽にする」という男で。

俺なんかは捨てられない方なので、なんともまあ気分はよくわからないんですけど…。


それはまあそれとして、そのくれるもの、ってのがことごとく「当たり」なんだよね。
まず趣味が合う、ってのがあるんだけど。
「これ、たぶん、あなた好きだと思うよ」みたいなね。
編集を仕事にしてるだけあって、その辺の嗅覚というのは広く効くというのもあって、信頼してるんだが、いや、これがまた面白かった。


グリコ森永事件を題材にしたフィクション。
アオテツ曰く「売れた小説だよ」とのことで、確かにもう引き込まれるというか、うまくできている。
あからさまに「グリコ森永事件」を題材にしていて、それを隠しもしない。
名前がちょっと違うだけだ。

事件の解明されている部分をそのまま使い、真犯人に迫る。
しかも、あの「子どもの声での電話」を軸に、真犯人に迫るのである。
なかなか面白い設定というか、目の付け所がマニアックというか、いいとこをついてくる。


これ、主人公の一人が父の遺品を整理しているとテープが出てきて、それがどうも自分の声なんだけど、あの事件で使われたテープである、ということが発覚。
同時に出てきた手帳には、それらしい記述が…。

という流れで、「俺は子どもで分からなかったが犯罪に加担していたのか?」「いや、父親が?」という…。
そんなことでまあ、それを追っていく。
同時に、未解決事件を追う、ということで、雑誌記者が動く。

その二人は最後の最後、出会うんだけど…。
もう一人、電話の声をした子がいて…。


まあ、そんな話で。
スリリングでなかなか面白い。
後半、多少チカラ技を感じなくもないが、スピード感もなかなかよろしい。

完全にまあ、映画化したほうがいいですよね、これ。
実際の事件を扱ってるから、その辺どうか、ってのはなくはないけど。
父親を疑う一人の主人公は吉岡秀隆さん、雑誌記者の方は小出恵介さんでどうでしょうか。

ただなあ、これ、ヒロイン的な人が出てこないんだよね。
映画化にあたっては、広瀬すずちゃんを吉岡さんの妹さんとしてキャスティングしたらどうでしょうか。
原作には出てきませんが、映画化にあたってはしょうがない。
途中出てくる板長さんは、笹野高志さんで決まりでしょう。


しかしねえ、この「持ってた」「残ってた」という。
そのテープや手帳をなぜ「残していたか」ということに関しては、もうわからないわけだけど、だって、すぐ捨てればよかったじゃん、という。
アオテツみたいにすぐになんでも「持ってられない」って人だった場合は、こんなドラマは生まれません。

このお父さんが「なぜ捨てられなかったか」というのはちょっとわからないけど、でもこういう「捨てられない」ものもありますよね。
なんか「前の彼女のもの」とかっていうのであれば、新しい彼女ができたときに捨てられるタイミングがあったりするけれど、タイミングがないものってのもある。

子どものころにコミックの間に挟まってたカタログみたいなやつ、とか。
それがなんか面白くて、よく見てて、なんか捨てるに捨てられないなあ、とか。
二度と同じものは出てこないだろうな、とか思ったり。

特におまけはそうですよね。
小学生の時にビートルズのレコードを買ったらもらったディスコグラフィーとか。
なんかね、きっとまだ実家のどこかとかにあると思うんですけど。

俺はフィギュアとかはあまり興味はないんだけど、こういう「紙」に弱い。
ま、重ねられるし、なんかの本に挟んでとっとけばいいし、楽は楽ですが、たまるはたまりますね。

きっと、俺が死んでしまったらもうどうにもならないゴミでしょうけどね。
動物の中では人間だけが「モノに価値を付ける」とかっていいますが、ま、だからそれを「とっとく」というのは、人間らしいと理解して、まあこんな事件のようなことはないことを祈りますが、ま、いいとしましょう。
ゴミ屋敷とかってなるとそれはそれでまあまわりは困るけど…。







(BGM:北乃きい「浮間舟渡」from「心」)
→これ、ウチの近所の駅の名前なんだけどさ。
なんか噂ではけっこう駅前の風景はきちんと考証されているらしい。
この子と浮間舟渡、なんのゆかりがあるんだろうか?
スポンサーサイト

<< いじめにどう対処しようか…う~む… | ホーム | なんでヤツらの利権に与するわけ? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP