プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

釜ヶ崎プロレスに行ってきたの巻


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



釜ヶ崎プロレスには、昨年はオープニングアクトで呼んでもらった。
楽しかった。
また行きたい、と思った場所はそんなに多くはないが、ここはその数少ない中でもレベルが違う。
野外でウチがやるとしたら、三角公園以上の場所はないと俺は思っている。
まあ、その方向は昨年の今頃の記事を読んでもらうとして。

といって、行きたいのは山々なれど、釜ヶ崎は大阪である。
大所帯のバンドとしてはそうそうハイハイ、と行ける場所ではない。

だけれど、昨年に俺が感じたあの感じ(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3639.html)を、また自分の中で再現したい感じがして、確認したい感じがして、釜には行きたかった。
けど、まあそうそう機会もなく、でも釜ヶ崎プロレスはなんかちょうどいい機会だ、と思い立ち、そしてなんか一回そう思ったら「いてもたってもいられなくなって」しまい、大阪に行ってきた。

ノブと市丸と、アキと四人で行ってきた。
この人選は、まあ年金がちょっと残ってる連中、という。


なんか、ちょうど釜では「福祉の金」が出たところらしく、みんな酒を飲みに行っちゃってるな、とかいう感じだったらしい。

でもなんか聞けばあぶれ手当も銀行振り込みになる?とか…。
おいおいおいおいおい、と。
通帳はハードル高いだろ…というか、貧困ビジネス花盛りの中、なんかもう犯罪に巻き込まれる感じしかしない。

センターも建て替えで一時移転するらしいけど、今のように寝っ転がったりシャワー室があったりの感じになるとは思えない。
学校の塀には水道が通してあって、水が流れるようになっていて…。
まあ、花に水をやるという体らしいけど、単純に「おっちゃん寝るな」だよね。

三角公園のわきにあった、酒の自販機。
アレもシャッターが閉まってた。
なんか一斉撤去したらしい。
なぜって、おっちゃんらがたまって座り込んで飲んでるから、だって。

キレイな再開発のビルができる計画もあるらしく、なんだかとにかく「おっちゃんら出て行けや」感なんだ、とにかく今の流れ。


ま、街がキレイになるのは悪いことじゃない。
けど、今の流れは、「きれいにする」ためじゃなく、「おっちゃんを追い出すため」「地価を上げて再開発したい」だけだからな。
きれいにして、おっちゃんらが居心地がよくなるわけじゃないんだよ。
むしろ、いられなくなる。

そこに生きてる人のためにきれいにする、って目的じゃないんだわ。
だから、今の流れの「街をきれいに」ってのは、きれいにする、じゃないんで、単純な話、賛成できませんわね。

汚くてイイ、なんて話じゃないですよ。
そうじゃない。


聞けば、あいりん地区、動物園駅のあたりになるわけだけど、新大阪から地下鉄で一本なのね。
そりゃ、まあみんなこぞって地価あげたい。
マネーゲームやってる連中は、ここに目をつけた。

クソっすね。
いや、もうほっといてくれたらいいのにさ。
誰の金のために、誰の儲けのために、ここで生きてる人は追い出されなきゃならないのか。
そんな勝手な話があるだろうか。


昨年、ここで、隠れた場所でメイクが終わったカイが、三角公園のおっちゃんの中に行きたがった。
ネタバレだから、ライブが始まるまで待てといってるのに。
こっちにいるより、なんか堂々とスーパー玉出で買った総菜を食いながらアーケードを歩いていた。

あのね。
ここを、「選ばれた人が歩く街」にしちゃいかんよ。
それはカイをも拒絶する、ってことだから。


俺は、やっぱでも金を持ってるし、あ、別に中の下ですけど、おっちゃんに比べたら、という意味で。
だから、なんか多少、やっぱ「居心地の悪さ」というのがあるというか、俺なんかがおっちゃんの気持ちがわかるとか、そういう感じのことはマッタク思わないし。
偉そうになんかを語るアレではないと思う。

それに、やっぱカイとか市丸とかと一緒に暮らしてると、「下に見られる目線」ってのはいつも感じてて。


あいりん地区の小学校の近くの公園にホームレスが住み着いてて、子どもが怖がるから、とかって公園に塀ができる。
でも、ホントは、そのホームレスのおっちゃんは子どもたちに石を投げられてたって話もあったり。

あの相模原の事件も同じなんだ。

「死んでもイイやつ」「いなくなってイイやつ」ってのを社会が作り出した時点でさ、それ、次はオレたちなの。

んなわけで、今、市丸たちが「下に見られる目線」ってのはね、すげえ気になる。
だから、おっちゃんらが俺をどう見るかは知らんし、追い出されたらしょうがない、とは思ってる。
でも、そんなことはいまだかつてなかったし、みんな受け入れてくれる懐の深さが釜にはあるとも思う。

昨年のライブで会ったおっちゃんが、「アーあの埼玉の!」って覚えててくれて、話しかけてきてくれたりした。
ありがたいことだよ、ホント。


だからこそ、釜はなきゃいけない。
下手をうって、ここに流れてきた人も多いんだ。
だから、ここを潰したら、もう「這い上がれない人生」を自ら認めるってことだぜ。
今、マネーゲームに興じてる連中だって、いつ落ちるかわからないのに、よくもまあ、ここを潰すなんていうよね。
恐くないんだろうか。
アホなんだろうか。


さっき、居心地が必ずしもよくない、というようなコトを書いたけど、それはそういう「アタマの中で考える事」であって、まあ気持ちのことではない。

気持ち的には、昨年も書いたけど、とにかくいい場所だ。
三角公園に座ってプロレスを見ながら発泡酒を飲む。
そういう俺やイチマルを飲み込んでくれる懐の深さに、漂う感じ、というか。

そういうことだ。
なんも理屈はいらんのだけど。


でも、その「理屈はいらんのだけど」を潰そうと、文字通りブルドーザーでつぶしに来よる連中がいる。
イチマルたちにしてみたら、ナイフを持って殺しに来る連中がいる。


それはね、どっか底でつながってる連中で、オレたちは、そこに抗していかなきゃいけないと思う。
なにかあったら、力で、でも。




(BGM:the Checkers「80%」from「Seven Heaven」)
→チェッカーズはシングルのA面を自分たちで曲を作るようになって格段によくなったと思ってて。
これは鶴久さんがリードボーカルとのことだけど、彼もキュートでイイ声してるんだよね。イイバンドだったと思う。
スポンサーサイト

<< 今、あなたはどこに立ちますか? | ホーム | エンターテイメントの先にまたエンターテイメント >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP