プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

主演、セリフ無し


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレする。


「女子高」

AKBの峯岸みなみさん主演と言うことで、まあ、まったく困った感じに仕上がっています。
というかですね、話が浅いです。

同窓会に集まった昔の仲間。
そこに死体、というか、最終的には死んでないことが明らかになるんだが、そしてピストル。
「この中に犯人がいる!」ということになるんだけど、最終的には死んでないし…って、すげえ無理があるんだわな。
それに、まあ高校の時に峰岸さんが同級生を殺してて、その復讐のために仕組んだ、って話なんだけど、「高校の時に殺してた」って、どういうもう現実離れした話なんだこれ…。

というわけで、これはもう台本が悪いと思います。
峰岸さんのせいではまったく、ない…と思いますけど、ま、多少荷担してる感じはあります。
というか、まあ仕上がりもその程度の感じの映画。

峰岸さんを出すための映画だったんだろうな、という。


「女子大生怪奇倶楽部」

これ、面白い。
フェイクドキュメンタリーを作ろうとしている、というより、完全にそのパロディになってる。
正直、もうドキュメンタリーカメラ感まるでなし。
ネタも突飛で面白いが、ちょっとした出演者の会話とかもなかなか面白い。

いや、どうしようもない映像ですが、こういうのキライじゃないな。
暇な人はちょっと見てほしい。


「樹海鬼ごっこ」

サイアクだなこれは。
こういうのに必要不可欠なエロも足らんし、血とかもおざなり。
好きな人が作ったとは思えない血のり。
こういうのはあかんな。


「楳図かずお恐怖劇場全六作」

まだらの少女、絶食、などなど、楳図大先生の作家生活50年という節目に、不朽の名作を実写化しようという企画。
ま、楳図大先生の実写化はたいがいがコケます。
が、まあ、これはがんばってるんじゃないかと。
といって、まあしかしあのマンガの世界には遠く及びませんけども。

成海璃子さんがまだ小さい頃の出演作、まだらの少女。
多くの「知らない役者さん」が多く登場するこの手の映画の中にあって、彼女の演技ってのはやっぱちょっと飛び抜けてるな、と思いましたね。

ま、話のスジはみんな知ってるわけですよ、俺としては。
楳図作品はほぼ読んでる。
特に短編はすごく好きで、小学生の頃から読んでた。
ちょっとイヤなガキですけど。

だからこそ、「アレをどう料理してくれるのか?」というね、そういう見方にはなっちゃうんだけど。

絶食、蟲たちの家、に代表される、いわゆる「本当におかしかったのはあの人じゃなくてあなた」みたいなどんでん返しパターン。
絶食においては、デブの子とカワイイ子の切り替わりがなかなかテンポよく、蟲の方ではなんだか行きつ戻りつする物語の進行がなかなかよかったんではないか、と。

ま、そんなわけで、ただね、もうチープです。
それはスポンサーサイドの問題というか、そういうアレですけど、でもまあ、スタッフは楳図作品を「作り上げよう」的な感じを持ってることは伝わってくるので、まあ、なんか見てられます。


「ディストラクション・ベイビーズ」

柳楽くん主演。
といって、ほぼ台詞なし。

「誰も知らない」は名作だったけど、その後ちょっとパッとしなかったというか、あたりがなかった感じの彼の、いや、すげえいい感じじゃないですか?これ。

この映画、とにかく、ずっと柳楽くんがケンカしてる。
それだけ。
ケンカに意味もない。
とにかくケンカしてる。

そして、そのケンカがリアル。
いわゆる「立ち回り」ではなく、「殺陣」でもなく、「ケンカ」。
音もペチペチ。
ちゃんと頬を拳で殴る音がします。

一応、若者のロードムービーというか、青春群像ということになるんだろうけど、ちょっといくらなんでもこれはひどすぎる。
いや、映画がひどいんじゃなくて、この柳楽くん+1がひどい。
ケンカと言っても、よくある義憤とか、正義感とかのかけらもない。

ただね、この典型的な「破滅型」の若者。
何か惹かれるところもあるんだよね。

映画としては、ラストに向かって、多少減速しちゃった感じが惜しい、かな…。








(BGM:cruyff in the bedroom「apple sauce」from「apple sauce」)
→シューゲイザーっていうんだ、こういうの。
日本の人たちとは思わなんだわ。
なんでしょう、これ、フロアで爆音で聞いたらすげえだろうなあ。
完全にライブ向きですな。
スポンサーサイト

<< なるべく「説得しない」 その1 | ホーム | どっからどこまでが儲けなのか?マッタクわからない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP