プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ドントトライディスアットホーム


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



というわけで、ちょっと前にになりますか、大日本プロレスの後楽園大会に行ってきたわけだけれど。

いや、鈴木秀樹選手。
大日の所属の選手ではないけど、無骨な、体のデカイ、昭和臭がすごい選手。
そしてなんだかもう「けんか」って感じなの。
静かに「テメエコノヤロ!」みたいな。
こういう選手、いましたよね。
お客さんにアピールするでもなく、静かに重い技を的確に相手に繰り出していく。
いや、好きですね。
かっこいい。

今、その鈴木選手がストロングBJのチャンピオンなんですが、その防衛戦がメインでありまして。
神谷選手が挑戦。
神谷選手、前にチャンピオンだった事があるとはいえ、若いですからね。
色々考えてもどうにも分が悪い。
鈴木選手の一方的な展開になるんじゃないか?という危惧もあった中、いや、ふたを開けてみたら、どっちが勝ってもおかしくない、いい試合になったんですこれ。

まず、神谷選手がゴングと同時に得意のショルダーアタック風の技で先制。
その後、しつこいヘッドロックで追い詰めていく。
このヘッドロックがなかなかすごくて。
体を入れ替える感じとか、いや、もうすごくアタマを絞る感じが伝わってきて、もうこれ鈴木選手痛いだろうなあ…という。
ま、地味な攻防なんですけど、お客さんもわきましたね。

つまり、昭和風の鈴木選手と神谷選手ってのは、実はすごく手が合うんじゃないか?というね。
まさに、なんかジャンボ鶴田と誰かが闘ってるようなね、そんな「キングオブプロレス」を見たような気がしました。

そんな鈴木選手を市丸も大好きなんですけど、どうも「鈴木秀樹選手」というところを「鈴木ムネオ選手」と言ってしまう。
…新党大地かよ…、という。
「佐藤さん!鈴木ムネオ選手、かっこいいよね!」みたいな。
まあ、面白いんでほっときますけど、そんなことで。

ま、地味であっても、デスマッチじゃなくても、かっこいい選手は市丸の胸にも届く、というね。

で、この鈴木選手。
まあメインで勝ったわけですから、最後のマイクを握ることになります。
所属の選手じゃない、ということであっても、まあたいがいのプロレスとはそういう決まりになっています。

そこで言いましたね。
「次の大会もきてください。必ずイイ試合をします」

…う~ん、かっこいい。

このね、揺るがない自信、みたいなモノを見たいんだな、ファンは。
そりゃ、試合なんてやってみなきゃどうなるかわからないわけだけれど、そういうことをすっ飛ばして「必ず!」という、この自信にしびれてしまうのであります。

あと、技で言うと、ファンがしびれる技に「頭突き」「張り手」があります。
これ、もうなんていうか、「気持ちが前面に出る」って技なのよね。
特に若手が苦し紛れも半分で張り手を繰り出してクリーンヒットしたとき、観客は沸くわけです。
「いいぞ!やれやれ!気持ちでぶつかっていけ!」となる。
頭突きもなんだかちょっと苦し紛れ感があります。
攻め続けられてる最中に、ガツンと一発。
で、逆転、みたいな。

こういう「気持ちが前面に出る技」に客はしびれるわけです。

よくよく考えてみれば、張り手も頭突きも新しい技でも何でもなく、複雑な技でもなく、単純な「ゴチン」「バチン」という技なんだけど。
これをすごく効果的な場面でやられると、もうしびれちゃいますね。

そういう意味では、第一試合の橋本和樹選手の繰り出した張り手もすごかった。
俺だけじゃなくて、会場中がわきました。
ジュニア同士の試合だったんだけど、あの一発で、新しく創設されるというジュニアのベルトへの興味がぐっと高まったという感じがしたな。


んなわけで。
オグラも一緒に行ったんですけど、もう笑いっぱなしで、でもなんかオグラの笑い声って気持ち悪いんですよ。
なんか、「この人ヘンな人です」みたいな感じの。
なんで、「(周りの人が)気持ち悪いから、声出さないで笑えよ」といったら、なんかすげえこらえててこっちが笑った。

ま、楽しいんでしょうな。

翌朝、「おい、伊東竜二ごっこしようぜ!」とオグラに言ったら「ダメダメダメダメ!危ないからやっちゃダメ!」と笑いながら言ってて、WWEの番組の冒頭とかに流れてた「ドントトライディスアットホーム」を思い出した。






(BGM:湯浅湾「シェーの果て」from YOUTUBE)
→いや、もうこれロック的にすげえ。
ロックが好きな全ての人に聞いてほしい。
スポンサーサイト

<< 6/18は熊谷に集合してね! | ホーム | けなげかよ…  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP