プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

映画のことあまり書かなかったが、イイ映画でしたよ ★ 映画 「追憶」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



工藤さん+αで「追憶」を見てきたんですが。

最近は工藤さんといくのもちょっと字幕ものだったりが続いていて、イチマルたちはなんかあまり反応がよくなく。
まあ、字幕読めないモンな…。

吹き替えってのが日本ではあまり主流ではないんですよね。
聞けば、外国だと吹き替えが主流だとか言いますけど。
なんか、吹き替えってのが「ワンランク下がる」的な印象があります日本。

どうにもなんか「インテリ風」というか、そういう感じがあるんだよな、映画に対しての姿勢が。
もっと誰もが楽しめるエンターテイメント、にしていくためには、吹き替え、必要だと思うんです。
というか、もっと選べていいんじゃないか?と。

というのも、吹き替え版は昼間しかやってないことが多いんですよ。
夜、レイトショーとかで吹き替えってのは、よっぽど人気があって、という映画に限られる感じで、しかも公開後一週間二週間でさっさと終わってしまう。

つまり、「昼間見に行ける層=子どもやお年寄り」を対象にしたモノが「吹き替え版」という印象ね。
言葉悪くなるが、幼稚、って感じ。

こういう印象、まあ迷惑だなあ、と。
イチマルたちにとってみたら、吹き替えであれば映画楽しめるんですよ。
けど、昼間は仕事もあって見に行けない。
そのためのレイトショーだったりするんだろうけど、つまり、意地の悪い見方をすれば、イチマルたちのような「字が読めないが映画を楽しみたい」人は、「仕事してないだろ?って思ってる?」という風にとれるんだな、この流れ。

せめて、夜やってる数回のウチ、一回でイイから、吹き替えにしてくれたらいいのにな、と。
そういうことをまあ、訴えたい、ということなんですが。


てなわけで、ま、この「追憶」という映画は日本の映画で、小栗旬さんとかの「テレビでよく見る人」が出てまして、やっぱキャッチー。
こういうのに、イチマルたちは反応します。

そもそも俺と工藤さんはホラー映画が大好きで、ホラーが近所であるなら必ず見る。
ミステリー、サスペンスの類いもそこに入れていきましょう、というね、そういう思いで毎週映画を見に行ってるわけですけど、そういう映画はあまりキャッチーじゃなかったり、そもそもイチマルなんかは「コワイのヤダ」とか言ったりして。

でまあ、イチマルや井上なんかが「コレ見たい」と言ってきたりすることがあって、まあそれならば見ましょう、と。
そういう流れになる週もあります。

この週もそういうアレですけど、でもこういう映画もキライじゃないんですよ。
しかも、この「追憶」という映画、いや、よかったんです。
養母というか、安藤サクラさん演じる役なんですが、彼女の子どもたちに対する愛情ってのがすごく伝わってきて。
ラストも、イヤな結果にはならなくて、というか、一人死んでるのでイヤな結果ではありますが、でもそれ以上にはイヤな事態は発覚せず。

いや、多くの人が見て納得していただける映画かと思うんですけど。


てなことで、なんかオグラまで「行きたい」と言い出す始末で、カブキまで「行きたい」と言い出す始末で、久しぶりに大人数となりまして。

飯を一緒に食ったらしいんだけど、俺はちょっといろいろあって別行動だったんだけど。
オグラは、そこで食ったカレーが今まで人生で食ったカレーの中で一番うまかった、と。
二番目は?と聞くと、2002年頃、友だちと食べたカレー、だそうで。
20年以上あいたわけだけど、その間、オグラは施設にいたわけで、まあしょうがないな、そこはオグラの中でどうも「なかったこと」になってるようだから。

でも、そもそもスペックは高いオグラ。
高等部のときは生徒会長だったっていうんだから。

そのオグラが、この日の帰り道、同じ車になったイチマルに「急にぶたれた」らしく。
いつもこういう場面では理詰め、で市丸を追い詰めていくオグラ。
「ねえ、どうして?言葉で言わなきゃわからないだろ?なんでぶつんだよ?」みたいな。

しかしこの日は、「あ~あ、ぶたれちゃったぁ~」とおどけて見せ、それを聞いた周りがオグラに荷担。
そりゃそうだ、イチマルは意味なくぶったんだから。

そうやって、「おどける」形でイチマルを追い詰める、という新しい手法を披露。
最終的には、「明日の朝、佐藤さんに昨日一番イヤだったこと、って報告しようかな~」ということになり、あわててイチマルあやまる、という。


オグラもなかなか面白いんだけど、ま、こうなるとイチマルの情けなさ爆発。
まあこうなってくると、オグラもなんかおかしいし、なにかダメなイチマルも愛らしくなるからおかしなモノである。





(BGM:Vampillia「lilac (bombs 戸川純)」from The Divine Movefrom YOUTUBE)
→当時、戸川純フォロワーというのは山のように出てきたわけだけど、コレを聞いてもわかるように、なんかね、キュートと狂気と幼児性攻撃感のバランスがすげえ絶妙な感じで配合された声なんだわ。
それって、すげえ黄金比で、おそらく「つくって」できるもんじゃない。
そこが彼女の魅力なんだろうな。
スポンサーサイト

<< 「一応」でも楽しい | ホーム | 3日のイベントの主訴 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP