プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

誰のファンですか?と問われれば


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ソニンちゃん、というのは誰しもが知ってると思うんですけど、まあ俺は基本ファン、ということでやっております。
って、なにもやってないけど、時に舞台などを見に行っております。

なんでソニンちゃんが好きになったのかはよくわからないけど、最初の記憶は、「笑う犬」だけど、その時点ではそんなに気になってなくて。
その後、なんかの拍子にソニンちゃんがマラソンしてるのをテレビで見て。
今調べてみると、どうも「うたばん」という番組の中だったらしいんだけど、それも、まあ「たまたま見た」だけで、しかも追うわけでもなく、工藤さんちで一回見ただけですね。
でも、けっこうその番組が面白くて、「この子かわいいな」ってずっと思ってて。
あ、ソニンちゃんか。
笑う犬から、大きくなったなあ、とか。
その後、映画の「一軒家プロレス」に出てたりして、いや、俺そもそもがっちりしてる女の人が好きなので、そういうのもあってか、すごくなんか「興味が湧いた」というか。

それにまあ、なんかそのマラソンの「電波少年的」な感じ。
当時流行ってましたけど、そういうのがけっこう好きで。
つまりは「プロレス」ですよね。
虚実ない交ぜの物語。
それをまあ、最終的に編集で感動させちゃおう、笑わせちゃおう、って企画なワケですけど、そういうの、好きだったのね。

特にテレビとか見てたわけじゃないけど、介助も昼夜ずっとやってたりして、たまたまテレビを「目にする機会」が多かったんだが、その中で、なんかソニンちゃんはすごく「ステキ」にうつったんだな。

よくわからんけど。

で、その後、ミスサイゴンを見て、アウェーインザライフを見て、その他にもいくつかミュージカルを見て、「俺はソニンちゃんのファンである」という「刷り込み」がなされたと思う。
でも、本気でけっこう好きだ。
数年前にライブも行った。
その時もすぐに売り切れちゃったんだけど、たまたま抽選だかで一番前の一番真ん中の席で、すぐ前がソニンちゃん、という。

いや、すごくうれしかった、というコトで、もう熱烈なファンと言ってイイ。
ただまあ、普段はそういう活動はしてない、というか、出演してる舞台を見に行く、くらいの。
でも、見るとやっぱ「ステキだな」って思って、「俺ってファンだよな」と思う。

ま、そんな対象が他にいない、というのもありますけど、今のところ、けっこう「誰のファンですか?」と聞かれると、もちろん太陽肛門スパパーンさんとか、面影ラッキーホールとか、そういうのがありますけど、そういうのじゃなく、女性のアイドル的な、ということではソニンちゃん、となります。
ま、もうアイドルではないけどね。

てなことで、先週になりますか、ライブにいって来たんですけど。
今回、まあ受付と同時にチケットを申し込んで取れました。
ありがたい。
日頃の行いの良さであります。

というか、俺にとって、こんなに「発売と同時に申し込まなければならない」という事態は、ソニンちゃん以外でなかなかない。
でも、そこから、期待が膨らんでいくのだな、と思った。

狭いライブハウスのようなところだったので、ソニンちゃんは近い。
ステキでしたね。

カバーでいろいろ歌っていたけど、「2EN1」とかいう韓流の人の歌も歌っていたけど、これがなかなかステキだったのでYOUTUBEで検索して聞いてみたけど、ソニンちゃんの唄の方がよかった。
すごく感情こもってたし、表現力がすごいな、って。

というか、ソニンちゃんの歌声って、どっか昭和歌謡だよね。
悪く言えばネチョッとしてるというか、演歌でもあり、ポップスでもある、というか、もうザッツ昭和歌謡、といった感じの。
その声、けっこう好きなのかもしれない。

帰り道、車の中で、アキがとなりでスマホでソニンちゃんの唄を検索してて。
そしたら、なんかソロになった1発目のライブとかあって。
もう、すごい人なのね。
なんかどっかの野外?大きなステージで、お客さんもたくさんいて。

あ、そんなに人気あったのか、とか思って。
よく知らンもんで。

ま、彼女はどっか「カレーライスの女」に代表される、「だメンズウォーカー」的な扱いで売り出した感じがあって。
同時に、「津軽海峡の女」に代表される「地方からとくに何もないけどとりあえず上京してきた」みたいな。

つまり、すごく「安い女」みたいなレッテルのオンパレードというか。
考えようによっては、まあ女性の気持ちをつかんでるとは言えるんだけど、それにしたって…、みたいな。
「まともに恋愛もしたことないから 一度や二度エッチした相手を 本気になっちゃうのね」
みたいな歌詞を若い時分にサラッと歌ってしまう。

ま、それがセール的に正解だったのか、ソニンちゃんのタレント活動上、正解だったのかどうかはわからないけど、でも、それが俺の中ではあの「マラソン」という「虚実ない交ぜ」と相まって、「ザッツ昭和の芸能人」みたいな印象を残している。

それは、どっか血なまぐさいというか、サバイバルというか。
それを隠さない感じの彼女は嫌いじゃない。
MCでも、「芸能界は本当に思ってることが言える場所じゃない」とも言ってて。
「共演だって言っても、そんなに友だちなんかできない」みたいなこととかも。
それでも、芸能界の一員として、それを示唆するにとどめている感じ、というのが、どっか彼女らしいと思った。

いや、ソニンちゃん、改めて好きになったな。





(BGM:泯比沙子&島流し「チェーンソー」from YOUTUBE)
→かなり前になるけど、太陽肛門さんと共演したミンさんを久しぶりに見たんだけど、なんかもう「フツー」じゃないわけよね。
こういう生き方もカッコイイよな、とか思った。
スポンサーサイト

<< とりあえず18日は熊谷で一緒に歌って叫んで踊って呑みましょ。 | ホーム | なるべく「説得しない」 その2(ラスト) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP