プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

あくまで俺の感想だけど、ダーク路線、イイと思うのよね~


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



Tokinさん、というイラストレーターの方がいて、昨年、ライブでご一緒しました。
詩の朗読の成宮アイコさんとライブペインティングをしたりしてた彼女。

ま、彼女の作品をゆっくりと「鑑賞する」って機会がなかったんですけど。

マンガ、マンガ風?のものもたくさん書いていて、にじ屋には「ゾンビ道場」という彼女が書いた冊子もおいてあります。
無料でもっていってもらえるので、ぜひ読んでもらいたいな、と思うのですが。

俺は絵に詳しくないし、話をできるようなアレでもないんですが、彼女の絵の特徴ってのは、どっか「かわいい」。
けど、(←ココが重要)、どっか、「ちょっと怖いな」と思ってました。

特に目。
もちろん、笑ってる顔もあるんで、それは別にかわいいよ、そりゃ。
けれど、普通の顔が、そもそもちょっとなんか「ちょっと怖い」の。

ま、俺の感覚だよ。
多くの人は「かわいいじゃん」って感じなんだろうけど。

ま、色もあるよね。
パステルっぽいというか。

でも、どっか、この目には狂気が宿ってるよな、と思うキャラもいて。
その「狂気」というのがなんなのかはよくわからないけど、単純に「怖い」とかじゃなくて、なんか「ガラス玉」っぽいというか。
それでいて、魂は宿ってる、みたいな。

人形?
ピノキオ的な?
…ま、そういう感じかな。

あ、あくまで俺の感覚ね。
感想。


で、なんかワークショップの発表?みたいな展示?がありまして。
アキが、「今日からだから、行けるとしたら今日だから行こう!」みたいな感じになって。
当日午後中盤くらいに。
ウチに遊びに来てた、というか、ヒマだから来てたミツも一緒にじゃあ行こうか、となりまして。
「夢みる宝石」という本のカバーと挿絵を描く、という展示で。

もちろん、俺はその本を知らんし、中身も知らないけど、どっかファンタジー、でもダークファンタジーっぽい感じらしく。

で、Tokinさんの絵がデスね、いや、もうハマッてたの。
いつもの「ちょっと怖い感じ」が、ティムバートン風に結実してるとういか。
いや、カッコよかったのよ。

こういうの、合うじゃん!と思って。
なかなか言葉にしにくいんだけど、こういうダークファンタジー風、好きだなあ。

いや、すごくステキだったので、これは見に行ってほしいですね、まだやってるだろうか。
外苑で、「老若男女世界文学選集挿画展vol.10」というタイトルなので、ぜひ探してみてください。


で、ですね。
ちょっとこの日、ギリギリというか、到着が遅くなってしまって、「オープニングトーク」というのが始まっておりまして。
ま、そういうのを聞く感じじゃなく、ただ見ようと思ってただけだったで、そこを避けて早く着きたかったんだが車の渋滞の関係でそうもいかず。

こういうのは、やっぱ絵がわかる人というか、デザインとか、そういうのを勉強したい人とか、その界隈の人が参加する感じじゃないですか。
そもそも、話がよくわからんだろ、というか。

と思ってましたら、なんか、たまたま聞いたわけだけど、これがちょっと面白くて。

というのも、イラストレーターとデザイナーのやりとりとかがなんか垣間見えたし、どうしたら編集者、デザイナーの目にとまるイラストが描けるか、みたいな、どっちかというと「具体的」「現実的」なヤツだったからだと思うのよね。

そりゃそうだよね。
イラストレーターって言ったって、それで食えるのは一握りなんだろうな、とか。
ミュージシャンとかお笑いの人とか、そういうのと一緒か、とか思うと、なんかすごく「芸術と資本主義の関係」というか、そういうのも考えたりして。

って、そんな大げさな話じゃないんですけど。


で、その翌日にはTokinさんと飲みに行ったりして。
ネパール料理を食べたりして。
いや、うまかったし、なんか安かった。
ネパール料理、初めて食べたけど、いいかも。

って、ネパール料理のことはいいとして、素の彼女はそれはそれですごく魅力的で、俺はまた飲みに行きたい人リストに入れているのであった。






(BGM:ストロングラール「おもちゃのラール」from「MANIAC THE PSY-CHO !」)
→藤沼伸一さんのバンド、ということでいいのだろうか。
ライブなんだと思います。
イイ感じの気持ちいいロックになってる。
スポンサーサイト

<< 「クレジットカード必須」の憂鬱 | ホーム | タッキー、ハマッてたと思う ★ 映画 「こどもつかい」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP