プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

霊の造形がかわいい、もしくは笑っちゃう場合もないわけではない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレするし。


「サムライプリンセス 外道姫」

ま、キックの際に片足をあげまして、その軸足が回転して、蹴り上げた足によって、バタバタと周りの敵が倒れていく、と。
もうそうなるとそれはマンガですね。
そしてなんだか江戸?戦国?時代的な設定にもかかわらず、人相書きが写真、という。
でもまあ、シーンによっては現代的なモノが風景に映り込んでいたり、服装がタートルネックのセーターだったり、ケイタイがあったりしますので、まあその辺はアレですね。
エレキギターが武器だったり、時代をクロスオーバーさせてるというか、小道具は現代で調達しましたというか。
途中、ビルの中で撮影してるし。
その時代のいろいろで「新しい感じ」を出したいのかな。
って、たぶんテキトウなんだろうな。

希志あいのさんという、AV女優さんが主人公なのね。
それがまあ、暴れ回る、と。
そして強い、と。

そうなると、当然、エロシーンも入ってきます。
でもまあ、だからどうした、という。
エロ狙いなら始めからAV見ますよ、と。

つまりこれは、AV嬢の「裸以外の仕事がしたい」という思いと、「安くてもイイから映画を製作したい」という二者の思惑が交錯して生まれてるジャンルの中の一本。
ま、こうしたモノを作り出しておくことで、AV界は、女の子をつなぎ止めておけます。
「そのうち、裸じゃない仕事もできるようになるから」というのを、まあ口実にできるというか。

構造的には、AVという虚構を継続させるために、AVじゃない世界を構築する、という矛盾。

でもま、それはそれで、こういう作品は嫌いじゃない。
B級にならない二流だったりして時間の無駄ではあるけれど、「そもそも人生がムダなのかもしれんし」と考えると、なにか哲学である。

…ってやかましい。


「デスフォレスト 恐怖の森1~2」

ぎゃははははっははははははっはは。
霊の顔デカイ!
そしてなんかちょっとかわいい感じすらする。

いや、もうスジとかいいんです。
そういうんじゃない。
もうこの顔のインパクトでいいわ。
身長くらいあるでしょ、この顔。
それが、森の中から迫ってきます、と。
森の中の学校の廊下中が顔です、と。

で、その顔に食われちゃう。

う~ん。
ま、2の方がちゃんとはしてるかな。
女子高のビアン的感じ、とかのキャラクター設定がちゃんとしてる分、悪くない。

でもま、なんにしても駄作にはかわりないけど。


「吸血鬼ゴケミドロ 」

1968年製作の映画なんですが。
いや、地球人を皆殺しにするためにやってきた宇宙人軍団!、のプロローグ的な作品。
なんかよくわからないけど、これを見ると、宇宙人がのりうつって死ぬ、のりうつって死ぬ、という感じの繰り返しなので、皆殺しまでずいぶん時間かかりそうだな、と思っていたら、エンディングで蛍光灯の傘のような円盤が大挙してやってきました。

…う~ん…。
やっぱ、技術の発展ってのはすげえな、と。
今の技術でやったら、もっと面白くなるんだろうな。

「政治家」がわかりやすく「権威的」で醜悪で、コントのようで面白かった。


「少女惨殺 スワンズソング」

う~ん…。
この主役の子、なんか「お人形さん」みたい…。
もうなんか作り物のような顔してるからそれが恐いわ…。

これですね、主題とは関係ない、冒頭の自殺とか、なんか意味があったのか、ラストの先生が転げるシーンの意味は?というところはまったくわかりません。
いろいろとネタはふってる感じなんですが、何一つ「つながってない」んだよな…。

なんなのこれ…。

そしてそもそもの主題になる殺人事件については、もう途中で、というかかなり冒頭で「犯人はお母さん」というのはわかってしまいます。
だからですね、余計に軽い印象の映画になってしまいました。

大場久美子さんのお母さん役がなかなかステキです。
恐いです。
鬼気迫るというのはこのことだな。
そして、邪道姫・くどめがちょっと出てました。






(BGM:土屋公平「蜜の味」from「ROUTE S.S.」)
→ギタリストの声、ってのがあって、けっこう好きなんだけど、彼もそうよね。
なんだろ、惹かれる。
スポンサーサイト

<< 笑顔、もっと作っちゃおう! | ホーム | 33年前のオレたちと会う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP