プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

幸せのカギは自分


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日、とある集まりに参加して、そこはよく知らないんです。
一回行ったきりで、参加してる常連の人も数人は前にいたときにいた。
特に親しく話したわけでもないので、顔は覚えてるくらいで、でも、そもそも一年ぶりなので向こうは覚えていまい、くらいの。

そもそも、こういう場合、ウチでもそうだけど、外から来た人は大切にしたい。
次も来てほしいから。
実際に、そういう感じだったし、フレンドリーに接してくれてとても嬉しかったんだけど。
そういう場合、あまりこの「内輪のごたごた」は見せたくない、と思うのが常かな、と思うんですけど。

いきなり、ケンカが始まったんです。
というか、女性同士で、言い合いですね。
いや、言い合いというより、一人の人がまくし立ててる。

それがどうにも、こう「目を合わさないで怒りをぶつけてくる」みたいな感じの。
ま、こういう場所でそれをやるのはそもそもおかしな話で、いや、そもそももっと冷静に話をすればいい内容をまくし立ててるようにも聞こえる。
まわりは「まあまあ」となだめているんだが、とにかくその人も「捨て台詞」がとまらないタイプで、延々と続く。
言われている相手も、どっか憤慨しているところがあるようで、あまり相手にしたくない様子。

ま、外の人が来ていてこれはないよな、とは思ったんだけど、まあどう見ても、この「まくし立ててる人」がちょっと「アレだな」という。
後になって、その言われてる人が謝りに来たけれど、まあそういう感じなのか、まくし立ててる人がそういうアレなんだな、と思ったんだけど。

このタイプの人、いわゆる怒りに火がつくと収まらない人、ってのはいて。
その後、このまくし立ててる人とも話す機会があったんだけど、とにかく会話の言葉の最後が笑いなのよ。
で、目も会わないし。

ま、俺もあまり人と目を合わせて離すのは苦手なんで、それがどうこうじゃなくてですね、言いたいのは、「こういうタイプの人いる」という。
いや、まったくこの笑いのタイミングも同じだ、みたいな。


ま、でも、当人にしてみれば「違うよ」って話ですわね。

俺なんかも、まあ外見とかもあるんだろうけど、けっこう話したことがない人、というか、あまり仲よくない人には「違う人」に分類されてることが多い気がするから、その「違うよ」はよくわかる。
でもま、違うよとは言わないし、まあ勝手に思ってくださいって思うから、どうでもいいか、とは思うけど。
そもそも、そんなに仲よくない人にどう思われようとそんなに人生に関係ないし。


ま、で、なんの話をしようと思ったかというと、例の芸能人のYOUTUBEの話でね。
もうお年なんでしょ。
離婚したいとか言いながら、なんかすごく怨みがこもっていて、言ってることとやってることがかなり食い違ってる感じで。

あまり気にしてなかったし、どうでもいいかと思ったんだけど、先日広島に行ったときに朝出かける前にいろいろあって俺に時間があって、なにげなくテレビをつけてベットにごろんとしてたら、もうやるやる。
ずっとこの話題。

おいおいお~い、と。

おそらくこの人は、人にわかってほしい、とおもってやってるから、まあこういう状況を作ってしまうのは自己実現にはつながってしまうだろう。
これが一般人だったらこうはいかない。
誰も聞いてくれない。
でも、彼女の場合は、言ってもいない居場所までテレビは探ろうとしてて笑う。
「どこまで彼女に優しいのだ」というか。


まあね、人というのは、とにかく「うまくいかないこと」があった時に、まず「いいわけ」をし、「自分の何かが足らない」とは考えずに、「敵を作る」ことで、その「うまくいかないこと」を乗り越えようとする傾向があるよな、という。

「人生うまくいかない」と思ったときに、「あいつのせいだ」「この状況のせいだ」とかっていってるウチは、まあ変わらんだろうな。
だって、あいつは自分の思うように変わってくれないし、自分を変えない限り状況も変わらない。

だから、逆に言えばブラック企業にいれば、大いに「この状況のせいだ」と胸を張れる、みたいな、逆張りが生まれちゃうんだよな。
結局、周りのせいにする人ってのは、多少、いい環境になっても、自分で落ちていっちゃうんだよね。
そんな人、たくさん見てきた。

つまり、自分をしっかり見れないんだ。
「ダメな自分」を認められない、というか。


俺なんか、もうダメでいいじゃん、って思うんで、見てて歯がゆいんだが、そういう人は、それ自体が理解できないから。

幸せになれないのは自分のせいだし、幸せになるのは自分のチカラ。
もちろん、それにはいろいろな状況の制約はあるが、それは自分の人生の真ん中にいる自分が前を向いていない限り、多くの人を巻き込めない。
から、変わらない、と言う結果になり、結局、悪循環。


人に当たるのもイイとは思います。
怒りが抑えられないのも、自己防衛だろうからいいんだけど。

でも、それ繰り返してても、そこからは出られない。
イイ事ないと思うよ。

周りが悪い!
わかったよ。
周りが悪い、そうだよね。
でも、一つだけ、ちょっとだけ、自分も変えよう。
(きっとそうすれば、周りも変わるから。)




(BGM:E-Zee Band「Love on My Wings」from「Swingin'」)
→和製AOR?なのか。
ちょっとついていけないところがあります。
いい曲だし、口ずさんじゃうんだけどね。
スポンサーサイト

<< 33年前のオレたちと会う | ホーム | よく野球を知らないのに、勝手に推測してみた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP