プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

笑顔、もっと作っちゃおう!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



いろいろとにじ屋のイベントなんかにも顔を出してくれる女の子、というか一家丸ごとでお世話になってるんだけど、彼女は学校で金管をやっているとのことで、そのパレードがあるというので見に行った。
小学校ですね。

まあ、どうでしょう。
やっぱ金管の音ってのはいいし、マーチングの打楽器が俺は好きですね。
マーチングの華はパーカッション。
ホント、俺は打楽器が好きだな~と思うんですけど。

ウチの娘なんかもやってましたが、けっこう難しいことやってましたね。
中学生になった娘の演奏をビデオで見たんですけど、いや、けっこう難解で。
よくもまあ、こんなもの覚えたな、という。

見に行った彼女も、小太鼓が上手だった。
ロール打ちなんかも見事なもんで。

子どもは覚えるのが早いんだな~。
俺なんかあんなにうまくできないよ。


てなことで、まあ改めて、またどっかでマーチング的な、練り歩き的なこともやりたいな、と思ったりしている今日この頃。

それはそれとして。


ま、これ学校単位での出場なんで、当然先生も来てるんだけど、けっこう今の先生はソフトですね。
昔は「怖~い先生」なんてのがいたものですが、そういう感じはなくて、ソフト。

なんだか、こう、これはこれでどうなんだろ?、という思いも多少よぎりましたけど、まあ親が強くなりすぎたんだよね。
学校における親の立場が強くなったという。
相対的に教師の立場が落ちた、みたいな。

まあ、当然教師の立場の方が弱くて当然というか、親の要望は聞いてやれよ、みたいなところも「フラットには」ありますけど、それがクレーム的になったり、教師を陥れるためだったりになってしまうとどうしようもないというか。
あくまで、子ども本位で、ということなら、そこはフラットにやりましょうよ、みたいには思いますけど。

これまでが教師の力が強かったから、揺り戻しなんでしょうけど、なんかこれはこれで正常ではないような気もしたり。


で、そんなことを思いながら始まったんですパレード。
子ども達がとにかく頑張ってたんですけど、各校、一番後ろから先生が学校の横断幕を持ってついてくる感じの学校も多く。

が、その先生達、表情が硬い…。

子ども達が硬いのはわからなくはない。
だって、やっぱ緊張してるんだと思うのよ。

先頭のプラカード持ってる子、指揮の子、なんかは、もっと笑えばいいのに、と思うけど、いやいやいや、それってやっぱ小学生には。
これが高校チアガール選手権だったら、もうみんな満面の笑みなんでしょうけど、やっぱ緊張してる。

もっと笑った方がすてきですよ、とは思うけど、なかなかなあ。

いやいやいやいやいや。
っていうか。

先生が笑ってないんだもん。
そりゃ、子ども笑ってないわ…。


いや、何がいいたいかというと、彼らが「楽しくなさそう」とかそういうことじゃなくて、「マーチングの醍醐味」、しかもこういう市民パレードみたいな場合については、やっぱ笑顔ってのは大事だと思うし、エンターテイメントとしてね。
そこをちゃんとやってみたら、もっと子どもはマーチングを好きになってくれるんじゃないか、と思ったり。

だから、そのために「まず先生笑えや!」みたいに思ったんですけど。

ってか、まあつまりはこれ「見せる」ためのことで、中身のこと云々ということでもないんだけど、先生って、こういうの、得意なんじゃないの?って思って。

俺なんかは、もう市丸たちとの日常が「演技ありき」だと思ってるから、こういう「笑う場面で笑う顔を作る」ってのは、けっこう容易なんだが、まあこれは慣れなんだけど。


っていうか、そもそも「怒る」ってのも「演技」なんですよ。
例えば市丸が何かしでかして怒らなければならない時、「どういう方向から怒るか」「どの言葉を使うか」ってのは、もうエンターテイメントなんですね。
周りに誰がいるか?
その人にどうリアクションさせるか(参加させるか)。
そういうことを総合的に、瞬間的に考えるわけですよね。
で、怒る、という。


冒頭に「今の先生は怒らないのかしら」というようなことを書いたけど、マーチングの最後尾に学校の横断幕を持って歩いている先生の笑顔がない、ってのは、つまりは「演技が下手になってる」んじゃないか?とかね、思ったり。
まあ、直接結びつく話ではないとはいえるけど、どっかこの「エンターテイメント不足」は、子どもに何かを教えるためにはちょっと深刻なんじゃないか?とか思ったり。

子どもには怒ることも必要かな、と思うんだけど、感情で怒ったりしちゃうともうだめなんで、あくまで「演技で」「効果的に」。

その逆で、やっぱ「笑顔を作る」ってのは大事なんですよ。
「怒る」の逆ですから。
そういう「表現」を子どもにするのは大事なことで。


ってなことで、怒る演技、の話になっちゃったけど、いやいや、笑顔も逆の方向ですごく大事なんだ、って話なんですが、これを見に行った晩、俺はその「笑顔」にやられたんです。
その話は、次回に。





(BGM:Fishbone「Party at Ground Zero」from「Nuttasaurusmeg Fossil Fuelin' the Fonkay 1」)
→童歌みたいのから始まって展開していきまして、スカなのかしら。
かっこいい。
これ、ライブで聞いたら盛り上がるだろうなあ。
スポンサーサイト

<< 「藤井隆」という希望 | ホーム | 霊の造形がかわいい、もしくは笑っちゃう場合もないわけではない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP