プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

一つだけ残念な点


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



というわけで、大日両国国技館大会。
夏の風物詩となってきました。

なんか、これまでゲスト参戦、といってもまあ、レギュラー参戦してた選手が、一気に何人も所属になるとのことで、いや、なんか大日、快進撃。
ってか、お金大丈夫なんだろうか…。
いや、そういうコトを俺が心配するアレでもないけど、大日はそんなに巨大なスポンサーがついてるわけでもないと思うんですよね。
選手の気持ちで成り立ってるというか、いろいろな手弁当で成り立ってるというか。
男気というか。
もちろん、そういう家族的な感じの大日を我々ファンは応援したいわけですけど。

ま、それはそれとして。

いや、両国といえばビックマッチ。
インディー団体とかがビッグマッチに挑戦する、みたいな流れだと、たいがい、ビッグなゲストレスラーを呼んだり、長いストーリーを無視した「見栄えのするカード」を準備したりするもんなんですよね。
レジェンドレスラー呼んだりさ。

でも、そういうの、今回の大日の両国にはなかったのね。
あ、元パンクラスの船木選手が上がったけど、正直、必要なかったね。
あまり意味のある試合になってなかったし、そもそも浅い出番の試合だったし。
カード的にも唐突だったし、試合を見た後もその試合の意味がわからなかった。

そんなわけで、まあ船木選手はそんなに意味もなく。
そう考えると、全体的に、とても地味なカードだった、とも言えるんです。

しかも、メインが若手二人によるデスマッチ。
正直、両国のメインとしては多少不安がある感じ、というか。
でも、それをメインに持ってきた大日はやっぱすげえな、って思うんです。

それに、大会前の「煽りV」(動画)は、練習生を主人公にしたモノだったんだよね。
特に、練習生の一人は、同期がデビューしたのに、ケガでなかなかデビューできない、みたいな感じで。

なんかね、この「若手を主人公にしちゃう感じ」ってのが、いいよなあ、と思ったのよね。

ってかさ、よくよく考えたら、デビューできない、みたいなことですら、プロレスの物語になるわけですよ。
それを忠実に大日はやってる、というか。
こういうのがあるから、彼がデビューする時に感動がある、というかさ。

っていうか、そもそもこの大会前の動画の主人公だった練習生が、「でもついにこの日、デビューするのか!」とか思ってたら、まだデビューは先です、みたいな。
そこは多少ずっこけたけど、いや、逆に言えば、そういう練習生を主人公にした、ってのもすごいよな。

「ダメである」ってことを前面に出しても、プロレスは成り立つ。
ダメでも頑張る、ダメでも立ち上がる、何度倒されても立ち上がる、それがプロレスだから。
反則で追い込まれて、あと一撃で負けてしまうかもしれない、というところから逆転で勝つのがプロレスの基本だから。

そりゃ、スター選手がメインを張る。
でも、前半戦ではそういう弱い選手がいてもイイし、ダメなストーリーの試合があってもいい。
それが、スター選手が闘うメインへの気持ちを盛り上げるわけじゃん。

そして、それもそうなんだけど、その前に、やっぱ両国ともなれば会場もデカイし、準備や裏方も大変なわけでしょ。
それをしっかりやりきる「若手」みたいなこともね。

この大会を作り上げるのはメインでスポットライトを浴びる選手だけじゃない、というか。
そこを、なんか体現してるというか、それを表現しようとしてる感じがして。
すごくイイ感じだな、と。

あ、土臭くなっちゃいますけどね。
スタイリッシュではないですよ。
「ダメでも立ち上がる」なんてストーリーは。
かっこはある意味、悪いとも言えるし。

でも、それがプロレスの一つの魅力だからね。
そして、俺はプロレスのその辺が好き。


てなことなんですが、いや、でも一つ不満があって。
というのは、両国国技館では、蛍光灯が使えない、という。

大日と言えばデスマッチ。
そして大日のデスマッチと言えば蛍光灯デスマッチ、なんですよね。

それができないってのは、やっぱ残念が過ぎるな、と思うのであります。





(BGM:Folk Crusaders「何のために」from「紀元弐阡年」)
→いわゆる反戦歌ですね。
このグループはなんていうか、サウンドも人を喰った感じで好きだな。
スポンサーサイト

<< おごってあげるから | ホーム | 「藤井隆」という希望 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP